てくてく苅田~平尾台~水晶山あるき

2018.06.02(土) 日帰り
てつたま
てつたま

活動データ

タイム

03:44

距離

7.8km

上り

613m

下り

610m

活動詳細

もっと見る

水晶山登山道からかつて地元住民が苅田等覚寺方面への往来に使われていたという道を確認し、さらに青龍窟から平尾台広谷台を抜け偽水晶山から水晶山へ てくてく歩いて参りました。 水晶山から等覚寺方面へ抜ける道は、竹林がかなり荒れており、倒れた竹の間をくぐりつつ下っていきました。 若いタケノコが育ちきらず、腐った状態の場所もいくつかあり、匂いのきつい場面もありましたが、しばらく下ると、民家へ。 ここでは、特産品の漬け物の加工販売所や喫茶もあり。 ちょっと寄ってコーヒーをいただいたり、漬け物を買えばよかったのですが、シャイな私はそのまま見送り…。 やっぱり漬け物は買っとくべきだった!! 次また行きます。 喫茶では等覚寺の今後を考え意見交換をしている若い方の話し声も聞こえたりして、等覚寺のみなさんの熱い気持ちが伝わってきました。 等覚寺のきれいな棚田を見ながら、山伏古道を抜け、青龍窟方面へ。 いざ、青龍窟へ初トライ…と着物を固めつつあったとき、すごい数の青龍窟探検隊(?)の方々(観光かな)と遭遇し、数的に太刀打ちできず、またしてもシャイな私は、今回の青龍窟探検は、あきらめました…。 行っとけばよかった(;﹏;) そこから 晴天の中、パラグライダーで空を舞う鳥族の皆さんや、岩を登っているクライミング(かな)の方々を『すごいなあ、気持ちよさそう』と眺めつつ平尾台、広谷台へ。 頂上でおいしく昼ご飯をいただき、花々を眺めつつ、広大かつ雄大な平尾台を堪能しました。 ずっとこのままぼーっとしておきたかったのですが、それもままなりませんので、次の目的地、水晶山へ。 ヤマツツジの間を抜け、頑張って働いているミツバチを愛でながら、アンテナ塔~偽水晶山。 昨年、貫山からから偽水晶山を目指した際に藪で偽水晶山登山道を見つけることができずそのまま迂回してしまい、直接水晶山へ行ってしまったときのことを思い出しながら、慎重に藪こぎしつつ、偽水晶山登り口を発見! …簡単でしたが、それだけに見過ごしそうな感じ。 さて、息を切らしながら、目的の偽水晶山に初登頂! 次なる目的地は我が地元水晶山。 左手に小倉のまち。右手に苅田行橋平尾台を眺めつつ、水晶山へ。 水晶山は山頂の眺望はあまりないです。 藪も成長しつつ有りましたので、次にくるときにはかなりの高さになってるだろうなあ…。 登山道に戻り、水晶山近くの展望岩へ。 ここからの眺望はすごくいい。 周防灘、北九州空港、曽根干潟、苅田、行橋方面が気持ちよく広がっています。 お天気の日が続きましたので、少し霞がかかったようになっていましたが、それでも良好良好!きてよかった! 足元に注意しつつ下山、一路スタート地点の水晶山登山道へ! 無事に下山後は、知人の家でヤマメをごちそうに…おいしかった!ヤマメ、焼き肉、ビール、焼酎、冷酒…etc.…ありがとう等覚寺、平尾台、水晶山! …カロリー消費はかなり有ったとは思いますが、補給しすぎてこの日の最終体重はかなりのプラス…(´;д;`)ブワッ 達成感のあまり、お酒の勢いもあって、かなりの食欲を発揮してしまったようす…。(x_x) でもへこたれずに、登山そしてうまい酒に挑戦し続けます…あれ(´・ω・`)? ではまた、てくてく歩きましょうか。

平尾台・貫山・水晶山 水晶山登山口
せせらぎの音がいいっす
水晶山登山口 せせらぎの音がいいっす
平尾台・貫山・水晶山 5分で尾根への登り口
5分で尾根への登り口
平尾台・貫山・水晶山 尾根に出ました。
尾根に出ました。
平尾台・貫山・水晶山 等覚寺はこちらではありません。
等覚寺はこちらではありません。
平尾台・貫山・水晶山 この竹道が等覚寺方面
この竹道が等覚寺方面
平尾台・貫山・水晶山 昔は多くの人が行き交っていた様子
昔は多くの人が行き交っていた様子
平尾台・貫山・水晶山 今では倒竹で荒れてます。
今では倒竹で荒れてます。
平尾台・貫山・水晶山 なかなか歩きにくいす。
なかなか歩きにくいす。
平尾台・貫山・水晶山 看板発見
看板発見
平尾台・貫山・水晶山 下ること20分程度民家へ出てきました。
下ること20分程度民家へ出てきました。
平尾台・貫山・水晶山 きれー
きれー
平尾台・貫山・水晶山 等覚寺案内所「青龍館」今日は開いてない様子。
等覚寺案内所「青龍館」今日は開いてない様子。
平尾台・貫山・水晶山 開けてきました!
開けてきました!
平尾台・貫山・水晶山 観光案内図 現地点は海抜251m
観光案内図 現地点は海抜251m
平尾台・貫山・水晶山 棚田~
棚田~
平尾台・貫山・水晶山 棚田~
棚田~
平尾台・貫山・水晶山 棚田の上空にはトンビが飛んでました!
棚田の上空にはトンビが飛んでました!
平尾台・貫山・水晶山 きれ~
きれ~
平尾台・貫山・水晶山 青龍窟への分かれ道
青龍窟への分かれ道
平尾台・貫山・水晶山 山伏古道入り口です。
山伏古道入り口です。
平尾台・貫山・水晶山 なかなかの古道
なかなかの古道
平尾台・貫山・水晶山 いったん出口
いったん出口
平尾台・貫山・水晶山 再び山伏古道・・・土質が明らかに変わってきました。
再び山伏古道・・・土質が明らかに変わってきました。
平尾台・貫山・水晶山 平尾台、貫山方面見えました。
平尾台、貫山方面見えました。
平尾台・貫山・水晶山 平尾台方面
平尾台方面
平尾台・貫山・水晶山 山伏古道青龍窟へ
山伏古道青龍窟へ
平尾台・貫山・水晶山 青龍窟へ到着・・・この後探検隊の集団と出会い、青龍窟は断念・・・アイアムシャイ
青龍窟へ到着・・・この後探検隊の集団と出会い、青龍窟は断念・・・アイアムシャイ
平尾台・貫山・水晶山 もみじ・・・赤い
もみじ・・・赤い
平尾台・貫山・水晶山 青龍窟はあきらめて、平尾台に上がってみます
青龍窟はあきらめて、平尾台に上がってみます
平尾台・貫山・水晶山 広谷台到着気持ちよし!
広谷台到着気持ちよし!
平尾台・貫山・水晶山 さてお昼ごはん。パンがパンパンに・・・。
さてお昼ごはん。パンがパンパンに・・・。
平尾台・貫山・水晶山 では偽水晶山方面に向けて出発。
では偽水晶山方面に向けて出発。
平尾台・貫山・水晶山 ヤマツツジの群生がきれい!
ヤマツツジの群生がきれい!
平尾台・貫山・水晶山 広谷台方面
広谷台方面
平尾台・貫山・水晶山 ヤマツツジ・・・少しピンク
ヤマツツジ・・・少しピンク
平尾台・貫山・水晶山 ミツバチがいい仕事してました。
ミツバチがいい仕事してました。
平尾台・貫山・水晶山 アンテナ塔にに到着
アンテナ塔にに到着
平尾台・貫山・水晶山 水晶山への分かれ道。
水晶山への分かれ道。
平尾台・貫山・水晶山 偽水晶山です。
偽水晶山です。
平尾台・貫山・水晶山 偽水晶山初登頂!
偽水晶山初登頂!
平尾台・貫山・水晶山 等覚寺方面が見えます
等覚寺方面が見えます
平尾台・貫山・水晶山 次は水晶山へ
次は水晶山へ
平尾台・貫山・水晶山 久しぶりの水晶山、藪化が進行中
久しぶりの水晶山、藪化が進行中
平尾台・貫山・水晶山 曽根方面が見えます
曽根方面が見えます
平尾台・貫山・水晶山 展望岩へ行ってみる
展望岩へ行ってみる
平尾台・貫山・水晶山 展望岩からの眺めよし!
展望岩からの眺めよし!
平尾台・貫山・水晶山 展望岩から東朽網方面を眺める。眼下に昭和池!
展望岩から東朽網方面を眺める。眼下に昭和池!
平尾台・貫山・水晶山 帰りに水晶山(展望岩)を見上げます。
帰りに水晶山(展望岩)を見上げます。
平尾台・貫山・水晶山 きれ~
きれ~
平尾台・貫山・水晶山 等覚寺の分かれ道に帰ってきました!
等覚寺の分かれ道に帰ってきました!
平尾台・貫山・水晶山 きれ~
きれ~
平尾台・貫山・水晶山 きれ~
きれ~
平尾台・貫山・水晶山 ヤマメいただき!
ヤマメいただき!
平尾台・貫山・水晶山 等覚寺の棚田~~
等覚寺の棚田~~

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。