比良縦走テント泊 近江高島~八雲ヶ原へ。

2015.11.07(土) 日帰り

近江高島駅から比良山系全山縦走を経て和邇駅を目指す1泊2日のテント泊山行に行ってきました。 初日は近江高島駅から八雲ヶ原までの行程です。 7時45分出発、比良完走に挑戦します。 天気は曇りでしたが気温は高めで、1時間ぐらい歩いて賽の河原に着くと汗でぐっしょりになりました。 岳山までの序盤は所々に岩稜があり、アスレチック感覚でとても楽しめました。 岳山からは黄葉の回廊をメインとした稜線歩きが続きます。 オウム岩からの景色はとても開放感がありましたが、欲を言えば晴れの日の景色を満喫したかったです。 寒風峠まではなだらかな稜線が続き、秋色に染まった山の姿を堪能しました。 ヤケ山から釈迦岳にかけては急登が始まります。5~6時間歩いてきた体に負担がかかります。 パーティーの仲間も足がつり始めました(その方は自ら山中で鍼治療して復活したのには驚きましたが(笑)。 年齢も体力も技術もバラバラなパーティー。 途中、互いの荷物を分担し合いながらこの日のテント場である八雲ヶ原を目指しました。 この日の行程です。 7:45近江高島駅~8:05長谷寺~9:30岳山~10:12オウム岩~10:30鳥越峰~11:12岩阿砂利山~12:10滝山~12:50寒風峠~13:14ヤケ山~14:25ヤケオ山~15:05釈迦岳~16:02八雲ヶ原。 16時2分、八雲に到着。 暗くなる前に(少なくとも17時までに)着けて大変良かったです。 到着するなりテント設営、近くの小川で水を補給し、夕食にとりかかりました。 この日の八雲では、約10張ほどのテントがありました。 付近のテントの方々と夕食のおすそ分けをし、ワイワイ楽しみ、19~20時頃就寝しました。 とても疲れましたが、思う存分楽しむことができた一日でした。^0^

7時45分出発。しばらくは一般道です。

7時45分出発。しばらくは一般道です。

7時45分出発。しばらくは一般道です。

近江高島駅から20分ほどで長谷寺に着きました。

近江高島駅から20分ほどで長谷寺に着きました。

近江高島駅から20分ほどで長谷寺に着きました。

さあ!! いよいよ登山開始です。

さあ!! いよいよ登山開始です。

さあ!! いよいよ登山開始です。

山は秋のたたずまいです。

山は秋のたたずまいです。

山は秋のたたずまいです。

8時30分、賽の河原に到着。

8時30分、賽の河原に到着。

8時30分、賽の河原に到着。

さあ、がんばりましょう。

さあ、がんばりましょう。

さあ、がんばりましょう。

琵琶湖が見えます。見晴らしが良くなってきました。

琵琶湖が見えます。見晴らしが良くなってきました。

琵琶湖が見えます。見晴らしが良くなってきました。

「弁慶の●○」という所。京都周辺には多いですね。

「弁慶の●○」という所。京都周辺には多いですね。

「弁慶の●○」という所。京都周辺には多いですね。

紅葉がちらほら。

紅葉がちらほら。

紅葉がちらほら。

9時10分、岳観音堂を通過して、見晴らしの良いところで休憩。

9時10分、岳観音堂を通過して、見晴らしの良いところで休憩。

9時10分、岳観音堂を通過して、見晴らしの良いところで休憩。

山道には所々に黄色に色づいた木々が。

山道には所々に黄色に色づいた木々が。

山道には所々に黄色に色づいた木々が。

9時30分、岳山(たけやま)に到着。ペースは順調です。

9時30分、岳山(たけやま)に到着。ペースは順調です。

9時30分、岳山(たけやま)に到着。ペースは順調です。

秋のたたずまいが目を楽しませてくれます。

秋のたたずまいが目を楽しませてくれます。

秋のたたずまいが目を楽しませてくれます。

黄色の葉が至る所に。

黄色の葉が至る所に。

黄色の葉が至る所に。

黄色の回廊をゆきます。

黄色の回廊をゆきます。

黄色の回廊をゆきます。

紅葉というより黄葉が多かったです。

紅葉というより黄葉が多かったです。

紅葉というより黄葉が多かったです。

美しい山のたたずまいに感動です。

美しい山のたたずまいに感動です。

美しい山のたたずまいに感動です。

この日は暑くて、とても汗をかきました。

この日は暑くて、とても汗をかきました。

この日は暑くて、とても汗をかきました。

10時12分、オウム岩に到着。

10時12分、オウム岩に到着。

10時12分、オウム岩に到着。

少しかすんでますね。残念。

少しかすんでますね。残念。

少しかすんでますね。残念。

下の方の紅葉はまだのようです。

下の方の紅葉はまだのようです。

下の方の紅葉はまだのようです。

畑集落方面を眺めます。

畑集落方面を眺めます。

畑集落方面を眺めます。

岩の先は20mぐらいの崖になってます。

岩の先は20mぐらいの崖になってます。

岩の先は20mぐらいの崖になってます。

武奈方面です。一番高いところが武奈ヶ岳です。

武奈方面です。一番高いところが武奈ヶ岳です。

武奈方面です。一番高いところが武奈ヶ岳です。

オウム岩からの景色は見ごたえがありました。

オウム岩からの景色は見ごたえがありました。

オウム岩からの景色は見ごたえがありました。

黄色の回廊は続きます。

黄色の回廊は続きます。

黄色の回廊は続きます。

この岩も何か名前がついてるんでしょうか?

この岩も何か名前がついてるんでしょうか?

この岩も何か名前がついてるんでしょうか?

いくつかのピークを越えていきます。

いくつかのピークを越えていきます。

いくつかのピークを越えていきます。

ウキウキの稜線歩きは続きます。

ウキウキの稜線歩きは続きます。

ウキウキの稜線歩きは続きます。

あっピークが見えてきた。

あっピークが見えてきた。

あっピークが見えてきた。

11時12分、岩阿砂利山到着です。

11時12分、岩阿砂利山到着です。

11時12分、岩阿砂利山到着です。

岩阿砂山の三角点です。

岩阿砂山の三角点です。

岩阿砂山の三角点です。

さあ、どんどん行きましょう。

さあ、どんどん行きましょう。

さあ、どんどん行きましょう。

陽光を受けた黄葉は見事で・・・。

陽光を受けた黄葉は見事で・・・。

陽光を受けた黄葉は見事で・・・。

疲れを癒してくれます。

疲れを癒してくれます。

疲れを癒してくれます。

林道を跨いで・・・

林道を跨いで・・・

林道を跨いで・・・

武奈とはまた違った山のたたずまいですね。

武奈とはまた違った山のたたずまいですね。

武奈とはまた違った山のたたずまいですね。

近江高島駅からずいぶん来ました。

近江高島駅からずいぶん来ました。

近江高島駅からずいぶん来ました。

12時10分、滝山に到着です。

12時10分、滝山に到着です。

12時10分、滝山に到着です。

滝山で昼食にします。

滝山で昼食にします。

滝山で昼食にします。

秋山を鑑賞しながらの昼食。

秋山を鑑賞しながらの昼食。

秋山を鑑賞しながらの昼食。

ぜいたくな一時。

ぜいたくな一時。

ぜいたくな一時。

昼食の後、寒風峠を目指します。

昼食の後、寒風峠を目指します。

昼食の後、寒風峠を目指します。

滝山周辺の木々の色づきが見事でした。

滝山周辺の木々の色づきが見事でした。

滝山周辺の木々の色づきが見事でした。

12時50分、寒風峠に到着。

12時50分、寒風峠に到着。

12時50分、寒風峠に到着。

13時15分、ヤケ山到着。ここで共同装備を分担。

13時15分、ヤケ山到着。ここで共同装備を分担。

13時15分、ヤケ山到着。ここで共同装備を分担。

釈迦岳が迫ってきました。

釈迦岳が迫ってきました。

釈迦岳が迫ってきました。

紅い葉も目立ってきました。

紅い葉も目立ってきました。

紅い葉も目立ってきました。

秋らしくていいですね。

秋らしくていいですね。

秋らしくていいですね。

ずいぶん登ってきました。

ずいぶん登ってきました。

ずいぶん登ってきました。

14時25分、急登を登ってヤケオ山到着。

14時25分、急登を登ってヤケオ山到着。

14時25分、急登を登ってヤケオ山到着。

ここから釈迦岳は目と鼻の先です。

ここから釈迦岳は目と鼻の先です。

ここから釈迦岳は目と鼻の先です。

眼下の紅葉を楽しみます。

眼下の紅葉を楽しみます。

眼下の紅葉を楽しみます。

晴れてたらキレイだったろうな~。

晴れてたらキレイだったろうな~。

晴れてたらキレイだったろうな~。

再び琵琶湖に遭遇。

再び琵琶湖に遭遇。

再び琵琶湖に遭遇。

痩せ尾根を行きます。

痩せ尾根を行きます。

痩せ尾根を行きます。

山腹の山の彩のコントラストが何とも言えません。

山腹の山の彩のコントラストが何とも言えません。

山腹の山の彩のコントラストが何とも言えません。

所々で足を止めて景色を楽しみました。

所々で足を止めて景色を楽しみました。

所々で足を止めて景色を楽しみました。

15時5分、釈迦岳到着です。

15時5分、釈迦岳到着です。

15時5分、釈迦岳到着です。

山頂はすっかり落葉しています。

山頂はすっかり落葉しています。

山頂はすっかり落葉しています。

山頂付近は初冬の雰囲気が。

山頂付近は初冬の雰囲気が。

山頂付近は初冬の雰囲気が。

八雲までもうすぐ。

八雲までもうすぐ。

八雲までもうすぐ。

武奈と八雲が見えてきました。

武奈と八雲が見えてきました。

武奈と八雲が見えてきました。

今日のテント場までもう少し。

今日のテント場までもう少し。

今日のテント場までもう少し。

すでに5~6張ほどテントが張られてました。

すでに5~6張ほどテントが張られてました。

すでに5~6張ほどテントが張られてました。

16時2分、八雲ヶ原に到着です。

16時2分、八雲ヶ原に到着です。

16時2分、八雲ヶ原に到着です。

今日はここでテント泊です。

今日はここでテント泊です。

今日はここでテント泊です。

7時30分、近江高島駅に着きました。今から比良全走に挑戦します。
68/73

7時30分、近江高島駅に着きました。今から比良全走に挑戦します。

7時30分、近江高島駅に着きました。今から比良全走に挑戦します。

今日の寝床です。
69/73

今日の寝床です。

今日の寝床です。

周りにもテントが増えてきました。
70/73

周りにもテントが増えてきました。

周りにもテントが増えてきました。

小川の水場で夕食用の水を調達します。
71/73

小川の水場で夕食用の水を調達します。

小川の水場で夕食用の水を調達します。

あちらにもテントが。
72/73

あちらにもテントが。

あちらにもテントが。

夕方6時、辺りは真っ暗になりました。
73/73

夕方6時、辺りは真っ暗になりました。

夕方6時、辺りは真っ暗になりました。

7時45分出発。しばらくは一般道です。

近江高島駅から20分ほどで長谷寺に着きました。

さあ!! いよいよ登山開始です。

山は秋のたたずまいです。

8時30分、賽の河原に到着。

さあ、がんばりましょう。

琵琶湖が見えます。見晴らしが良くなってきました。

「弁慶の●○」という所。京都周辺には多いですね。

紅葉がちらほら。

9時10分、岳観音堂を通過して、見晴らしの良いところで休憩。

山道には所々に黄色に色づいた木々が。

9時30分、岳山(たけやま)に到着。ペースは順調です。

秋のたたずまいが目を楽しませてくれます。

黄色の葉が至る所に。

黄色の回廊をゆきます。

紅葉というより黄葉が多かったです。

美しい山のたたずまいに感動です。

この日は暑くて、とても汗をかきました。

10時12分、オウム岩に到着。

少しかすんでますね。残念。

下の方の紅葉はまだのようです。

畑集落方面を眺めます。

岩の先は20mぐらいの崖になってます。

武奈方面です。一番高いところが武奈ヶ岳です。

オウム岩からの景色は見ごたえがありました。

黄色の回廊は続きます。

この岩も何か名前がついてるんでしょうか?

いくつかのピークを越えていきます。

ウキウキの稜線歩きは続きます。

あっピークが見えてきた。

11時12分、岩阿砂利山到着です。

岩阿砂山の三角点です。

さあ、どんどん行きましょう。

陽光を受けた黄葉は見事で・・・。

疲れを癒してくれます。

林道を跨いで・・・

武奈とはまた違った山のたたずまいですね。

近江高島駅からずいぶん来ました。

12時10分、滝山に到着です。

滝山で昼食にします。

秋山を鑑賞しながらの昼食。

ぜいたくな一時。

昼食の後、寒風峠を目指します。

滝山周辺の木々の色づきが見事でした。

12時50分、寒風峠に到着。

13時15分、ヤケ山到着。ここで共同装備を分担。

釈迦岳が迫ってきました。

紅い葉も目立ってきました。

秋らしくていいですね。

ずいぶん登ってきました。

14時25分、急登を登ってヤケオ山到着。

ここから釈迦岳は目と鼻の先です。

眼下の紅葉を楽しみます。

晴れてたらキレイだったろうな~。

再び琵琶湖に遭遇。

痩せ尾根を行きます。

山腹の山の彩のコントラストが何とも言えません。

所々で足を止めて景色を楽しみました。

15時5分、釈迦岳到着です。

山頂はすっかり落葉しています。

山頂付近は初冬の雰囲気が。

八雲までもうすぐ。

武奈と八雲が見えてきました。

今日のテント場までもう少し。

すでに5~6張ほどテントが張られてました。

16時2分、八雲ヶ原に到着です。

今日はここでテント泊です。

7時30分、近江高島駅に着きました。今から比良全走に挑戦します。

今日の寝床です。

周りにもテントが増えてきました。

小川の水場で夕食用の水を調達します。

あちらにもテントが。

夕方6時、辺りは真っ暗になりました。

類似するルートを通った活動日記