月山 弥陀ヶ原ルート

2022.09.11(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:12

距離

10.5km

上り

613m

下り

611m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 12
休憩時間
31
距離
10.5 km
上り / 下り
613 / 611 m
7
2
10
34
54
8
1
5
31
4

活動詳細

すべて見る

土曜日の大朝日岳下山後そのまま酒田に抜けて、今日は月山です。何度も登っている月山ですがいつも姥沢からばかりで、この仙台から遠い登山口には、これまで足が向くことがありませんでした。今回は、折角登山口近くに泊まる機会を逃さず、初挑戦してきました。 前日に引き続き、今日も快晴の登山日和。もう、期待しかありません。登山口から高い木もない広大な草原が広がる様は、北に聳える鳥海山と同じような気持ちの良い眺めです。ずっと岩が敷き詰められた登山道は非常に歩きやすく、疲れが残る身体でも関係なく登って行けます。 途中、背の高い薮に囲まれる場所もありますが、そこを抜けると、もう何も遮るものがなくなりどこまでも絶景が広がります。南側のカールも開放的ですが、こちら側の大草原も負けていません。なんと素晴らしい山でしょうか。360度全面に広がる絶景の中を進み、いつもの山頂へ登ります。もう、帰りたくない天気と気候でしたが、帰路も長いため程々に下山しました。弥陀ヶ原ルート、姥沢ルートより歩く距離は長いものの傾斜が緩やかで、湿原の眺めに優れたなかなか素晴らしいものでした。ただ、アクセス道路が狭いため、花の最盛期や紅葉時期に渋滞すると、すれ違いも難しく酷いことになると思います。 しばらく悪天候で溜まった鬱憤は、この二日間で見事に吹き飛びました。登山最適期の秋、これからもどんどんと登って行きます。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。