朝活、神戸三田「有馬富士(374m)」、兵庫100山。(有馬富士・城ヶ岡・金比羅山)

2022.09.11(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 59
休憩時間
1 時間
距離
8.3 km
上り / 下り
478 / 477 m
4
31
36
14
1 23

活動詳細

すべて見る

先週の丹波富士に引き続き、郷土富士シリーズで、地元神戸の北隣、三田市の「有馬富士 374m」(ふるさと兵庫100山)に午前中登ってきました。 有馬富士は、兵庫県立有馬富士公園内にあり、登山道は綺麗に整備されています。第1駐車場に停めてパークセンター脇を抜けて福島大池に向かいます。ただし、駐車場(無料)は公園の中にあるので公園の開園時間に縛られますが。(開園時間は9時ですが、当日管理人さんが7時半頃に来られて開けられていました🤞) コースは、大池周回コースですが、有馬富士だけでは物足らないので、大池からだけでなく隣の城ヶ岡と金比羅山の山頂からも有馬富士の眺望を楽しむ「有馬富士三昧満腹フルコース」です。 なお、峠から金比羅山へ行く途中で18分休憩していますが、これは枯枝に携帯を抜き取られて(ストラップが引っかかって)紛失し取りに戻った時間です、焦りました💦

有馬富士 ロックガーデン。
ロックガーデン。
有馬富士 少し波がありました。
少し波がありました。
有馬富士 有馬富士公園 地図
有馬富士公園 地図
有馬富士 登山道入口。
登山道入口。
有馬富士 登山道は右へ。
登山道は右へ。
有馬富士 わんぱく砦! 
ここから上は、少し急な岩場となります。
わんぱく砦!  ここから上は、少し急な岩場となります。
有馬富士 山頂手前の岩場からの展望。
山頂手前の岩場からの展望。
有馬富士 有馬富士 山頂に到着。
有馬富士 山頂に到着。
有馬富士 少し下ったところにも。
少し下ったところにも。
有馬富士 分岐(右側)。 
地図を見ていないと絶対に通り過ぎます。🥲
分岐(右側)。  地図を見ていないと絶対に通り過ぎます。🥲
有馬富士 分岐の木橋。
分岐の木橋。
有馬富士 峠に到着。
峠に到着。
有馬富士 城ヶ岡 山頂に到着。
城ヶ岡 山頂に到着。
有馬富士 城ヶ岡 山頂 350m。
城ヶ岡 山頂 350m。
有馬富士 城ヶ岡からの眺望。
(17mm)
城ヶ岡からの眺望。 (17mm)
有馬富士 有馬富士とくじら山。
(50mm)
有馬富士とくじら山。 (50mm)
有馬富士 くじら山(羽束山+甚五郎山)。(180mm) 
なお、羽束山は、ふるさと兵庫50山です。
くじら山(羽束山+甚五郎山)。(180mm)  なお、羽束山は、ふるさと兵庫50山です。
有馬富士 金比羅宮。
金比羅宮。
有馬富士 展望台の案内。
展望台の案内。
有馬富士 金比羅山 山頂に到着。
金比羅山 山頂に到着。
有馬富士 金比羅山 山頂 356m。
金比羅山 山頂 356m。
有馬富士 山頂から20m先の、
金比羅山 展望台より。
山頂から20m先の、 金比羅山 展望台より。
有馬富士 ここからは、有馬富士とくじら山が重なって見えます。
ここからは、有馬富士とくじら山が重なって見えます。
有馬富士 茅葺民家前のベンチでしばし休憩。
茅葺民家前のベンチでしばし休憩。
有馬富士 リフレイン。
リフレイン。
有馬富士 くじら山(羽束山+甚五郎山)✨
くじら山(羽束山+甚五郎山)✨
有馬富士 小鳥とくじら山。
小鳥とくじら山。
有馬富士 丹波富士とくじら山✨
丹波富士とくじら山✨
有馬富士 ひょうごの景観ビューポイント150選✨(プレート上から)
ひょうごの景観ビューポイント150選✨(プレート上から)
有馬富士 大池観覧席。 
まだまだ日差しは強いです😢
大池観覧席。  まだまだ日差しは強いです😢
有馬富士 展望あずまやのデッキ。 
有馬富士を堪能したら、駐車場のあるパークセンター(クーラー、自販機、トイレあり)に戻って休憩します。

お疲れ⛰でした。
展望あずまやのデッキ。  有馬富士を堪能したら、駐車場のあるパークセンター(クーラー、自販機、トイレあり)に戻って休憩します。 お疲れ⛰でした。
有馬富士 【おまけ】
有馬富士のすぐ近くにある、和栗専門 高級栗菓子店「三田見野屋」へ。
https://matutake.com/sandaminoya
【おまけ】 有馬富士のすぐ近くにある、和栗専門 高級栗菓子店「三田見野屋」へ。 https://matutake.com/sandaminoya
有馬富士 丹波栗を12個を使うという「丹波栗モンブランソフト」
丹波栗を12個を使うという「丹波栗モンブランソフト」
有馬富士 めちゃくちゃ美味😋

(おわり)
めちゃくちゃ美味😋 (おわり)
有馬富士 【おまけ2】
9月14日発売の「山と溪谷 2022年10月号」に。
【おまけ2】 9月14日発売の「山と溪谷 2022年10月号」に。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。