恩田川 間滝

2018.05.28(月) 日帰り

仕事の合間にゴソゴソと。。 間滝(まだき、まのたき)めがけて上流から行ってみましたが、危険と判断し敗退。下流から再び遡行して上段までは見ることができました。 山が無いかわりに、独特な侵食地形を見せてくれる千葉深部の大地溝帯。 山道ではマザー牧場から子豚のレースのお姉さんのアナウンスが喧しく聴こえて中々シュールです。

十州台(としまだい)跡(眺望無し)と田倉古道間滝尾根の標識あり。

十州台(としまだい)跡(眺望無し)と田倉古道間滝尾根の標識あり。

十州台(としまだい)跡(眺望無し)と田倉古道間滝尾根の標識あり。

古道から尾根へ分ける。

古道から尾根へ分ける。

古道から尾根へ分ける。

滝上に行けそうな尾根を分けて下降して入渓。

滝上に行けそうな尾根を分けて下降して入渓。

滝上に行けそうな尾根を分けて下降して入渓。

ハナミョウガ。南方系。

ハナミョウガ。南方系。

ハナミョウガ。南方系。

堰堤を下降。

堰堤を下降。

堰堤を下降。

更にもう一つの堰堤上より。

更にもう一つの堰堤上より。

更にもう一つの堰堤上より。

脇から巻けました。

脇から巻けました。

脇から巻けました。

この先流木で川が埋まりダムになってました。仕事途中でもあるので無理せず敗退。

この先流木で川が埋まりダムになってました。仕事途中でもあるので無理せず敗退。

この先流木で川が埋まりダムになってました。仕事途中でもあるので無理せず敗退。

尾根に戻る。

尾根に戻る。

尾根に戻る。

入渓ポイントへ。最後勾配きつめなので、登り返せるように立木などにスリング設置しておいた方が良いです。

入渓ポイントへ。最後勾配きつめなので、登り返せるように立木などにスリング設置しておいた方が良いです。

入渓ポイントへ。最後勾配きつめなので、登り返せるように立木などにスリング設置しておいた方が良いです。

2mの小滝。

2mの小滝。

2mの小滝。

小滝。

小滝。

小滝。

シャワークライムが続きます。

シャワークライムが続きます。

シャワークライムが続きます。

滝近くの切り立った両崖。

滝近くの切り立った両崖。

滝近くの切り立った両崖。

水量豊富な間滝落ち口。

水量豊富な間滝落ち口。

水量豊富な間滝落ち口。

轟音。

轟音。

轟音。

残置ペグやボルト等がいくつかあります。岩自体に取っ掛かりが少なく自分のテクニックではとても踏破できない。

残置ペグやボルト等がいくつかあります。岩自体に取っ掛かりが少なく自分のテクニックではとても踏破できない。

残置ペグやボルト等がいくつかあります。岩自体に取っ掛かりが少なく自分のテクニックではとても踏破できない。

残置物を支点に登ってみる。

残置物を支点に登ってみる。

残置物を支点に登ってみる。

10m滝に上段6〜7m。高さ云々よりもその威容に押されます。千葉では屈指の名瀑。

10m滝に上段6〜7m。高さ云々よりもその威容に押されます。千葉では屈指の名瀑。

10m滝に上段6〜7m。高さ云々よりもその威容に押されます。千葉では屈指の名瀑。

深くて狭い沢は山から近づいても全然見えない。

深くて狭い沢は山から近づいても全然見えない。

深くて狭い沢は山から近づいても全然見えない。

十州台(としまだい)跡(眺望無し)と田倉古道間滝尾根の標識あり。

古道から尾根へ分ける。

滝上に行けそうな尾根を分けて下降して入渓。

ハナミョウガ。南方系。

堰堤を下降。

更にもう一つの堰堤上より。

脇から巻けました。

この先流木で川が埋まりダムになってました。仕事途中でもあるので無理せず敗退。

尾根に戻る。

入渓ポイントへ。最後勾配きつめなので、登り返せるように立木などにスリング設置しておいた方が良いです。

2mの小滝。

小滝。

シャワークライムが続きます。

滝近くの切り立った両崖。

水量豊富な間滝落ち口。

轟音。

残置ペグやボルト等がいくつかあります。岩自体に取っ掛かりが少なく自分のテクニックではとても踏破できない。

残置物を支点に登ってみる。

10m滝に上段6〜7m。高さ云々よりもその威容に押されます。千葉では屈指の名瀑。

深くて狭い沢は山から近づいても全然見えない。