男池から天空の花園へ

2018.05.27(日) 2 DAYS Oita
muroken
muroken

活動詳細

もっと見る

男池は昨年家族ドライブで初めて訪れて男池橋の下の川の水の美しさに驚き、滾々と湧き出る男池の水の不思議さに魅了され、原生林のイオンシャワーに癒され、何回もここを訪れたいと思ったのでした。それに、日々の仕事に追われて今年は遊ぶ時間が取れずに恒例の井原山のミツバツツジもすっぽかしてしまったので、ミヤマキリシマは何とか見に行きたいと思っていました。 雲仙・仁田峠のミヤマも終わり、国見岳も見ごろを過ぎてしまったとあっては最後の望みを九重の平治岳に託すしかありません。 奇跡的に梅雨入り前の晴れ間にあたり、睡眠不足も顧みずに行ってきました。もちろん平治岳ならば男池をかませて森林浴とミヤマキリシマ鑑賞の贅沢ツアー! ミヤマキリシマの満開時期の日曜とあって、登山道は大賑わいでした。でも、無理やり突入した東尾根コースは登山者もほとんどなく、静かで吹き渡る風が爽やかなめっちゃ良いコースでした。また登れるように体を鍛えておかなくちゃ! さて、頂上はというとまさにミヤマキリシマの見頃を迎えており、言葉にできない絶景が広がっていました。もともと、大絶景のくじゅう連山にピンクの花園ですから、言わずもがなですよね。この景色は必ず見ておくべきだと思います! 頂上では2時間ほど散策したりお弁当食べたりして、ゆっくり過ごして月曜からの英気を養いました。 (こんなに素晴らしいチャンスなのにsatoyamaaruki先輩は姫島で蝶と遊ぶって言うし、くまさんは風が吹いたら痛いとか言うし) こんどはテント泊に行くからね!準備しといてね!

男池から出発
いきなり癒しの散歩道
男池橋
川の水の美しさに癒され
男池は帰りに寄ることにして登山道のほうへ進みます。
今日はこの花が沢山歓迎してくれました
まさにグリーンシャワー
かくし水方面へ
雨が降ったら池になるのかな
青空も出てきた
ツルシキミ。
隠し水で一休みしたあとはソババッケ手前の標識から東尾根方面に入ります。
結構な斜面を登りますが、風が吹き抜けてきついけど気持ちの良い道
何を見ても美しいなぁ~!うまく撮影できなかったけど (^^;
高度が上がってきたらご褒美のミヤマ霧島が見え始めます。 ミヤマキリシマ越しの 北大船
斜度が緩んでシダの道。 これを少し歩けば、吉部からの道と出会います。
吉部からの道と出会って振り返ると、由布がすぐそこにいました。
いきなり平治岳本峰に飛び出します。 天空の花園へ。
秀麗なミヤマキリシマ越しの涌蓋山
まずは本峰の先端へ下っていきます
言葉がでませんねえ!
先端から大船山
頂上方面を振り返る
本峰から南峰に続く尾根道
もう、最高! satoyamaaruki先輩もこっちに来ればよいかったのに!
来てよかった
坊がつるでキャンプしたい!
本峰へ戻って南峰へ移動しよう
本峰から南峰へ向かう途中で振り返る
本峰の南斜面を望む。 ここらの草むらでお弁当食べてる人がたくさんでした。贅沢だなぁ!
さて南峰に到着。ミヤマ越に本峰の南斜面
南峰から見る南斜面が一番好きです
ミヤマと三俣と中岳&天狗ケ城の吊尾根
南峰の南斜面を上から眺めるのもいいよ~って、教えてもらいました!
南峰の方がみずみずしい花が多かったような?
弁当食べる場所さがしてます。
青空と雲とピンクもたまら~ん!!
質素な弁当やけど、この景色の中で食べるのは、めっちゃ幸せ! くまさんも一緒に来ればよかったのに!
さて、まだまだ帰りたくありませんが仕方がありません。下山にかかります。 うとん越を上から望みます。
下りながら南斜面越しの三俣山
いいねぇ~
一株だけ白いミヤマキリシマ
青空と雲とミヤマキリシマ
うとん越からの平治岳
うとん越からソババッケ経由で下山します。
ソババッケまでの下りは足にきました。鍛え直さんといかんね。
ソババッケ
東尾根との別れに戻ってきました。
かくし水で水分補充。めっちゃうまかった!
男池手前の登山道脇にあるひだまり。 ひときわ美しく爽やか。
男池の水は今日もこんこんと湧き出してました。
男池橋の下の水も綺麗。こんなにきれいな水を他に知らない。 今日も一日ありがとう!

類似する活動日記

この活動日記で通った山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。