乾徳山、徳和登山口からピストン

2018.05.26

活動詳細

詳しく見る
金曜に年休を取って初キャンプし、次の日に乾徳山を登ってきた。 乾徳山は去年も登ろうとしてたんだけど、前日に西沢渓谷を歩いたら膝が痛くなってしまって断念(代わりに大菩薩嶺を登った)した山。 なのに今年も、先週田立の滝ですっ転んで膝をひねってしまった。orz しかし、テーピングとトレッキングポールがあるので、今年は乾徳山を強行。無事に登りきったが、むしろ帰りの運転のが痛かった。ので、相棒さんに運転してもらった。 あと、曲がったポールを油圧プレスで矯正しようとして失敗して縮まなくなったのが地味に痛い。orz 乾徳山は、いろんな意味で登り応えのある山だった。カミナリ岩・鳳岩は素人的にはほぼロッククライミングで全身を使ったし、結局8時間以上かかった所要時間も久しぶりにハードだった。その分達成感は大きかったかな。 あと、初心者のくせにキャンプとハードな登山をくっつけるのはちょっと無謀だった。キャンプはキャンプで楽しむのがよいと思う(笑
まず前日、AZ山梨サーキットでレンタルカートひとっ走り(10周)。二人とも40秒台でこの日のベストタイムだったらしいが、あとでHPを見てみたら大して速くなかった…。orz (相棒さんは今月のレディースランキングにまだ載ってるけど)
その後、ほったらかし温泉で汗を流す。予想に反してしっかりした設備と絶景。
ひとっ風呂あびたあとで、桃ソフトと温玉あげで軽食。
そして、ほったらかしキャンプ場で初キャンプ。富士山と夜景の見えるキャンプ場で、設備も綺麗で好印象。ウチのような車高の低い車にはちと厳しい入り口だったが、現行ロードスターやR32なんかもいた。ロードスターに2人分のキャンプ道具をどうやって積んできたのだろうか?
途中のスーパーで買った塊肉(半額)。厚さ4cmぐらいあるのに予想外に柔らかくてウマかった。 BBQコンロも持っていったけど、意外と時間が遅くなってしまったので、カセットコンロ&フライパンで屋外ステーキを堪能。
月暈と夜景。ひんやりした空気だけど寒いほどではなく快適。 しかし、隣のにーちゃん達が遅くまで騒がしく、さらに一晩中強烈ないびき。起きてても寝ててもうるさい連中だ…。あと、涸沢用に買ったシュラフは暑かった。orz
で、翌朝、徳和登山口から乾徳山へ登山。駐車場から登山口まで意外と距離があった…。
途中から森の中で、カエルのようなヒグラシのような鳴き声に包まれる。姿は見えないなーと思ったら、足元の石に小さなセミがくっついてた。鳴いてはいなかったけど。
水場で鹿ファミリーに遭遇。近いよ! 帰りにもこの辺りで数頭見かけた。
白い花
赤い花
月見岩
岩場っぽくなってきた
髭剃り岩
カミナリ岩を上から見下ろす。クライミングの練習してる団体がいて渋滞中。つかむ場所・足をかける場所はいっぱいあって難易度は高くはないけど、なかなかの高度感。
本日のハイライト、山頂直前の鳳岩。こりゃスゴイ壁だ。こちらも渋滞中。なので、腕力と手足の長さを目いっぱい使って強引に登ってやった。すいてたらもうちょっと時間をかけて無理なく登ってみたかったかな。
山頂に到着! 下で聞いたとおり混んでて昼メシ食う余裕はなさそう。 関係ないけど、ほこらの脇に車のキーっぽい忘れ物が…。ふもとで気付いたらどうするんだろうね?(汗
てっぺんっぽい岩でポーズ
鳳岩を迂回路で下りて、ちょっと開けた場所で昼メシ。
帰り道、登山道に落ちてた人工物を一心不乱についばむ小鳥・・・。

動画

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。