三つ峠に登ってロープウエイで降りてきました。

2014.08.05

活動詳細

詳しく見る

三つ峠山に登り、霜山、天上山と尾根沿いに下り 天上山から河口湖畔までロープウエイで下りてきました。 河口湖駅まで自家用車で移動し、駅に駐車しました。 そこからバスで天下茶屋近くの三つ峠登山口まで移動しました。 河口湖~三つ峠登山口まで運賃730円です。 ★三つ峠入り口というバス停もあり、  間違いやすいとバスの運転手さんが言っていました。  三つ峠入口 …黒岳方面への入り口  三つ峠登山口…三つ峠登山道の入り口  だそうです。  お間違えのないように…。 バス停三つ峠登山口で下りたあとは しばらく舗装道路が続きます。 そこをすぎると舗装されていない三つ峠登山口に出ます。 三つ峠登山口には広めの駐車スペースがありますので 自家用車で来て登山口まで来て 三つ峠山まで行って、そのまま下りてくるというコースであれば ここまで車で来たほうが楽です。 ここから先は森の中のつづら折の道が続きます。 尾根道に出るまでは、ほぼ展望がありません。 三つ峠山荘付近の稜線に出ると、いきなり展望が開けます。 富士山、山中湖方面などが望めてすばらしいです。 この辺りにある山小屋の三つ峠山荘と四季楽園の前では自動販売機があり 飲み物を購入できます。 両山小屋の前には展望デッキがありテーブルと椅子が用意されています。 すばらしい風景をみながらの食事も良いです。 山小屋、四季楽園あたりからは三つ峠山頂が望めます。 某国営放送の巨大なアンテナ群もあり圧倒されます。 四季楽園から三つ峠山頂までは20分くらいでしょうか。 意外に急な坂になり、足元が砂利っぽくなるので進みにくいです。 階段もありますが、そこも段が高くつらいところです。 山頂につくと風が強く、登山の汗も心地よく乾かしてくれます。 ここからの景色は最高です。 ただ、山頂はあまり広くはなく 風も強いのでコンロの火を使うのは厳しいように思いました。 その後、四季楽園前の展望デッキまで戻り昼食を食べ 下山道として霜山、天上山方面へ向かいました。 しばらく進むと森の中のコースとなり ずっと細くなだらかな道が続きます。 霜山の手前の鉄塔があるポイントでは、展望が開け 西方向には河口湖方向が少しだけ 東方向には富士山が綺麗に見えます。 そこからさらにずっと進むと、一度舗装道路を横切り その後、天上山ロープウエイ山頂駅に出ます。 天上山ロープウエイ山頂駅から徒歩でも40分ほどで下りれるらしいですが ロープウエイで降りてきました。 ロープウエイ下りのみ料金は410円です。 このロープウエイに乗るお客さんは 湖畔の駅からロープウエイ往復チケットを買って乗る方が大半なので 「ロープウエイ下りのみ」のチケットは受付の係の方に話しかけないと買えません。 この日、下りチケットを買っているのは私一人だけでした。 頂上でゆっくりしすぎたせいでロープウエイの最終便17時20分に間に合わないかと思って ヒヤヒヤしながら、途中からペースアップして来たのですが この日は河口湖の花火大会がある日だったので ロープウエイの営業時間が延長されて20時ころまで営業していたようです。 登山口から三つ峠山頂まではきついですが 三つ峠から天上山までは穏やかな下り坂が続き、 ほぼ道に迷う心配もない一本道で静かな森の中の縦走をたっぷり楽しめます。 (下りに三時間ほどかかります)

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。