明星白金、逆8の字周回

2018.05.22 2 DAYS Fukuoka

活動データ

タイム

06:40

距離

10.8km

上り

1,015m

下り

1,015m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

5月5日に、8の字周回をしたのですが、 今日は、逆8の字周回で歩いてきました。 順路が逆になるほか明星山に登る部分や裏明星に出入りするルートが異なっています。 所要時間は白金山山頂で90分ほど使っているので、その分多めです。

沢コース入口の林道から
朝9時で気温22度、今日は暑くなりそう。
明星山山頂から。 今日は雲仙普賢岳がクリアにみえている。 今は花見登山でにぎわっていることだろう。
こちらは有明海と多良岳、経ケ岳。
脊振山系と筑後平野。
白金山への縦走路から北尾根を望む。 天気の良い日にはいつもここに立ち寄ることが多い。
ガクウツギ。 麓ではすでにピークを過ぎたようだが、 山頂付近ではまだまだ元気。
白金山山頂
白金山山頂から雲仙普賢岳。
八方ケ岳から雌岳雄岳。
御前岳と石割岳。
山頂でホバリングを繰り返す蜂。 付近に巣があるのだろうか?
山頂北側の登山道は草がかなり伸びてきていた。 今日はここの草刈りが目的の一つ。一時間ほど作業する。
北尾根ルートへ。 353ピーク。
向耳納三角点。
ここの山頂はもともと良い雰囲気だったが 先日周囲の倒木の整理をやったので更に良くなってきた。 このピークの北西側に329ピークがあるのだが、 地形図の形がよいので次回行ってみようと思っている。
北尾根から林道に下って 沢を渉って急登の階段を上って尾根に登り上がる。
標高差は70mほどしかないのだが 歩き疲れた後の急登は結構堪える。 普段はここは登りに使わないようにコース設定しているが 逆8の字縦走するためにはここは登りになる。
フーフー言いながら尾根に登り上がる。
すぐそばの展望台によって一息入れる。
展望台から耳納連山。
展望台から
裏明星ルートの炭焼き窯跡。
谷から見上げる空は夏空のよう。
三方分岐を青峰方面へ。
すっと伸びた植林と林床のシダが美しい。
明星白金縦走路をクロスして青峰コースを下る。 明星平付近。 緑が少し濃くなってきた。
良い雰囲気の青峰コース。
ニュータウン分岐の表示。 青峰コースはこの地点から左折して谷に下って隣の尾根に移る。 接続ルートはそのまま尾根を直進する。 わずかに下れば左手に山腹を巻く道が現れるがこれは青峰に下る道。
接続ルートは尾根を忠実に登り上がる。 雰囲気の良い尾根道。
尾根ピークから望む九千部山。 このピークから北の尾根を直接下ることもできるが現在シダがかなり茂ってきた。 今日は先日整備した西側の尾根を少し下って途中から右折する。 どちらから下っても同じ場所にでるが、こちらのほうが勾配が緩やか。
接続ルートの岩場から望む明星山。 入道雲のような豪快な雲が出ていた。
高良山と高良内の町。
接続ルートにはごく短い距離ですが岩場があります。 普通の登山者にはまったく問題ないと思われますが 下りは滑らないように注意が必要です。

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。