六角牛山(岬口~中沢口周回)

2015.11.01

活動詳細

詳しく見る
前日のGPV気象予報ではほぼ快晴。 遠くのお山を眺めるのに絶好の天気とばかり、雪の無い比較的低いお山へ。 登り始めから雲が多く、山頂に着く頃は快晴になる。。。と思っていたが、時折青空が見えたりしたものの、イマイチ奥羽山脈の山々は愚か、早池峰山すら雲にかかり見えず。 風もやや強かったので、待つことなく下山しました。 駐車場は? ヤマップのダウンロード地図は古く、中沢登山口辺りの重要な林道が現地と違い、中沢登山口の林道に出たのは良いが、地図には左右に行く林道がない(地図は直進のみ)。さて、直進の道は無く、どちらに行けば車を置いた場所に行くか迷ったが、一か八か右折して林道を歩いた。少し進むと見覚えのある交差点に出たので、左折して車まで到達しました。 地図(特に道路)は100%正しいとは限らない。おかしいと思ったら周辺の地形を参考に進むと良いかも。 「岬登山口」から登る分には地図どおりで良いと思いますが、周回するのに好都合の駐車場は、写真4の林道交差点そばの写真5に止めると良いと思います(軌跡データの交差する場所)。 なお、ダウンロード地図でない、最新の地形図は正しいので覚えておくと良いです。 なお、スタート地点は、なかなかGPSが位置を検出できず遅れました。スマホの再起動ですぐGPSを拾いました。
林道入り口。電気柵があるので看板の説明のとおりに開けて通過します。
守らないと感電します。
林道の様子。車高を改造していなければ大抵の車は大丈夫。
周回コースで戻ってくる交差点。yamapのダウンロード地図には写真右への林道はありません(地図が古いのかも)。下山時、地図の中沢登山口に出たら林道を右折して進むとこの交差点に着きます。
本来ならここに車を止めるべきだった。周回コースの交差点脇(岬登山口側)に数台分の駐車スペースがあります。
登山道(yamapの地図では破線)
ここら辺の近くに「岬登山口」がありますが、そこには出ず並行して登っていきます。
ここら辺りもyamap地図の登山道には合流していません。
正規の「岬登山口」からのルートに入りました。左の道を登ってきました。
落ち葉が多いです
緩やかな上りが続きます。
この辺りから急登が始まります。
結構な急坂ですが、石が乾いてさえいれば登りやすいですが、たまに浮石があるので気を付けましょう。
急登は終わり。緩やかにクネクネ登ります。
廃墟となった昔避難小屋?
山頂が見えました。
その前に「石像」があるらしい。
どうってことないですが・・・。
現在の避難小屋?。
あまり使われてはいないようですが、急激な雨風雷などの時には役に立ちそうです。
水は凍っていました。
山頂の様子。
証拠写真。
釜石広域ウィンドファーム
アップで・・・。
「片葉山」。左が雄岳、右が雌岳
なだらかな稜線は「五葉山」
海は・・・霞んで見えません。
真ん中のとんがった小さな山は「氷上山」
真ん中の遥か遠く、ちっこいピークは「室根山」
室根山をズーム。
遠野盆地。上郷町の辺りでしょうか。
ズームしてみました。
早池峰山、薬師岳は雲の中。当然岩手山も見えませんでした。
下山は「中沢口」に降ります。
これから行くコース。
少し降りてきて振り返ります。
両脇笹の道が続きますが、登りの時のような急坂はありません。
なだらかな緩い道もあり、ピンクテープを目印に進みます。
何の木か分かりませんが満開に咲いていました。追記) somewhereさんに教えられました。これは"まゆみ"と言うらしいです。花は春咲いて写真は実のようです。
「中沢登山口」と「暮坪登山口」の分岐。右へ行きます。
標高が下がってくると杉林の中を通ります。
カラマツの黄葉は見頃で、黄金色に輝いていました。
登山口に到着。近くの沢に降りて撮りました。
帰り道の途中から六角牛山。
あまりにも天気が良かったので、夜は大船渡市の夏虫山に登ってきました。車でほぼ山頂に行くことが出来て、駐車場から徒歩1分で山頂に着きます。デートスポットではないですが、パラグライダーの離陸場になっています。比較(明)200枚合成。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。