西吾妻山と東大巓 初冠雪の稜線トレッキング

2015.11.01(日) 日帰り
m-nut
m-nut

活動データ

タイム

10:01

距離

23.7km

上り

1628m

下り

1628m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

期待を上回る景色につられて久々の日記。(書き方を忘れてしまいそうです。(笑)) 吾妻山に初雪のニュースを聞いて、早速向かって見ました。 今日の主目的は、まだ間近で雪景色を見ていない東大巓方面。 当初の計画では、西大巓も往復するつもりでしたが、思ったより積もっていたので、ロスを考慮して今回はパスしました。 スノーモンスターの時期には何度か来ているのですが、今日も素晴らしかった。 煌めく空の青と雪の白。(^ー^) (本当に、青と白がキラキラしているのです) 雪の季節の、晴天時のココは素晴らしい。 極上のトレッキングコースと思うのです。 以下、簡単にこの時の道の状況など。 <若女平コース> ・登山道入口からしばらくは軽い小川状態。(昨晩から今朝にかけて降雨(雪)があったものと思う) ・標高1700m付近から上部がほぼ土が隠れるくらいの積雪。 ・背の低い笹薮が何箇所かあり、もう少し雪が積もると、初めての場合、道を見失う可能性有り。 ・上部はゴロゴロの石でガレていて、しかもすべり易い。雪で隠れているので捻挫や転倒に注意が必要。 (これは、稜線上にも言えると思う) <稜線上> ・木道の箇所も多いですが、雪により境目が隠れている場合があります。また木道そのものが隠れている場合もあります。踏み外しによる転倒に注意。(特に人形石~東大巓方面) ・登山道の周囲は笹薮であることが多いので、もう少し積もって登山道が隠れるようになると踏み抜き地獄になりそう。 <天元台高原~登山口> ・地図にある天元台高原から吾妻屋への道を行こうとしましたが、立入禁止(ここは登山道ではありません)の看板と鎖のゲートに遭遇してしまいました。 ・ロープウェイの下り最終は16:00です。(夏山営業は11/3(火)まで) ・リフトの夏山営業は終了しています。(10/25(日)) <装備について> 風が吹くと寒いので、耳を覆うもの、手袋も2枚重ねの準備が必要と思う。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす