夷守岳・丸岡山・大幡池

2022.08.17(水) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 37
休憩時間
55
距離
8.4 km
上り / 下り
1258 / 1257 m
2 2
51
1 36
1 27

活動詳細

すべて見る

霧島山系北東部の大幡池へ夷守岳を経て往復するコース。近年あまり歩かれていないようで、登山道は荒れ気味。また夷守岳へは展望の無い急坂をひたすら登るのでしんどい。ただし晴れていれば展望は素晴らしいらしいので、リベンジまで評価は保留。 なお生駒登山口への車での行き方は、えびのスカイラインの花の駅生駒高原から山道に入り、表示に従って巣ノ浦林道を東に進む。

霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 生駒登山口にて間もなく日の出。この日の日の出時刻は05:42だったらしい。
スペースに車2〜3台は停められる。
生駒登山口にて間もなく日の出。この日の日の出時刻は05:42だったらしい。 スペースに車2〜3台は停められる。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ヘッドライトを装着し登山開始。
標高585m、夷守岳まで1.8km。
ヘッドライトを装着し登山開始。 標高585m、夷守岳まで1.8km。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ここからずっと急な登りが続きます。あせらず、あわてずゆっくり登りましょう。
とのありがたいお言葉。
ここからずっと急な登りが続きます。あせらず、あわてずゆっくり登りましょう。 とのありがたいお言葉。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 急登は800m付近で一度緩む。すっかり明るくなりヘッドライトは御役御免に。
急登は800m付近で一度緩む。すっかり明るくなりヘッドライトは御役御免に。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 818m地点の展望所(展望なし)。よくある。
818m地点の展望所(展望なし)。よくある。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 左手に樹間から小林の街が見える。
左手に樹間から小林の街が見える。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 木の根が露出した歩き難い急登が続く。
木の根が露出した歩き難い急登が続く。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 標高1130m付近、ヤブレガサ群生地。
標高1130m付近、ヤブレガサ群生地。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 登山道は浸食が進んでおり滑り易い。
登山道は浸食が進んでおり滑り易い。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 山頂まで残り300mくらいでなだらかになる。
山頂まで残り300mくらいでなだらかになる。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 夷守岳1344m山頂。背後の韓国岳方面は雲に包まれている。また遠雷も断続的に聞こえてくる。
丸岡山まで1.7km、大幡池まで2.5km。
夷守岳1344m山頂。背後の韓国岳方面は雲に包まれている。また遠雷も断続的に聞こえてくる。 丸岡山まで1.7km、大幡池まで2.5km。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 山頂過ぎに大王登山口への分岐あり。
山頂過ぎに大王登山口への分岐あり。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 丸岡山へ。
草で足元が見えない急な下りを慎重に進む。
丸岡山へ。 草で足元が見えない急な下りを慎重に進む。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 鞍部に近付き傾斜が緩む。穏やかな森。
鞍部に近付き傾斜が緩む。穏やかな森。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 鞍部はそのまま直進せず、左手の涸れ谷を下る。ピンクテープはあるがかなり判り難い。
鞍部はそのまま直進せず、左手の涸れ谷を下る。ピンクテープはあるがかなり判り難い。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 涸れ谷を過ぎた低地に道標。中間点。
涸れ谷を過ぎた低地に道標。中間点。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 丸岡山ののっぺりした山頂1327m。
大幡池まで0.8km、大幡山まで1.9km。
丸岡山ののっぺりした山頂1327m。 大幡池まで0.8km、大幡山まで1.9km。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 丸岡山から大幡池を見下ろす。
周囲は雲に覆われ、かつ強風が吹きつけている。
丸岡山から大幡池を見下ろす。 周囲は雲に覆われ、かつ強風が吹きつけている。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 夷守台への分岐。
大幡山まで1.4kmだが、大幡池へ向かう。
夷守台への分岐。 大幡山まで1.4kmだが、大幡池へ向かう。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大幡池の際に立つ水利組合の看板。
平成24年建立とあるので、10年でかなり傷んでいる。自然環境の厳しさの表れか。
大幡池の際に立つ水利組合の看板。 平成24年建立とあるので、10年でかなり傷んでいる。自然環境の厳しさの表れか。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大幡池。強風で水面は波立ち、雨がぱらつき始める。遠雷もまだ続いている…少し休憩し撤退開始。
大幡池。強風で水面は波立ち、雨がぱらつき始める。遠雷もまだ続いている…少し休憩し撤退開始。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 大幡山はガスって展望が無いのは目に見えているので、今回はパス。
いずれ天候に恵まれたときに。
大幡山はガスって展望が無いのは目に見えているので、今回はパス。 いずれ天候に恵まれたときに。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 丸岡山との鞍部付近から夷守岳。
丸岡山との鞍部付近から夷守岳。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 夷守岳山頂から、韓国岳・新燃岳方面。
展望に恵まれなかったのは残念。
夷守岳山頂から、韓国岳・新燃岳方面。 展望に恵まれなかったのは残念。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 標高1000m付近、右手(東側)の小林方面。こちらはまだ雲が薄い。
標高1000m付近、右手(東側)の小林方面。こちらはまだ雲が薄い。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 同じく1000m付近、左手(西側)に樹林越しの甑岳?
同じく1000m付近、左手(西側)に樹林越しの甑岳?
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 ひたすら夷守岳北斜面を下っていく。
ひたすら夷守岳北斜面を下っていく。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 斜面の所々にある謎の穴。
何の動物が掘ったのか…。
斜面の所々にある謎の穴。 何の動物が掘ったのか…。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 生駒登山口に帰還。
生駒登山口に帰還。
霧島山・韓国岳・高千穂峰・夷守岳・烏帽子岳 車に乗り林道を抜けた所で、激しい豪雨に会う。早めに撤退していて良かった…。
車に乗り林道を抜けた所で、激しい豪雨に会う。早めに撤退していて良かった…。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。