【八ヶ岳】蓼科山山頂で台湾スイーツ

2022.08.14(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:09

距離

8.6km

上り

840m

下り

921m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 9
休憩時間
44
距離
8.6 km
上り / 下り
840 / 921 m
1
1 56
1 35

活動詳細

すべて見る

お盆帰省中。 台風一過は過去未踏峰の蓼科山へ。 実は蓼科山頂ヒュッテに 台湾スイーツがあることを知り これを食べるため。 実家の軽トラで朝5時過ぎ出発。 女乃神茶屋そばの駐車場では小雨。 ここから直登する蓼科山は 標高差はわずか900m足らずだが 大岩だらけの急登が続き 意外にタフだった。 山頂ヒュッテではお目当ての 台湾スイーツ「芋圓」と 台湾烏龍茶セットを満喫。 芋圓とはタロイモや紫芋で作った団子のこと。 若女将が手作りしスタッフが山頂までボッカしている。 芋圓はタピオカなどと一緒に 温かく甘いシロップで頂く。 手作り台湾スイーツ芋圓を標高2,530mの山頂で味わう幸せ。 下山は登りとは別のルートで将軍平経由で龍源橋登山口へ。 まずは、登り以上の大岩が転がる急斜面を下り将軍平の蓼科山荘。 そこから、北横岳と蓼科山の鞍部である天祥寺原を歩き龍源橋登山口。 女乃神茶屋そばの駐車場までの約2キロはビーナスラインを軽いランニング。 山頂終始ガスに覆われ、眺望はきかなかったが、台湾スイーツを味わうことができ、楽しい山行だった。

蓼科山・横岳・縞枯山 駐車場にはバイオトイレあり。
駐車場にはバイオトイレあり。
蓼科山・横岳・縞枯山 登山口は手前左手。
登山口は手前左手。
蓼科山・横岳・縞枯山 向かいは女乃神茶屋。休業中。
向かいは女乃神茶屋。休業中。
蓼科山・横岳・縞枯山 笹原からスタート。
笹原からスタート。
蓼科山・横岳・縞枯山 前日の雨で下半身が濡れた。
前日の雨で下半身が濡れた。
蓼科山・横岳・縞枯山 気持ちいい笹原がしばらく続く。
気持ちいい笹原がしばらく続く。
蓼科山・横岳・縞枯山 次第に斜度が出てくる。
次第に斜度が出てくる。
蓼科山・横岳・縞枯山 最初の急登区間がスタート。
大岩ゴロゴロ。
最初の急登区間がスタート。 大岩ゴロゴロ。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここで自重すること。
ここで自重すること。
蓼科山・横岳・縞枯山 スマートバンドの脈拍計で140拍以内を気をつけながら登っていく。負荷がかかった状態が続くと後でバテる。
スマートバンドの脈拍計で140拍以内を気をつけながら登っていく。負荷がかかった状態が続くと後でバテる。
蓼科山・横岳・縞枯山 振り返ると、諏訪湖方面はまだ眺望がきいていた。
振り返ると、諏訪湖方面はまだ眺望がきいていた。
蓼科山・横岳・縞枯山 標高 2,100m地点。
標高 2,100m地点。
蓼科山・横岳・縞枯山 しばらく平らな歩きやすい区間。
しばらく平らな歩きやすい区間。
蓼科山・横岳・縞枯山 幸徳平。
幸徳平。
蓼科山・横岳・縞枯山 またもや急登区間スタート。
またもや急登区間スタート。
蓼科山・横岳・縞枯山 登山脇は大崩。
登山脇は大崩。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここを登りたい。
ここを登りたい。
蓼科山・横岳・縞枯山 急登が続く。
急登が続く。
蓼科山・横岳・縞枯山 縞枯れ現象。
縞枯れ現象。
蓼科山・横岳・縞枯山 頂上直下のゴーロエリアまもなく。
頂上直下のゴーロエリアまもなく。
蓼科山・横岳・縞枯山 富士見高原から編笠山を直登したときもこんな感じだった。
富士見高原から編笠山を直登したときもこんな感じだった。
蓼科山・横岳・縞枯山 八ヶ岳方面もガスに覆われ始めた。
八ヶ岳方面もガスに覆われ始めた。
蓼科山・横岳・縞枯山 北横岳。
北横岳。
蓼科山・横岳・縞枯山 このときは山頂はくっきり。
富士山と同じ成層火山。
まさに左右対称。
美しい山頂。
このときは山頂はくっきり。 富士山と同じ成層火山。 まさに左右対称。 美しい山頂。
蓼科山・横岳・縞枯山 蓼科山頂ヒュッテが見えた。
蓼科山頂ヒュッテが見えた。
蓼科山・横岳・縞枯山 ガスガス。
ガスガス。
蓼科山・横岳・縞枯山 バイオトイレ
200円だが、これまで入った山小屋の屋外トイレでダントツの清潔さ。匂いが一切ない。
バイオトイレ 200円だが、これまで入った山小屋の屋外トイレでダントツの清潔さ。匂いが一切ない。
蓼科山・横岳・縞枯山 まず山頂へ。
まず山頂へ。
蓼科山・横岳・縞枯山 噴火口は少し凹んでいる。その周囲をお鉢めぐりができる。
噴火口は少し凹んでいる。その周囲をお鉢めぐりができる。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここが山頂標識。
ここが山頂標識。
蓼科山・横岳・縞枯山 ガス。
ガス。
蓼科山・横岳・縞枯山 蓼科神社。
蓼科神社。
蓼科山・横岳・縞枯山 浅間山方面は晴れ間が見えた。
浅間山方面は晴れ間が見えた。
蓼科山・横岳・縞枯山 お鉢めぐり中。
お鉢めぐり中。
蓼科山・横岳・縞枯山 いよいよ台湾スイーツ。
真ん中下側の芋圓(ユーユエン)と台湾烏龍茶セット。
いよいよ台湾スイーツ。 真ん中下側の芋圓(ユーユエン)と台湾烏龍茶セット。
蓼科山・横岳・縞枯山 豆乳ベースの温かいシロップに3種類の芋圓。圓とは団子のこと。
豆乳ベースの温かいシロップに3種類の芋圓。圓とは団子のこと。
蓼科山・横岳・縞枯山 たまらない。
たまらない。
蓼科山・横岳・縞枯山 台湾スイーツを蓼科山頂上で堪能。この上ない喜び。
台湾スイーツを蓼科山頂上で堪能。この上ない喜び。
蓼科山・横岳・縞枯山 ガスが切れそうにないため下山。昼過ぎに実家に戻る必要があるため。
ガスが切れそうにないため下山。昼過ぎに実家に戻る必要があるため。
蓼科山・横岳・縞枯山 この下り斜面。難易度高い。写真よりもはるかに急坂。滑りやすく、大岩ゴロゴロの急坂。自分が下るときは、ここを大勢の人たちが登ってきた。親子連れ、若者グループ、お年寄りと色々。先日の甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根とは明らかに違う雰囲気。
この下り斜面。難易度高い。写真よりもはるかに急坂。滑りやすく、大岩ゴロゴロの急坂。自分が下るときは、ここを大勢の人たちが登ってきた。親子連れ、若者グループ、お年寄りと色々。先日の甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根とは明らかに違う雰囲気。
蓼科山・横岳・縞枯山 蓼科山荘。
蓼科山荘。
蓼科山・横岳・縞枯山 天祥寺原へ下る。
天祥寺原へ下る。
蓼科山・横岳・縞枯山 南八ヶ岳の赤岳鉱泉から美濃戸へ下る北沢登山道の雰囲気。
南八ヶ岳の赤岳鉱泉から美濃戸へ下る北沢登山道の雰囲気。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここは行者小屋から下る南沢登山道の雰囲気。
ここは行者小屋から下る南沢登山道の雰囲気。
蓼科山・横岳・縞枯山 歩きやすい。
歩きやすい。
蓼科山・横岳・縞枯山 北横岳。
北横岳。
蓼科山・横岳・縞枯山 笹原。
笹原。
蓼科山・横岳・縞枯山 天祥寺原。確かに原っぱ。
天祥寺原。確かに原っぱ。
蓼科山・横岳・縞枯山 蓼科山は山頂付近は依然ガスの中。
蓼科山は山頂付近は依然ガスの中。
蓼科山・横岳・縞枯山 北横岳と蓼科山の鞍部は笹原が広がり気持ちよく歩ける。何度も歩きたい。
北横岳と蓼科山の鞍部は笹原が広がり気持ちよく歩ける。何度も歩きたい。
蓼科山・横岳・縞枯山 北横岳もこの角度から見上げると円錐型のきれいな山体。ちなみに北横岳も蓼科山と同じ成層火山で頂上には噴火口跡がある。
北横岳もこの角度から見上げると円錐型のきれいな山体。ちなみに北横岳も蓼科山と同じ成層火山で頂上には噴火口跡がある。
蓼科山・横岳・縞枯山 ザ八ヶ岳。苔の森。
ザ八ヶ岳。苔の森。
蓼科山・横岳・縞枯山 南八ヶ岳の行者小屋や赤岳鉱泉から美濃戸へ下る登山道の雰囲気。最高。
南八ヶ岳の行者小屋や赤岳鉱泉から美濃戸へ下る登山道の雰囲気。最高。
蓼科山・横岳・縞枯山 龍源橋登山口が近い。
ここは左手に入る。
龍源橋登山口が近い。 ここは左手に入る。
蓼科山・横岳・縞枯山 ビーナスラインの車道が見えた。
ビーナスラインの車道が見えた。
蓼科山・横岳・縞枯山 ここから2キロを軽くランニングで女乃神茶屋そばの駐車場へ移動。
ここから2キロを軽くランニングで女乃神茶屋そばの駐車場へ移動。
蓼科山・横岳・縞枯山 八ヶ岳全域が一定標高以上はガスがかかっている。
八ヶ岳全域が一定標高以上はガスがかかっている。
蓼科山・横岳・縞枯山 北横岳。
北横岳。
蓼科山・横岳・縞枯山 武田信玄の棒道。
武田信玄の棒道。
蓼科山・横岳・縞枯山 女乃神茶屋。休業中。
その昔、ビーナスライン未開通の頃は、かなり下の蓼科湖から親湯を経て登ってきたと言う。
女乃神茶屋。休業中。 その昔、ビーナスライン未開通の頃は、かなり下の蓼科湖から親湯を経て登ってきたと言う。
蓼科山・横岳・縞枯山 駐車場着。
駐車場着。

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。