志賀山周回 美しの大沼池

2022.08.11(木) 日帰り

活動データ

タイム

08:12

距離

16.7km

のぼり

1024m

くだり

1024m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 12
休憩時間
1 時間 33
距離
16.7 km
のぼり / くだり
1024 / 1024 m
2 41
45
18
24
2 27

活動詳細

すべて見る

毎年冬にスキーで訪れている志賀高原。 昨年の夏には焼額山と三角池、上の小池、長池に訪れていますが、今回11年ぶりに志賀山をぐるっと1周してきました。 主な目的は、11年前は曇っていてほとんど見ることができなかった裏志賀山からの大沼池の俯瞰風景。 なるべく天気が良いタイミングで訪れたために、今回はみごとに裏志賀山から、青色の大沼池の風景を望むことができました。 ――EXPLORING RECORD――――――>> 登山記録 248記録 3000m峰 10/21 日本百高峰 40/100 日本百名山 71/100 日本二百名山 102/200 日本三百名山 119/301 一等三角点百名山 43/100 都道府県最高峰 24/47 ――――――――――――――――――

横手山・志賀山・赤石山 志賀高原の清水名水公園近くの駐車場からスタート。 
早いうちに大沼池に行く、かつ、志賀山をぐるっと回ってくる最適なスタート地点として、この場所を選びました。
志賀高原の清水名水公園近くの駐車場からスタート。  早いうちに大沼池に行く、かつ、志賀山をぐるっと回ってくる最適なスタート地点として、この場所を選びました。
横手山・志賀山・赤石山 歩き始めてすぐに表れるのがこちらの逆池。
歩き始めてすぐに表れるのがこちらの逆池。
横手山・志賀山・赤石山 森に囲まれた美しい池です。
森に囲まれた美しい池です。
横手山・志賀山・赤石山 池の中が透き通っています。 
なにやらパイプが敷かれていますね。
池の中が透き通っています。  なにやらパイプが敷かれていますね。
横手山・志賀山・赤石山 すぐに森の中の道になります。
すぐに森の中の道になります。
横手山・志賀山・赤石山 森の道から、眼下に逆さ池が見えます。
森の道から、眼下に逆さ池が見えます。
横手山・志賀山・赤石山 小さな植物が美しい。
小さな植物が美しい。
横手山・志賀山・赤石山 ほどなく大沼林道に合流。ここからしばらく林道を歩いて大沼池に向かいます。 
11年前は逆に大沼池から戻ってくるときにこの道を通りました。今回は朝早いうちに、大沼池が晴れているうちに行きたいので、逆回りです。
ほどなく大沼林道に合流。ここからしばらく林道を歩いて大沼池に向かいます。  11年前は逆に大沼池から戻ってくるときにこの道を通りました。今回は朝早いうちに、大沼池が晴れているうちに行きたいので、逆回りです。
横手山・志賀山・赤石山 ベニバナイチヤクソウかな。
ベニバナイチヤクソウかな。
横手山・志賀山・赤石山 ツリガネニンジンでしょうか。
ツリガネニンジンでしょうか。
横手山・志賀山・赤石山 大沼池に到着~
大沼池に到着~
横手山・志賀山・赤石山 それにしても水が青い。11年ぶりですが、以前と変わらぬ圧巻の青さです。
それにしても水が青い。11年ぶりですが、以前と変わらぬ圧巻の青さです。
横手山・志賀山・赤石山 では、湖畔を進んでいきたいと思います。 
左側の湖畔に道が付いています。
では、湖畔を進んでいきたいと思います。  左側の湖畔に道が付いています。
横手山・志賀山・赤石山 木々の間から、奥に大沼弁財天の赤い鳥居が見えます。
木々の間から、奥に大沼弁財天の赤い鳥居が見えます。
横手山・志賀山・赤石山 青い大沼池に、良く目立つ赤い鳥居。
青い大沼池に、良く目立つ赤い鳥居。
横手山・志賀山・赤石山 透明感のある風景です。 
まずは、天気のいいうちに大沼池が見れて満足。11年前は曇天で雨も降りだす天気でしたので、今回の好天はうれしいですね。
透明感のある風景です。  まずは、天気のいいうちに大沼池が見れて満足。11年前は曇天で雨も降りだす天気でしたので、今回の好天はうれしいですね。
横手山・志賀山・赤石山 この鮮やかな青は、強酸性の水質が関係しているのだと思います。 
美しい池ですが、強酸性ゆえ魚は住むことができないそうです。
この鮮やかな青は、強酸性の水質が関係しているのだと思います。  美しい池ですが、強酸性ゆえ魚は住むことができないそうです。
横手山・志賀山・赤石山 道端で見つけたキノコ。オオキノボリイクチでしょうか。
道端で見つけたキノコ。オオキノボリイクチでしょうか。
横手山・志賀山・赤石山 大沼池の畔にて。 
奥に聳える裏志賀山が印象的。あとで、あそこの山頂にも行きます。裏志賀山から見る大沼池が今日のハイライト。
大沼池の畔にて。  奥に聳える裏志賀山が印象的。あとで、あそこの山頂にも行きます。裏志賀山から見る大沼池が今日のハイライト。
横手山・志賀山・赤石山 大沼池の看板が水没しています。
大沼池の看板が水没しています。
横手山・志賀山・赤石山 美しい大沼池の浮島。
美しい大沼池の浮島。
横手山・志賀山・赤石山 弁財天の鳥居までやってきました。 
青い湖水に建つ赤色の鳥居は、いつ見ても印象的です
弁財天の鳥居までやってきました。  青い湖水に建つ赤色の鳥居は、いつ見ても印象的です
横手山・志賀山・赤石山 鳥居と大沼池。 
鳥居を支えているであろうロープは、11年前にはありませんでした。少しづつ変化があるようです。
鳥居と大沼池。  鳥居を支えているであろうロープは、11年前にはありませんでした。少しづつ変化があるようです。
横手山・志賀山・赤石山 四十八池への登りから大沼池を振り返って。 
ちょうど画面中央奥に
四十八池への登りから大沼池を振り返って。  ちょうど画面中央奥に
横手山・志賀山・赤石山 スキー場のリフトの建物が見えます。 
あそこは東館山スキー場でしょうか。
スキー場のリフトの建物が見えます。  あそこは東館山スキー場でしょうか。
横手山・志賀山・赤石山 これはキイロイグチでしょうか?
これはキイロイグチでしょうか?
横手山・志賀山・赤石山 良く目立つ赤い実。 
オオバタケシマランでしょうか。
良く目立つ赤い実。  オオバタケシマランでしょうか。
横手山・志賀山・赤石山 実は葉の裏に隠れる位置にありますが 
鮮やかな赤色なので、良く目立ちます。
実は葉の裏に隠れる位置にありますが  鮮やかな赤色なので、良く目立ちます。
横手山・志賀山・赤石山 志賀山神社の入り口に到着。 
ここで左折すると四十八池です。
志賀山神社の入り口に到着。  ここで左折すると四十八池です。
横手山・志賀山・赤石山 四十八池。 
志賀山と鉢山に囲まれた空間にある湿原で、その名の通り数多くの池塘が点在します。
四十八池。  志賀山と鉢山に囲まれた空間にある湿原で、その名の通り数多くの池塘が点在します。
横手山・志賀山・赤石山 四十八池のモウセンゴケ。
四十八池のモウセンゴケ。
横手山・志賀山・赤石山 イワショウブ。 
湿原はもう秋の花が主役ですね。
イワショウブ。  湿原はもう秋の花が主役ですね。
横手山・志賀山・赤石山 キンコウカ。
キンコウカ。
横手山・志賀山・赤石山 中央付近の大きな池塘。
中央付近の大きな池塘。
横手山・志賀山・赤石山 池塘と青空の相性は抜群です。
池塘と青空の相性は抜群です。
横手山・志賀山・赤石山 ここはかなりモウセンゴケが多いです。
ここはかなりモウセンゴケが多いです。
横手山・志賀山・赤石山 池塘越しに裏志賀山を望む。
池塘越しに裏志賀山を望む。
横手山・志賀山・赤石山 池塘の中もよく見えます。
池塘の中もよく見えます。
横手山・志賀山・赤石山 続いて、四十八池の南側にある鉢山に向かいます。 
鉢山の山頂部にある鉢池という池を見に行きます。
続いて、四十八池の南側にある鉢山に向かいます。  鉢山の山頂部にある鉢池という池を見に行きます。
横手山・志賀山・赤石山 足元に咲く花。 
ツルリンドウかな?とも思いましたが、葉の形が違うような。
足元に咲く花。  ツルリンドウかな?とも思いましたが、葉の形が違うような。
横手山・志賀山・赤石山 鉢山に到着しましたが・・・ 
なんと残念なことに、鉢山は展望がなく、鉢山からは鉢池は見えないようです。無念・・・ 
仕方ないので引き返します。
鉢山に到着しましたが・・・  なんと残念なことに、鉢山は展望がなく、鉢山からは鉢池は見えないようです。無念・・・  仕方ないので引き返します。
横手山・志賀山・赤石山 四十八池に戻ってきました。
四十八池に戻ってきました。
横手山・志賀山・赤石山 池塘と裏志賀山の風景が美しい四十八池。
池塘と裏志賀山の風景が美しい四十八池。
横手山・志賀山・赤石山 池塘と山の風景。
池塘と山の風景。
横手山・志賀山・赤石山 湿原の中にも微妙な高低差があります。
湿原の中にも微妙な高低差があります。
横手山・志賀山・赤石山 では、志賀山に向かいます。
では、志賀山に向かいます。
横手山・志賀山・赤石山 いきなりなかなかの登り。
いきなりなかなかの登り。
横手山・志賀山・赤石山 アカモノの実。
アカモノの実。
横手山・志賀山・赤石山 急登が続きます。
急登が続きます。
横手山・志賀山・赤石山 オオカメノキとアキアカネ。
オオカメノキとアキアカネ。
横手山・志賀山・赤石山 裏志賀山の分岐に到着。 
裏志賀山は行って帰ってくるだけの行き止まりになっていますが、ここはもちろん裏志賀山へ向かいます。
裏志賀山の分岐に到着。  裏志賀山は行って帰ってくるだけの行き止まりになっていますが、ここはもちろん裏志賀山へ向かいます。
横手山・志賀山・赤石山 眼下に、さきほど(20分ほど前)までいた四十八池が見えました。 
なかなかの急登続きでしたが、おかげで短時間でこれだけ登ってこれました。
眼下に、さきほど(20分ほど前)までいた四十八池が見えました。  なかなかの急登続きでしたが、おかげで短時間でこれだけ登ってこれました。
横手山・志賀山・赤石山 横手山と四十八池。
横手山と四十八池。
横手山・志賀山・赤石山 四十八池の池塘の様子がよくわかります。
四十八池の池塘の様子がよくわかります。
横手山・志賀山・赤石山 裏志賀山に近づくと、眼下に鮮やかな青色の大沼池が見えてきました。 
これを見たくてここまでやってきました。
裏志賀山に近づくと、眼下に鮮やかな青色の大沼池が見えてきました。  これを見たくてここまでやってきました。
横手山・志賀山・赤石山 ツリガネニンジンと大沼池。 
ここはもう標高2,000mをこえているので、これはツリガネニンジンではなくハクサンシャジンになるのかな。
ツリガネニンジンと大沼池。  ここはもう標高2,000mをこえているので、これはツリガネニンジンではなくハクサンシャジンになるのかな。
横手山・志賀山・赤石山 裏志賀山への最後のアプローチ。
裏志賀山への最後のアプローチ。
横手山・志賀山・赤石山 これは何の花?
これは何の花?
横手山・志賀山・赤石山 裏志賀山の頂上にある志賀山神社。
裏志賀山の頂上にある志賀山神社。
横手山・志賀山・赤石山 そして、裏志賀山から見る大沼池。 
これが見たかったのです。
そして、裏志賀山から見る大沼池。  これが見たかったのです。
横手山・志賀山・赤石山 11年前は曇天で、裏志賀山からは一瞬雲の隙間から見えただけの大沼池。 
ようやくその全貌を見ることができました。
11年前は曇天で、裏志賀山からは一瞬雲の隙間から見えただけの大沼池。  ようやくその全貌を見ることができました。
横手山・志賀山・赤石山 大沼池の右側奥の山は赤石山でしょうか。 
そして、左奥の山は岩菅山ですね。
大沼池の右側奥の山は赤石山でしょうか。  そして、左奥の山は岩菅山ですね。
横手山・志賀山・赤石山 岩菅山をズームアップ。 
山頂に至る登山道も見えます。
岩菅山をズームアップ。  山頂に至る登山道も見えます。
横手山・志賀山・赤石山 大沼池ブルー。
大沼池ブルー。
横手山・志賀山・赤石山 先ほど畔で見た時よりも、上から見るとより青く見えます。
先ほど畔で見た時よりも、上から見るとより青く見えます。
横手山・志賀山・赤石山 池上の弁財天の鳥居もよく見えました。
池上の弁財天の鳥居もよく見えました。
横手山・志賀山・赤石山 帰還中。 
ちょっと横手山にかかっていた雲が取れてきて、横手山のどっしりとした山容が見えてきました。
帰還中。  ちょっと横手山にかかっていた雲が取れてきて、横手山のどっしりとした山容が見えてきました。
横手山・志賀山・赤石山 爽快な裏志賀山の道。
爽快な裏志賀山の道。
横手山・志賀山・赤石山 今日のお昼。
今日のお昼。
横手山・志賀山・赤石山 なんか日が陰ってきた? まだ大沼池は明るく見えますが。 
まだ先も長いので、先に進むことにします。
なんか日が陰ってきた? まだ大沼池は明るく見えますが。  まだ先も長いので、先に進むことにします。
横手山・志賀山・赤石山 裏志賀山から志賀山への道の途中で現れる黒姫池。 
奥に向かって細長いひょうたん型をしています。
裏志賀山から志賀山への道の途中で現れる黒姫池。  奥に向かって細長いひょうたん型をしています。
横手山・志賀山・赤石山 森の中に水を湛える、美しい黒姫池。
森の中に水を湛える、美しい黒姫池。
横手山・志賀山・赤石山 静かなたたずまい。
静かなたたずまい。
横手山・志賀山・赤石山 ズームインすると、奥の方まで池が続いているのがわかります。
ズームインすると、奥の方まで池が続いているのがわかります。
横手山・志賀山・赤石山 一ノ瀬・焼額方面。 
中央付近の影になっている山が西館山で、中央やや右奥の、広大なゲレンデのあるなだらかな山が焼額山でしょうか。 
一ノ瀬・焼額方面。  中央付近の影になっている山が西館山で、中央やや右奥の、広大なゲレンデのあるなだらかな山が焼額山でしょうか。 
横手山・志賀山・赤石山 たぶんこんな感じだと思います。
たぶんこんな感じだと思います。
横手山・志賀山・赤石山 志賀山への登りもなかなか急です。
志賀山への登りもなかなか急です。
横手山・志賀山・赤石山 黒姫池を振り返って。
黒姫池を振り返って。
横手山・志賀山・赤石山 ウツボグサの群落。
ウツボグサの群落。
横手山・志賀山・赤石山 眼下に横手山と黒姫池・・・ではありません。 
よく似ていますが、あれは黒姫池ではない別の池です。よく見ると形状が違います(黒姫池はひょうたん型だけど、この池は丸型)。
眼下に横手山と黒姫池・・・ではありません。  よく似ていますが、あれは黒姫池ではない別の池です。よく見ると形状が違います(黒姫池はひょうたん型だけど、この池は丸型)。
横手山・志賀山・赤石山 この池は鬼の相撲場池と呼ばれているそうです。
この池は鬼の相撲場池と呼ばれているそうです。
横手山・志賀山・赤石山 青空を見上げて。
青空を見上げて。
横手山・志賀山・赤石山 森に囲まれた鬼の相撲場池。
森に囲まれた鬼の相撲場池。
横手山・志賀山・赤石山 志賀山に到着です。
志賀山に到着です。
横手山・志賀山・赤石山 志賀山からの下りで、またも違う池が見え始めました。 
あれはお釜池ですね。
志賀山からの下りで、またも違う池が見え始めました。  あれはお釜池ですね。
横手山・志賀山・赤石山 お釜池にズームイン。
お釜池にズームイン。
横手山・志賀山・赤石山 志賀山から下りてきて、池めぐりコースと合流しました。
志賀山から下りてきて、池めぐりコースと合流しました。
横手山・志賀山・赤石山 ほどなくして渋池に到着。 
池の浮島が赤いのは、モウセンゴケの群落です。
ほどなくして渋池に到着。  池の浮島が赤いのは、モウセンゴケの群落です。
横手山・志賀山・赤石山 渋池から横手山を望む。
渋池から横手山を望む。
横手山・志賀山・赤石山 渋池からひょうたん池・木戸池方面へ。
渋池からひょうたん池・木戸池方面へ。
横手山・志賀山・赤石山 ひょうたん池を通過します。
ひょうたん池を通過します。
横手山・志賀山・赤石山 木戸池への道。 
あまり歩かれていないようで、脆い木道や斜面もありました。
木戸池への道。  あまり歩かれていないようで、脆い木道や斜面もありました。
横手山・志賀山・赤石山 木戸池に到着です。 
奥に木戸池温泉ホテルが見えます。
木戸池に到着です。  奥に木戸池温泉ホテルが見えます。
横手山・志賀山・赤石山 木戸池。 
右の建物は自販機のある休憩棟で、ここで飲料の補給ができます。
木戸池。  右の建物は自販機のある休憩棟で、ここで飲料の補給ができます。
横手山・志賀山・赤石山 木戸池のほとり。 
奥に見えるのは笠ヶ岳でしょうか。
木戸池のほとり。  奥に見えるのは笠ヶ岳でしょうか。
横手山・志賀山・赤石山 木戸池の北隣にある田ノ原湿原。
木戸池の北隣にある田ノ原湿原。
横手山・志賀山・赤石山 ゲンノショウコかな。
ゲンノショウコかな。
横手山・志賀山・赤石山 続いて、木々の奥に三角池が見えてきました。
続いて、木々の奥に三角池が見えてきました。
横手山・志賀山・赤石山 三角池のほとり。
三角池のほとり。
横手山・志賀山・赤石山 三角池と上の小池の中間ほどのところにある日陰湿原。
三角池と上の小池の中間ほどのところにある日陰湿原。
横手山・志賀山・赤石山 上の小池に到着。
上の小池に到着。
横手山・志賀山・赤石山 続いて、上の小池からすぐ隣にあるのが長池です。
続いて、上の小池からすぐ隣にあるのが長池です。
横手山・志賀山・赤石山 オダマキが咲いていました。
オダマキが咲いていました。
横手山・志賀山・赤石山 ヨツバヒヨドリ群落に複数のアサギマダラがいました。
ヨツバヒヨドリ群落に複数のアサギマダラがいました。
横手山・志賀山・赤石山 密を吸っているようです。
密を吸っているようです。
横手山・志賀山・赤石山 長池の東端にあるトイレ。 
ここから、出発地点の清水名水公園の駐車場へ向けての道が最後のパートです。
長池の東端にあるトイレ。  ここから、出発地点の清水名水公園の駐車場へ向けての道が最後のパートです。
横手山・志賀山・赤石山 途中でジャイアントスキー場を横切ります。
途中でジャイアントスキー場を横切ります。
横手山・志賀山・赤石山 広大なジャイアントスキー場を進みます。
広大なジャイアントスキー場を進みます。
横手山・志賀山・赤石山 再び山道へ。
再び山道へ。
横手山・志賀山・赤石山 木の桟橋も設けられています。 
ちょっと強度が心配な箇所も・・・
木の桟橋も設けられています。  ちょっと強度が心配な箇所も・・・
横手山・志賀山・赤石山 ということで、無事に車を停めた駐車場に戻ってきました。 
おつかれさまでした。
ということで、無事に車を停めた駐車場に戻ってきました。  おつかれさまでした。
横手山・志賀山・赤石山 帰りに信州中野にある金沢カレー店、ガレージへ。
帰りに信州中野にある金沢カレー店、ガレージへ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。