D011:真夏でも涼しく登山;屏風山

2022.08.11(木) 日帰り

活動データ

タイム

06:22

距離

8.6km

上り

494m

下り

496m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 22
休憩時間
2 時間 24
距離
8.6 km
上り / 下り
494 / 496 m
1 29
24
5
2 42

活動詳細

すべて見る

真夏の暑さ真っ盛りの山の日。 寿老滝駐車場に7時過ぎに到着。 登山者としては1番乗り。 今日は何かイベントがあり、 露店も出るそうです。 信州方面に来た時に 食べたかった五平餅も 売っているらしいので 売り切れ前に戻らなければ。 準備して出発。 登山口を入ると直ぐに 湧き水「寿老の名水」があり その後は早くもお花が出始めました。 途中にはダチョウの卵の形をした 恐竜の卵のような大きな岩がありました。 ちと勝負してみたくなったので 気力を込めて手刀でバッサリ! 見事に真っ二つにできました(^^)/ ほぼ平坦な林道をゆ~っくりと進みました。 小滝分岐に到着。 予定は無かったけど 行ってみたくなりました。 蜘蛛の巣が沢山あって 何度も頭部にまつわりつきました。 渓流がうねうねしている横の 荒れた道を進みます。 小さな壊れかけた橋もあり 少々危ない箇所もありました。 小滝の入口に到着。 急傾斜の木の階段を 慎重に下りていきます。 目の前に大量の水しぶきが現れました。 岩に苔もついているので滑りましたが、 滝の真下まで進みました。 身体全体が涼しさに包まれて 暑さも一気に引いていきました。 ふと脇を見ると 紫色の花が目に付きました。 初めて見る「イワタバコ」です。 幸先よく出合えました(^_-)-☆ 冷たい珈琲を飲んだりして ゆっくりとした時間を過ごしました。 急傾斜を登り登山道を戻り、 小滝分岐へ到着。 計画通りに屛風山へ向かいました。 170mほど急傾斜を登りました。 根っこが沢山出ていて、 その上に足を置くと結構滑りました。 いつものように同じペースで 休まずに登っていきます。 急傾斜を登り切って程なく 北屏風山へ到着。 屛風山はそこからほんの少しです。 屏風山からは 白山山系、鈴鹿山地が眺められました。 ここで大休憩。 今日の登山は とにかく楽しく過ごすことです(^_-)-☆ 冷たい珈琲が実に美味しい。 急傾斜で濡れたシャツが渇くほど 長い時間を過ごしました。 八百山方面に向かいました。 幾つかのピークがこの先も続きました。 眺望が臨める場所は殆どありませんが、 森の中を進む登山道は アップダウンもそれ程ない 歩きやすい道でした。 石積みがあったので その上に更に積んでみました。 周りに石が少なかったので 枝も入れてみました。 黒の田湿原に向かいました。 多くの方々が日陰で 休憩されていました。 木道を進んでいくと 周りには鷺草を初めとする お花が見れました。 集中して目を凝らしていると、 本当に小さな花も見ることが できました。 湿原の上空は360°青空が 広がっていました。 寿老滝へ急ぎ足で戻りました。 ふと足元に目をやると 紫色のぶつぶつしたものが 生えていました。 初めて見た 「ムラサキホウキタケ」でした。 寿老滝へ到着。 小滝より多くの水が流れ落ちています。 沢山の子供たちが 思い思いに水の中で戯れていました。 登山靴を脱いで入ってみました。 適度な冷たさが足首まで伝わって、 それが下半身に広がっていきました。 今日のおやつに買ってきた 「たい焼き・ふな焼き」を 水しぶきがかかった 岩の上に座って頂きました。 ここでものんびりした楽しい時間を 過ごすことができました(^^♪ 駐車場に戻ると満車状態でした。 露店は販売品は完売とのことで 狙いの五平餅は 購入できませんでした😣 靴だけ換えて、近くの道の駅 「らっせいみさと」へ向かいました。 昼食は天麩羅蕎麦を頂きました。 かき揚げサイズが異常に大きくて、 食するのに大変でした。 食後は冷たいソフトクリーム を食べました。 体感ではそれ程感じませんでしたが 気温が結構高いのか ソフトクリームは直ぐに溶け始め 休む暇なく食べ続けていました。 汗は乾いていましたが、 もう少しリフレッシュするために 土岐の温泉に向かいました。 よく見かけるテーマ湯で 多くの人で賑わっていました。 湯上りの飲用酢が 喉に沁みて美味しかった(^^)/ こんなに楽しく過ごせたのは いつ以来だろう? と考えるくらいに 楽しい一日を過ごすことができました。 山の日は山絡みで過ごすのが一番です。 今日もありがとうございました<m(__)m> これからも沢山楽しみますよ~(#^.^#) [天候情報] 天気;晴れ 気温;24℃ 風速:2~4m/s 湿度:70% 雲量:30~70% [登山道状況] ①寿老滝~小滝; 林道はほぼ平坦で危険個所はない。 分岐から小滝は雲の巣が多く、 荒れた道が続くので要注意。 小滝へは急傾斜の木の階段があるので要注意。 ②小滝分岐~屛風山; 木の根っこが多く滑りやすい 急傾斜があるので注要意。 ③屛風山~黒の田湿度; 少しのアップダウンはあるが 問題ないレベルの登山道 ④黒の田湿原~寿老滝: 通常の林道。危険個所なし。 [その他] ①寿老滝駐車場は15台程度駐車可能 ②男女別トイレあり

屏風山 寿老滝登山口
寿老滝登山口
屏風山 登山口を入ると直ぐにある
湧き水ちょろちょろ
登山口を入ると直ぐにある 湧き水ちょろちょろ
屏風山 ノブキ(野蕗)
ノブキ(野蕗)
屏風山 ウバユリ
ウバユリ
屏風山 ヤブヘビイチゴ
ヤブヘビイチゴ
屏風山 手刀で真っ二つに(^^)/
手刀で真っ二つに(^^)/
屏風山 産まれたての蝉の赤ちゃん
可愛い(^^♪
産まれたての蝉の赤ちゃん 可愛い(^^♪
屏風山 林道
林道
屏風山 小滝への道にかかる蜘蛛の巣
小滝への道にかかる蜘蛛の巣
屏風山 小滝への荒れた道。
渓流がうねうねしている。
小滝への荒れた道。 渓流がうねうねしている。
屏風山 小滝の岩に咲くイワタバコ
小滝の岩に咲くイワタバコ
屏風山 小滝の岩に咲くイワタバコ
小滝の岩に咲くイワタバコ
屏風山 北屛風山への急傾斜。
根っこが滑りやすい。
北屛風山への急傾斜。 根っこが滑りやすい。
屏風山 屏風山山頂からの眺め
白山連峰、能郷白山、鈴鹿山地が見える
屏風山山頂からの眺め 白山連峰、能郷白山、鈴鹿山地が見える
屏風山 山頂から続く登山道
山頂から続く登山道
屏風山 よく見かけたトカゲさん
よく見かけたトカゲさん
屏風山 石と枝を積んであった。
少しだけやってみた。
石と枝を積んであった。 少しだけやってみた。
屏風山 黒の田湿原に咲く花
黒の田湿原に咲く花
屏風山 湿原の上空は青空になっている。
湿原の上空は青空になっている。
屏風山 サワシロギク。
鈴のワンポイントで見たような
(^_-)-☆
サワシロギク。 鈴のワンポイントで見たような (^_-)-☆
屏風山 群れで飛ぶ鷺草
群れで飛ぶ鷺草
屏風山 鷺草単独飛翔
鷺草単独飛翔
屏風山 鷺草とシラタマホシクサ
鷺草とシラタマホシクサ
屏風山 鷺草とシラタマホシクサとサワキキョウ
鷺草とシラタマホシクサとサワキキョウ
屏風山 白と青と緑の色彩描写
白と青と緑の色彩描写
屏風山 シラタマホシクサ
シラタマホシクサ
屏風山 鷺草とシラタマホシクサ
鷺草とシラタマホシクサ
屏風山 ヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ
屏風山 サワギキョウ。
9月に咲く花として案内されていた。
サワギキョウ。 9月に咲く花として案内されていた。
屏風山 トンボソウ。
左手を挙げて挨拶されてるみたい。
「よっ!」って(^^♪
トンボソウ。 左手を挙げて挨拶されてるみたい。 「よっ!」って(^^♪
屏風山 雲も真っ二つに!パッカ〜ン。
雲も真っ二つに!パッカ〜ン。
屏風山 ハッチョウトンボ
ハッチョウトンボ
屏風山 中央の黄色の花はミミカキグサ。
とても小さくて、水が豊富なところに点在していました。
中央の黄色の花はミミカキグサ。 とても小さくて、水が豊富なところに点在していました。
屏風山 寿老滝へ向かう林道
寿老滝へ向かう林道
屏風山 ムラサキホウキタケ
林道に生えていた
ムラサキホウキタケ 林道に生えていた
屏風山 ウメバチソウ。
これも9~10月に咲く花です。
ラッキーにもこれ一輪だけ
林道で立ち止ったら見つけました。
ウメバチソウ。 これも9~10月に咲く花です。 ラッキーにもこれ一輪だけ 林道で立ち止ったら見つけました。
屏風山 センニンソウ
センニンソウ
屏風山 寿老滝。
子供たちの元気な声が響く
寿老滝。 子供たちの元気な声が響く
屏風山 寿老滝の飛沫。
身体にシャワーを頂きました。
寿老滝の飛沫。 身体にシャワーを頂きました。
屏風山 らっせいみさとで頂いた天麩羅蕎麦。
かき揚げのボリュームが凄く大きい
らっせいみさとで頂いた天麩羅蕎麦。 かき揚げのボリュームが凄く大きい
屏風山 蕎麦の実の天麩羅
蕎麦の実の天麩羅

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。