華山・西の峰・京ヶ嶽・大滝山・迫山・下岡枝山・上岡枝山・上諏訪山

2022.08.07(日) 日帰り

活動データ

タイム

06:16

距離

19.7km

上り

1316m

下り

1362m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 16
休憩時間
14
距離
19.7 km
上り / 下り
1316 / 1362 m
1 3
3
34
42
19
1 21
4
31
22
17

活動詳細

すべて見る

今年の2月にも華山に登りました。 その時は歌野川ダムから華山に登り、神上寺に降りるルートでした。 今回は趣向を変え、前半は車道を進み、後半は未踏のピーク稼ぎをしてきました。 兎に角暑く、苦しい山行になりました。

華山 「徳仙の滝」からスタートします。
子供の頃、ここで流しそうめんをしました。
久し振りに来ましたが、こんなに小さい滝だったかな?
「徳仙の滝」からスタートします。 子供の頃、ここで流しそうめんをしました。 久し振りに来ましたが、こんなに小さい滝だったかな?
華山 今日は車道で頂上を目指します。
車では何度か通ったことはありますが、徒歩では初めて。
今日は車道で頂上を目指します。 車では何度か通ったことはありますが、徒歩では初めて。
華山 登る前から華山の上半分が雲で隠れているのは気付いてましたが、やはり前途は白いようです。
登る前から華山の上半分が雲で隠れているのは気付いてましたが、やはり前途は白いようです。
華山 この崖の上は、歌の川ダム〜華山の登山コースになっています。
かなり急な崖のためか、ロープが設置してあります。
今日はこのまま車道を進みます。
この崖の上は、歌の川ダム〜華山の登山コースになっています。 かなり急な崖のためか、ロープが設置してあります。 今日はこのまま車道を進みます。
華山 やっぱり霧が出てきた。
やっぱり霧が出てきた。
華山 途中にある駐車場も真っ白です。
先週も同じ景色を見たなあ・・・
途中にある駐車場も真っ白です。 先週も同じ景色を見たなあ・・・
華山 中宮にお参りしました。
「天気が良くなりますように・・・」
中宮にお参りしました。 「天気が良くなりますように・・・」
華山 中宮の裏にある遊歩道から頂上を目指します。
中宮の裏にある遊歩道から頂上を目指します。
華山 頂上到着。
やっぱり、白いです。
頂上到着。 やっぱり、白いです。
華山 眺望もありません。
本来はここから小日本、菊川が見渡せるのですが・・・
2週連続なのでガッカリです。
日頃の行いが悪いのかも。
眺望もありません。 本来はここから小日本、菊川が見渡せるのですが・・・ 2週連続なのでガッカリです。 日頃の行いが悪いのかも。
華山 ただ、今日はここからが本番。
まずは真ん中の階段から西の峰に行きます。
ただ、今日はここからが本番。 まずは真ん中の階段から西の峰に行きます。
華山 程なくして到着。
引き返さず、そのまま進みます。
程なくして到着。 引き返さず、そのまま進みます。
華山 暫らく歩くと、
暫らく歩くと、
華山 車道に出ます。
ここから中山に行こうかと思いましたが、4月に熊が目撃されたらしいです。
道中に「熊目撃情報アリ、注意!」の看板が多かったのはこのためですね。
中山には向うのはやめて、車道を進みます。
車道に出ます。 ここから中山に行こうかと思いましたが、4月に熊が目撃されたらしいです。 道中に「熊目撃情報アリ、注意!」の看板が多かったのはこのためですね。 中山には向うのはやめて、車道を進みます。
華山 この左側の山道が、京ヶ嶽への取り付きとなります。
この左側の山道が、京ヶ嶽への取り付きとなります。
華山 結構な急登です。
ここを進むと、
結構な急登です。 ここを進むと、
華山 また車道に出ます。
この先が京ヶ嶽のようです。
また車道に出ます。 この先が京ヶ嶽のようです。
華山 狸?がのんびりと道を横断しています。
熊じゃなくて良かった!
狸?がのんびりと道を横断しています。 熊じゃなくて良かった!
華山 京ヶ嶽に到着です。
航空保安施設、とありますが、柵の中には何もありません。
京ヶ嶽に到着です。 航空保安施設、とありますが、柵の中には何もありません。
華山 一瞬ですが青空が見えました。
一瞬ですが青空が見えました。
華山 車道を引き返し、更に進んだこの左側の山道が大滝山への縦走路入口となります。
車道を引き返し、更に進んだこの左側の山道が大滝山への縦走路入口となります。
華山 ピンクテープなどの目印は少ないのですが、進むべき道も分かりやすく、探検家気分で進むことができます。
ピンクテープなどの目印は少ないのですが、進むべき道も分かりやすく、探検家気分で進むことができます。
華山 あまりにも変わり映えのしない道が続くので、きのこを撮ってみました。
あまりにも変わり映えのしない道が続くので、きのこを撮ってみました。
華山 写りが悪いですが、鹿です。
この辺りは本当に鹿が多い!
これで今日、3回目くらいの遭遇です。
写りが悪いですが、鹿です。 この辺りは本当に鹿が多い! これで今日、3回目くらいの遭遇です。
華山 大滝山に着きました。
眺望はないですが、開けてます。
大滝山に着きました。 眺望はないですが、開けてます。
華山 迫山方面に進みます。
この辺りから蜘蛛の巣が多くなって来ました。
今回も適当な木の枝を拾い、蜘蛛の巣を払いながら進みます。
迫山方面に進みます。 この辺りから蜘蛛の巣が多くなって来ました。 今回も適当な木の枝を拾い、蜘蛛の巣を払いながら進みます。
華山 迫山の三角点に到着。
ここから歌野川ダムへの道が分かりづらく、大変でした。
迫山の三角点に到着。 ここから歌野川ダムへの道が分かりづらく、大変でした。
華山 比較的分かりやすい道を進んだのですが、YAMAPの地図を見てビックリ!
全然違う方向に進んでいました。
ガックリしながら、迫山へ引き返します。
比較的分かりやすい道を進んだのですが、YAMAPの地図を見てビックリ! 全然違う方向に進んでいました。 ガックリしながら、迫山へ引き返します。
華山 その後も、道があるので進むと、YAMAP赤線ルートではない、というのを何度も繰り返しました。
地図から目が離せません。
その後も、道があるので進むと、YAMAP赤線ルートではない、というのを何度も繰り返しました。 地図から目が離せません。
華山 村有林と書いてあります。
裏側には大正7年とも。
当時は岡枝村、かな?
村有林と書いてあります。 裏側には大正7年とも。 当時は岡枝村、かな?
華山 YAMAPのピークには登録されていませんが、名峰「鳶ヶ迫」に到着。
YAMAPのピークには登録されていませんが、名峰「鳶ヶ迫」に到着。
華山 鳶ヶ迫から先は、比較的分かりやすい道となります。
鳶ヶ迫から先は、比較的分かりやすい道となります。
華山 歌野川ダムまで降りてきました。
想定していたより時間が掛かってしまいました。
歌野川ダムまで降りてきました。 想定していたより時間が掛かってしまいました。
華山 川のほとりでしばし休憩。
ここは小学校のころ、クラスで遊びに来た思い出があります。
川のほとりでしばし休憩。 ここは小学校のころ、クラスで遊びに来た思い出があります。
華山 準備していた飲み物が少なくなって来たので補充したかったのですが、自動販売機はありません。
お店がありましたが、マスクを忘れたため入れず。
少し心もとないですが、このまま下岡枝山に向かうことにします。
準備していた飲み物が少なくなって来たので補充したかったのですが、自動販売機はありません。 お店がありましたが、マスクを忘れたため入れず。 少し心もとないですが、このまま下岡枝山に向かうことにします。
華山 で、到着。
で、到着。
華山 広場にある東屋で、次の上岡枝山へのルートを確認。
YAMAP地図のルート(灰色の線)はどれも途切れており、どう進めばいいのかがよく分かりません。
ま、何とかなるさ、の精神で出発します。
広場にある東屋で、次の上岡枝山へのルートを確認。 YAMAP地図のルート(灰色の線)はどれも途切れており、どう進めばいいのかがよく分かりません。 ま、何とかなるさ、の精神で出発します。
華山 ここでも鹿の集団2組に遭遇。
目の前を大きな鹿が駆け抜けて行きました。
もう鹿ではそんなにビビらなくなってきています。
感覚が麻痺してきてる感じです。
ここでも鹿の集団2組に遭遇。 目の前を大きな鹿が駆け抜けて行きました。 もう鹿ではそんなにビビらなくなってきています。 感覚が麻痺してきてる感じです。
華山 道が無くなってしまいましたが、この先のルート(灰色の線)を目指して強行突破します。
道が無くなってしまいましたが、この先のルート(灰色の線)を目指して強行突破します。
華山 で、ルートに出ました。
もう上岡枝山は目の前です。
で、ルートに出ました。 もう上岡枝山は目の前です。
華山 到着。
ここも眺望なし。
次の上諏訪山に向かいます。
到着。 ここも眺望なし。 次の上諏訪山に向かいます。
華山 分岐点があり、地図のルートから外れてしまいますが、何となく上諏訪山に近そう、ということで、そちらに進みました。
暑さと疲労のため、正常な判断ができていません。
分岐点があり、地図のルートから外れてしまいますが、何となく上諏訪山に近そう、ということで、そちらに進みました。 暑さと疲労のため、正常な判断ができていません。
華山 結果は大失敗!
上諏訪山には着かずに下山してしまいました。
結果は大失敗! 上諏訪山には着かずに下山してしまいました。
華山 100mくらい離れたこの場所から登れるようです。
かなり迷いましたが、122mの低山なので登ることに決定。
ま、何とかなるでしょう。
100mくらい離れたこの場所から登れるようです。 かなり迷いましたが、122mの低山なので登ることに決定。 ま、何とかなるでしょう。
華山 スマートウォッチで体温が測れるのですが、39.5度。心拍数は160。
50m歩いて数分休憩、を繰り返し、何とか上諏訪山に到着。
登山道から外れた、何もない山の中腹に三角点がありました。
スマートウォッチで体温が測れるのですが、39.5度。心拍数は160。 50m歩いて数分休憩、を繰り返し、何とか上諏訪山に到着。 登山道から外れた、何もない山の中腹に三角点がありました。
華山 転がるようにして、何とか下山。
麓にあった諏訪大神にお参りしました。
本当はこの後に六部山にも登る予定だったのですが、体が動かないので断念。
六部山を100座目の記念登山にする予定だったのに・・・
転がるようにして、何とか下山。 麓にあった諏訪大神にお参りしました。 本当はこの後に六部山にも登る予定だったのですが、体が動かないので断念。 六部山を100座目の記念登山にする予定だったのに・・・
華山 ここから車を停めている場所まで1km以上歩かないといけません。
もっと近くに駐車できたのですが、六部山の下山地点の近くに停めたためです。
ここから車を停めている場所まで1km以上歩かないといけません。 もっと近くに駐車できたのですが、六部山の下山地点の近くに停めたためです。
華山 写真中央に小さく写ってる軽トラが今日のゴールです。
重たい足を引きずりながら、何とか到着することができました。
因みに後ろの山は鳴滝山です。(多分)
ここもいずれ挑戦してみよう。
写真中央に小さく写ってる軽トラが今日のゴールです。 重たい足を引きずりながら、何とか到着することができました。 因みに後ろの山は鳴滝山です。(多分) ここもいずれ挑戦してみよう。
華山 帰る途中の華山です。
奇麗に頂上が見えます・・・
それにしても途中で買ったポカリが美味しかった!
帰る途中の華山です。 奇麗に頂上が見えます・・・ それにしても途中で買ったポカリが美味しかった!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。