神掛岩-メンノツラ越-小松尾根コースから臨んだ祖母山

2022.08.06(土) 日帰り

活動データ

タイム

08:42

距離

10.2km

上り

1241m

下り

1228m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 42
休憩時間
1 時間 52
距離
10.2 km
上り / 下り
1241 / 1228 m
1 16
2 24
25
1 33
19

活動詳細

すべて見る

【はじめに】  祖母山・古祖母山と神掛岩に関する募る思いは、①活動日記1月15日(深山幽谷、夢の姥の嶽)、②活動日記2月4日(由緒ありありの古祖母山)、③活動日記5月25日(祖母山の膝枕「神掛岩」を贅沢独り占め)を参照していただければ幸いです。 【トレッキング概略】  基本ソロ活動が中心の山行ですが、  今回は、初心者を含めた7名のパーティー(19~30歳代)を連れて、神掛岩からの眺望を愉しんだり、Q号目山小屋で休息したりしながら「ゆるり」と祖母山山頂を目指しました。  盛夏、厳しい暑さのなか祖母山を目指す登山者は激減します。本日も神原登山口第1駐車場はガラガラ。  5月上旬頃までは、山芍薬(ヤマシャクヤク)、アケボノツツジ、シャクナゲ、ミツバツツジなどが「これでもか!」と言わんばかりに登山者の心を豊かな自然環境下で癒やしてくれますが、この時期、清流のせせらぎや、水量多めの滝観賞(①寝覚の滝、②御社の滝、③神仙の滝など)で涼を求めるくらいかもしれません。  そうならば、暑い中わざわざ祖母山山頂に行かなくても「祖母山麓渓谷トレッキングコース」だけて十分こと足りるはずです。  今回、花観賞も楽しめない時期ですが、(1)再度神掛岩を訪れたい、そして(2)メンノツラ越から小松尾根ルート、Q号目山小屋を経由して祖母山登頂を目指したい、という思いから自身二度目となる祖母山登頂を企画しました。  とくに(2)の思いは、ヤマップフォローアーである「じゅん」さんとの約束を果たすという意味も含んでいます(小松尾根ルート体験)。  噂通り、メンノツラ越から続く急登スパイラルには身も心も折れそうになってしまいそうでした(笑)。今すぐ渓流に飛び込みたいと、何度叫んだことか!  ちなみに、花観賞が叶わないなか、山道では意に反して多種多様なキノコ類に遭遇。  写真はレポにアップしていませんが、無駄に大きく原色ドギツくかつ異臭漂うキノコに遭遇するたびに、急登疲れが倍増。個人的には「花観賞と対極的」な気持ちにさせられてしまいました(キノコファンの方すみません!)。なぜか可愛いキノコと出会うことができませんでした。    下山は、国観峠から一般的な神原ルートを利用。  上り神掛岩コースで繰り返し襲われた急登(メンノツラ越から障子岩根ルートとの合流部までの稜線尾根道)での下腿・足部の疲れを、5号目小屋裏を流れる冷たい渓谷清流に入りロングアイシング実施。イャ〜もう最高でした!  天候が安定しないなかスタートした祖母山登山。  途中、1500m以上ではガスの襲来を受けたり、数度の小雨にも遭遇しましたが、幸い山行に影響することはありませんでした。  午後は雨から晴れ、そして曇りときどき雨のなか、遠雷を聞きながらの下山となりました。  残念なことは、期待した祖母山山頂からのパノラマ眺望が厚いガスのため臨めなかったこと。これは、祖母山をご神体とする豊玉姫(詳細活動日記1月9日投稿参照)様から、「また来て欲しいなぁ!」の甘えメッセージと好意的に受け止めています。 【トレッキングルート】 スタート☛神原登山口駐車場 1. 祖母山麓トレッキングコース入り口  (神原登山口手前左) 2. 寝覚の滝 3. 御社の滝  4. 木馬道跡(道迷いに注意) 5. 5合目山小屋裏(神掛岩トレッキング分岐点) 6. 神仙の滝 7. ヒシャメラの群生地 8. ノンメツラ越 9. 神掛岩 10. ノンメツラ越(戻り) 11.小松尾根ルート(障子岩根ルート合流部へ) 12. Q号目山小屋 13. 祖母山 14. 国観峠 15. 5号目山小屋 16. 神原登山口 17. 神原登山口駐車場 18. 竹田『花水月』温泉  今回、暑さ厳しいなかでの登山となりましたが、参加者皆さんが無事下山できたことに、お邪魔した祖母山豊玉姫様に心から感謝です。

祖母山 心配した神原登山口駐車場。予想外にガラガラでした。
管理棟とトイレは、改修工事が終わり綺麗になっていました。
心配した神原登山口駐車場。予想外にガラガラでした。 管理棟とトイレは、改修工事が終わり綺麗になっていました。
祖母山 寝覚の滝。寝起きの滝ですね。マイナスイオン充満です。
寝覚の滝。寝起きの滝ですね。マイナスイオン充満です。
祖母山 御社の滝。昨日の雨の影響で水量多め。爽やかな轟音です。
御社の滝。昨日の雨の影響で水量多め。爽やかな轟音です。
祖母山 木馬道跡。つい石積上の道跡に足が向いてしまいますが、神掛岩コースは反対側にあります。
木馬道跡。つい石積上の道跡に足が向いてしまいますが、神掛岩コースは反対側にあります。
祖母山 5号目山小屋裏のトレッキングコース分岐点から10分少しの距離にある『神仙の滝』。ここも比較的水量多めでした。
5号目山小屋裏のトレッキングコース分岐点から10分少しの距離にある『神仙の滝』。ここも比較的水量多めでした。
祖母山 涸谷に沿って標高を上げるとヒメシャラ群生地が広がります。
涸谷に沿って標高を上げるとヒメシャラ群生地が広がります。
祖母山 メンノツラ越(1155m地点)に到着。左手に降れば神掛岩、右手に入れば祖母山Q号目山小屋方面(小松尾根ルート)。前障子、大障子岩が見えます。
メンノツラ越(1155m地点)に到着。左手に降れば神掛岩、右手に入れば祖母山Q号目山小屋方面(小松尾根ルート)。前障子、大障子岩が見えます。
祖母山 神掛岩に到着。誰もいません。
神掛岩に到着。誰もいません。
祖母山 前障子、大障子岩が岩先端方向に鎮座。
前障子、大障子岩が岩先端方向に鎮座。
祖母山 神掛岩先端に恐る恐る立ってpose!股間から大障子岩、失礼しました!
神掛岩先端に恐る恐る立ってpose!股間から大障子岩、失礼しました!
祖母山 大障子岩の右手の眺望。祖母山までは見えません。
大障子岩の右手の眺望。祖母山までは見えません。
祖母山 遠目に、鎧ケ岳、雲ケ背岳が見えます。
遠目に、鎧ケ岳、雲ケ背岳が見えます。
祖母山 小松尾根ルート(1)
小松尾根ルート(1)
祖母山 小松尾根ルート(2)
小松尾根ルート(2)
祖母山 小松尾根ルート(3)大障子岩が覗いています。
小松尾根ルート(3)大障子岩が覗いています。
祖母山 小松尾根ルート(4)
小松尾根ルート(4)
祖母山 小松尾根ルート(5)ようやくエンドレス急登が終わりました。
小松尾根ルート(5)ようやくエンドレス急登が終わりました。
祖母山 Q号目山小屋。
Q号目山小屋。
祖母山 小松尾根ルートの終点とQ号目山小屋分岐点。
小松尾根ルートの終点とQ号目山小屋分岐点。
祖母山 祖母山9合目山道右手の枯れ木エリア。
祖母山9合目山道右手の枯れ木エリア。
祖母山 祖母山山頂直前のガレ場急登。
祖母山山頂直前のガレ場急登。
祖母山 山頂側壁の柱状摂理様の岩層構造。
山頂側壁の柱状摂理様の岩層構造。
祖母山 祖母山山頂。祠が左手。
祖母山山頂。祠が左手。
祖母山 一瞬青空が!一瞬でした。山頂からの眺望はゼロでした。
一瞬青空が!一瞬でした。山頂からの眺望はゼロでした。
祖母山 下山。
Q号目山山頂コースと国観峠コースの分岐点。
下山。 Q号目山山頂コースと国観峠コースの分岐点。
祖母山 一面キリが覆ってきました。この雰囲気は好きです。
一面キリが覆ってきました。この雰囲気は好きです。
祖母山 また一瞬青空が。やはり一瞬でした。
また一瞬青空が。やはり一瞬でした。
祖母山 国観峠到着。お地蔵様、季節ボーダーレスのお召し物。
国観峠到着。お地蔵様、季節ボーダーレスのお召し物。
祖母山 国観峠から5号目山小屋を目指します。
国観峠から5号目山小屋を目指します。
祖母山 山道にはみ出る枝に一言。
『ヨウランツツジ』なので折らないでください!
貴重な情報ありがとうございます。その優しさが好きです。
山道にはみ出る枝に一言。 『ヨウランツツジ』なので折らないでください! 貴重な情報ありがとうございます。その優しさが好きです。
祖母山 晴れ間が一瞬でました。
晴れ間が一瞬でました。
祖母山 神原コースの雰囲気。
神原コースの雰囲気。
祖母山 神原コースの雰囲気(2)。
神原コースの雰囲気(2)。
祖母山 5号目山小屋に到着。
5号目山小屋に到着。
祖母山 5号目山小屋裏の渓流。さあお楽しみの水遊びです。
5号目山小屋裏の渓流。さあお楽しみの水遊びです。
祖母山 冷たい渓流に両足を浸し、ロングアイシング実施。
冷たい渓流に両足を浸し、ロングアイシング実施。
祖母山 渓流、なかなか迫力があります。
渓流、なかなか迫力があります。
祖母山 5号目山小屋の中からの光景。
5号目山小屋の中からの光景。
祖母山 5号目山小屋の入口フェンスで寛ぐ大人しいガマカエル。とにかくお尻が可愛い!
5号目山小屋の入口フェンスで寛ぐ大人しいガマカエル。とにかくお尻が可愛い!
祖母山 5号目山小屋から神原登山口に向かいます。
5号目山小屋から神原登山口に向かいます。
祖母山 朝とは異なり対岸から『御社の滝』。
朝とは異なり対岸から『御社の滝』。
祖母山 植林地を経て神原登山口へ。
植林地を経て神原登山口へ。
祖母山 神原登山口に到着。皆さんお疲れ様でした。
本日は、小松尾根ルートにて急登三昧を楽しんだ祖母山山行となりました。無事下山、ありがとうございました。
神原登山口に到着。皆さんお疲れ様でした。 本日は、小松尾根ルートにて急登三昧を楽しんだ祖母山山行となりました。無事下山、ありがとうございました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。