沓掛山・天狗ヶ城・中岳・久住山

2022.08.03(水) 日帰り

 2か月ぶりに九重に行きました。今日は相方と息子同伴で、3名の山行でした。最低3つは(沓掛含めたら4つ)行きたかったので、まず天狗ヶ城まっしぐら・・・。その後中岳から最後に九住山と、無事に3座登ることができました。相方も山行が少ない割には、きついとぼやきながら頑張っていました。  九重はさすがに人気の山で、平日にもかかわらず大勢の人が登山を楽しんでいました。

朝の牧ノ戸はガスガス。自称晴れ女同行なのに、おかしいな?

朝の牧ノ戸はガスガス。自称晴れ女同行なのに、おかしいな?

朝の牧ノ戸はガスガス。自称晴れ女同行なのに、おかしいな?

沓掛山への途中、急に日差しが・・・

沓掛山への途中、急に日差しが・・・

沓掛山への途中、急に日差しが・・・

青空も見えてきた

青空も見えてきた

青空も見えてきた

馬酔木の葉っぱが、一部分花のよう

馬酔木の葉っぱが、一部分花のよう

馬酔木の葉っぱが、一部分花のよう

いまだ完全な晴れではない

いまだ完全な晴れではない

いまだ完全な晴れではない

同行の二人

同行の二人

同行の二人

白い花

白い花

白い花

なんという花?

なんという花?

なんという花?

かわいい

かわいい

かわいい

星生が晴れてきた

星生が晴れてきた

星生が晴れてきた

扇が鼻も・・・

扇が鼻も・・・

扇が鼻も・・・

扇が鼻分岐で軽食

扇が鼻分岐で軽食

扇が鼻分岐で軽食

西千里ガ浜から見た久住山が一番かっこいい

西千里ガ浜から見た久住山が一番かっこいい

西千里ガ浜から見た久住山が一番かっこいい

久住山避難小屋

久住山避難小屋

久住山避難小屋

三俣山が美しい

三俣山が美しい

三俣山が美しい

左へ進みます

左へ進みます

左へ進みます

御池がきれい

御池がきれい

御池がきれい

天狗が城に着きました

天狗が城に着きました

天狗が城に着きました

天狗ヶ城から見た中岳

天狗ヶ城から見た中岳

天狗ヶ城から見た中岳

天狗が城の頂上から落ちたら、男池までまっしぐらに落ちそう

天狗が城の頂上から落ちたら、男池までまっしぐらに落ちそう

天狗が城の頂上から落ちたら、男池までまっしぐらに落ちそう

中岳に到着

中岳に到着

中岳に到着

坊がつる方面

坊がつる方面

坊がつる方面

UPしてみるとテントが数張

UPしてみるとテントが数張

UPしてみるとテントが数張

あと何回来れるか?

あと何回来れるか?

あと何回来れるか?

三俣山

三俣山

三俣山

御池の先に本日のラスボス久住山

御池の先に本日のラスボス久住山

御池の先に本日のラスボス久住山

天狗ヶ城方面へUターン

天狗ヶ城方面へUターン

天狗ヶ城方面へUターン

きれいな花

きれいな花

きれいな花

池の小屋

池の小屋

池の小屋

これから久住山へ

これから久住山へ

これから久住山へ

疲れ切った表情

疲れ切った表情

疲れ切った表情

久住分かれのトイレで用を足しました。ありがたい

久住分かれのトイレで用を足しました。ありがたい

久住分かれのトイレで用を足しました。ありがたい

西千里ガ浜で再度久住山を振り返る

西千里ガ浜で再度久住山を振り返る

西千里ガ浜で再度久住山を振り返る

いつの間にか由布鶴見も見えていました

いつの間にか由布鶴見も見えていました

いつの間にか由布鶴見も見えていました

長者原のタデ湿原が黄緑できれい

長者原のタデ湿原が黄緑できれい

長者原のタデ湿原が黄緑できれい

牧ノ戸に下りてきた

牧ノ戸に下りてきた

牧ノ戸に下りてきた

今日も無事に下山できたことに感謝です

今日も無事に下山できたことに感謝です

今日も無事に下山できたことに感謝です

行きは全く見えなかった阿蘇五岳が、帰り道くっきり見えていました

行きは全く見えなかった阿蘇五岳が、帰り道くっきり見えていました

行きは全く見えなかった阿蘇五岳が、帰り道くっきり見えていました

九重連山も・・・

九重連山も・・・

九重連山も・・・

朝の牧ノ戸はガスガス。自称晴れ女同行なのに、おかしいな?

沓掛山への途中、急に日差しが・・・

青空も見えてきた

馬酔木の葉っぱが、一部分花のよう

いまだ完全な晴れではない

同行の二人

白い花

なんという花?

かわいい

星生が晴れてきた

扇が鼻も・・・

扇が鼻分岐で軽食

西千里ガ浜から見た久住山が一番かっこいい

久住山避難小屋

三俣山が美しい

左へ進みます

御池がきれい

天狗が城に着きました

天狗ヶ城から見た中岳

天狗が城の頂上から落ちたら、男池までまっしぐらに落ちそう

中岳に到着

坊がつる方面

UPしてみるとテントが数張

あと何回来れるか?

三俣山

御池の先に本日のラスボス久住山

天狗ヶ城方面へUターン

きれいな花

池の小屋

これから久住山へ

疲れ切った表情

久住分かれのトイレで用を足しました。ありがたい

西千里ガ浜で再度久住山を振り返る

いつの間にか由布鶴見も見えていました

長者原のタデ湿原が黄緑できれい

牧ノ戸に下りてきた

今日も無事に下山できたことに感謝です

行きは全く見えなかった阿蘇五岳が、帰り道くっきり見えていました

九重連山も・・・

この活動日記で通ったコース

牧ノ戸峠-久住山 往復コース

  • 04:36
  • 8.9 km
  • 665 m
  • コース定数 18

まずは、牧ノ戸峠から沓掛山山頂へ。阿蘇の眺望を存分に楽しんだ後は、沓掛山を下ってなだらかな尾根道を進み、扇ヶ鼻分岐を過ぎて、ケルンの続く平坦な道を西千里ヶ浜へと向かいます。西千里ヶ浜ではコケモモ、イワカガミなどの高山植物を見ることができます。前方に久住山を望みながら、左の星生崎のすそを巻くように越えると、久住分れに着きます。石のゴロゴロした急坂を登り、空池のふちから右へと登り切ると、久住山山頂に到着です。山頂では、足元に広がる雄大な久住高原や遠くにそびえる阿蘇五岳・祖母傾の山並みをはじめとした、360度のパノラマを満喫できます。