S:美しい稜線(^^♪;別山・三ノ峰(白山山系)

2022.07.29(金) 日帰り

活動データ

タイム

09:06

距離

18.8km

上り

1906m

下り

1907m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 6
休憩時間
17
距離
18.8 km
上り / 下り
1906 / 1907 m
7
2 48
1 13
1 4
3
2 31
7

活動詳細

すべて見る

7/9に観光新道を利用して白山室堂に登りました。南龍方面に下山した時に考えていた https://yamap.com/activities/18347769 白山山系の三ノ峰・別山に本日登りました。 2年前の2020/8月には石徹白登山口から目指したのですが、途中で体調不良になったため、 三ノ峰までしか行けませんでした。 https://yamap.com/activities/7355410 負荷を緩和するため、 今回は標高差で80m少ない上小池登山口から 別山登頂を目指しました。 0:10に自宅を出発して一般道を走り 4:15に上小池駐車場に到着。 薄暗い中登山準備を済ませ出発。 刈込池方面に少し下りました。 谷川の轟音を聞きながら三ノ峰登山口に到着。 整備された概ね急傾斜の登山道を歩きました。 六本檜に出ると視界が広がり、 雲の帽子を被ったような連山が見られました。 視線を移動させるとお山の上から お日様が顔を出し、暖かな日差しをくれました。 三ノ峰避難小屋へ向かって 少しずつ標高をあげていきます。 飛騨山脈のジャンダルムに緑の衣を着せたような大きな岩の脇を抜けて進みました。 結構な急傾斜で非常に楽しい(^^)/ 周りにはお花畑が広がっていますが、 往路は登ること優先で進めて 写真撮影は最小限とする予定でした。 が、とんでもない物を発見! 何と「スケルトンのホタルブクロ」でした。 サンカヨウのスケルトンは見たこと(作った?) ことはありましたが、 ホタルブクロもスケルトンになるとは 知りませんでした。 この周りには 白色と薄紫色のホタルブクロがありました。 帰路には元に戻っている可能性があるので、 これだけは撮影しました。 が、撮り始めると周りのお花たちも 少しだけ撮ってしまい、歩行速度が鈍りました。 三ノ峰避難小屋へ到着。 整備された綺麗な小屋でトイレもあるので 宿泊も可能でしょう。 観光新道、砂防新道にも避難小屋がありました。南龍にもテン場があるので、 水を持参すれば(一部の小屋には給水場もある) 白山山系を縦走することも可能でしょう。 少しお腹を満たしてから別山へ向かいました。 稜線に沿った登山道が続き、白山御前峰も見え、実に気分良く歩けました。 が、三ノ峰を過ぎたピーク以降からは 大きなアップダウンが2つあり、 その内の1つはガレ場のある急な下り傾斜で、 時々岩もころころしていました。 それを過ぎれば、あとは別山に向かって気持ちのいい景色を眺めながら傾斜を登っていきます。 別山平には御手洗池と言う沢山の水のある 小さな池も見られました。 別山手前の登りは少し傾斜はあるものの ゆっくり目のペースで一気に登りました。 別山山頂に到着。 室堂、御前峰がくっきりと見え、 北東には大白川方面の白水湖が 青い色に見える水を沢山蓄えていました。 山頂で再びお腹を満たした後は のんびりゆっくりと お花も含めた写真撮影をしながら下山しました。 途中で鳥の鳴き声がしたので周りを見てみると、一本の枝先に鳥が停まっていました。 急いでカメラを出して撮影してから、 ふと見上げると、 既に何処かへ行ってしまっていました。 その後も お花の撮影をしながら下りていきました。 ガスが出てきて周りの景色を覆っていきました。 スケルトンのホタルブクロは 下山時に見られませんでした。 見かけた時に撮影しておいて良かった(^^)/ 直射日光が厳しく 水分補給の度合いが多くなりました。 森の中に入れば少し緩和されたものの、 夏の登山は12時までに済ますようにすべきと 改めて考えました。 ヘリコプターが何度も上空を飛んでいきます。 何かあったのかor訓練なのかは定か ではありません。 下山路途中で渓流があったので コップ数杯分飲みました。 生き返った気分(^^)/ 三ノ峰登山口に戻り、 上小池駐車場までのんびりと帰りました。 景観も良く、お花も真っ盛りに咲いていて 当初の目的も達成できて 本当に良かったと思います。 何だか 白山山系の他の道も歩いてみたくなっています。 テントを持って市ノ瀬→南龍→大汝峰→市ノ瀬の周回も面白そうです。 飛騨山脈へ入る前に やってみてもと考えています。 [ルート情報] ①上小池駐車場~三ノ峰登山口; 危険個所も無い一般的な登山道 ②三ノ峰登山口~六本檜; 登り始め標高差100mほどと六本檜手前の標高差200mほどに急傾斜がある。危険個所は無い。 ③六本檜~三ノ峰避難小屋; 稜線の登山道。 標高1600m程以降は急傾斜の岩が多い道。 避難小屋手前250mは丸石の登山道で 苔も生えていて滑りやすい。 ④三ノ峰避難小屋~別山; 大きなアップダウンが2か所ある。 その内1箇所はガレ場もある急傾斜で 慎重に進むこと。 別山手前の標高差80mは急傾斜。 [天候情報] 降雨量:0㎜ 風速:4m/s 気温:17℃ 雲量:35% 湿度:70~90% ヤマレコ版:写真多い。 https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-4530558.html

白山・別山・銚子ヶ峰 三ノ峰登山口
三ノ峰登山口
白山・別山・銚子ヶ峰 最初はこんな急な傾斜を登ります
最初はこんな急な傾斜を登ります
白山・別山・銚子ヶ峰 稜線からは雲を被った連山が見える
稜線からは雲を被った連山が見える
白山・別山・銚子ヶ峰 山の向こうからは日射が差し込む
山の向こうからは日射が差し込む
白山・別山・銚子ヶ峰 緑色のジャケットを着たジャンダルムのような岩
緑色のジャケットを着たジャンダルムのような岩
白山・別山・銚子ヶ峰 その脇を通る
その脇を通る
白山・別山・銚子ヶ峰 白樺の間を通る
白樺の間を通る
白山・別山・銚子ヶ峰 登ってきた登山道。
日の射す境目が鮮明に見える
登ってきた登山道。 日の射す境目が鮮明に見える
白山・別山・銚子ヶ峰 急傾斜に咲くお花たち
急傾斜に咲くお花たち
白山・別山・銚子ヶ峰 スケルトンのホタルブクロ
初めて見ました。
スケルトンのホタルブクロ 初めて見ました。
白山・別山・銚子ヶ峰 お花畑と進んできた登山道
お花畑と進んできた登山道
白山・別山・銚子ヶ峰 チシマノキンバイソウ
と
エゾカワラナデシコ
チシマノキンバイソウ と エゾカワラナデシコ
白山・別山・銚子ヶ峰 三ノ峰避難小屋
三ノ峰避難小屋
白山・別山・銚子ヶ峰 避難小屋から見える周辺の景色
避難小屋から見える周辺の景色
白山・別山・銚子ヶ峰 今日もオニヤンマは一緒に。
一部が壊れて挟めないけどまだまだ使えるので捨てない。
今日もオニヤンマは一緒に。 一部が壊れて挟めないけどまだまだ使えるので捨てない。
白山・別山・銚子ヶ峰 登ってきた登山道
登ってきた登山道
白山・別山・銚子ヶ峰 白山御前峰が見え始めた
白山御前峰が見え始めた
白山・別山・銚子ヶ峰 平原が広がる辺りに御手洗池が見える。あの辺りは入れない。
平原が広がる辺りに御手洗池が見える。あの辺りは入れない。
白山・別山・銚子ヶ峰 別山を目指す
別山を目指す
白山・別山・銚子ヶ峰 別山を目指す
別山を目指す
白山・別山・銚子ヶ峰 山頂到着。御前峰がすぐそこに。
山頂到着。御前峰がすぐそこに。
白山・別山・銚子ヶ峰 大白川方面の白水湖が見える
大白川方面の白水湖が見える
白山・別山・銚子ヶ峰 ミヤマダイコンソウ
と
タカネシュロソウ
ミヤマダイコンソウ と タカネシュロソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 コナスビ
と
アキノキリンソウ
コナスビ と アキノキリンソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 下山路
下山路
白山・別山・銚子ヶ峰 タカネシュロソウ
と
ハクサンフウロ
タカネシュロソウ と ハクサンフウロ
白山・別山・銚子ヶ峰 カライトソウ
と
ウツボグサ
カライトソウ と ウツボグサ
白山・別山・銚子ヶ峰 ヤマハハコ
と
アカバナシモツケソウ
ヤマハハコ と アカバナシモツケソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 ニッコウキスゲのお花畑
ニッコウキスゲのお花畑
白山・別山・銚子ヶ峰 枝に鳥が停まってた。何の鳥?
枝に鳥が停まってた。何の鳥?
白山・別山・銚子ヶ峰 ゴゼンタチバナ
と
アカバナシモツケソウ
ゴゼンタチバナ と アカバナシモツケソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 ミヤマダイモンジソウ
と
オトギリソウ
ミヤマダイモンジソウ と オトギリソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 オトギリソウ
と
ミヤマリンドウ
オトギリソウ と ミヤマリンドウ
白山・別山・銚子ヶ峰 ニッコウキスゲの群生
ニッコウキスゲの群生
白山・別山・銚子ヶ峰 ニッコウキスゲ
と
センジュガンピ
ニッコウキスゲ と センジュガンピ
白山・別山・銚子ヶ峰 ハクサンフウロ
と
マルバダケブキ
ハクサンフウロ と マルバダケブキ
白山・別山・銚子ヶ峰 ガスに包まれ始めた避難小屋
ガスに包まれ始めた避難小屋
白山・別山・銚子ヶ峰 お花畑がいっぱいに広がっている
お花畑がいっぱいに広がっている
白山・別山・銚子ヶ峰 石徹白方面
石徹白方面
白山・別山・銚子ヶ峰 ノウルシ
と
ヤグルマソウ
ノウルシ と ヤグルマソウ
白山・別山・銚子ヶ峰 オオバセンキョウ
と
エゾカワラナデシコ
オオバセンキョウ と エゾカワラナデシコ
白山・別山・銚子ヶ峰 シモツケソウ
と
何だろうか?
シモツケソウ と 何だろうか?
白山・別山・銚子ヶ峰 ミヤマコゴメグサ
と
ミヤマコウゾリナ
ミヤマコゴメグサ と ミヤマコウゾリナ
白山・別山・銚子ヶ峰 ギボウシ
と
ヨツバヒヨドリの蕾
ギボウシ と ヨツバヒヨドリの蕾
白山・別山・銚子ヶ峰 カラマツソウ
と
ハナチダケサシ(ユキノシタ科)
カラマツソウ と ハナチダケサシ(ユキノシタ科)
白山・別山・銚子ヶ峰 クガイソウ
と
ホタルブクロ
クガイソウ と ホタルブクロ
白山・別山・銚子ヶ峰 クロトウヒレン
と
タカネグンナイフウロ
クロトウヒレン と タカネグンナイフウロ
白山・別山・銚子ヶ峰 下山時の風景
下山時の風景
白山・別山・銚子ヶ峰 ヘリコプラーが何度もこの辺りを飛んでいた
ヘリコプラーが何度もこの辺りを飛んでいた
白山・別山・銚子ヶ峰 白い紫陽花
白い紫陽花

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。