グンマからの西穂日帰りピストン。主峰に立てず(>_<)

2022.07.25(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 8
休憩時間
1 時間 44
距離
7.5 km
上り / 下り
867 / 870 m
55
13
48
5
19
8
47

活動詳細

すべて見る

夏山シーズンに入って、北アルプスほかに登りたいと思うものの、お天道様のご機嫌と自分の都合がなかなかマッチせず。 てんくらで、月曜日はAの予報が出て、そのまま変わらないことを祈っていた。 しかし、Aではあるものの直前になって見晴しの悪い時間帯も発生したりしてちょっとやきもき。 でも、発雷確率が1桁のままなので行くことにした。 西穂高岳は、独標の先が危険だとかと云う書き込みを時々目にして、自分の目でも確かめたいと思っていた。 コースタイムを調べると、西穂登山口から主峰までの往復標準コースタイムが、YAMAPでは、7時間20分、ヤマケイでは8時間20分。 以前とコースタイムの評価が変わっていないのであれば、YAMAPは、「登山経験のある40代女性のペース」、ヤマケイは、「成人男性が10kgほどの荷物を背負って無理なく歩ける、休憩を含まない所要時間」とのこと。 YAMAPのコースタイムで9時出発で、ロープウェイ最終に間に合う。 標準タイムより速く歩けば問題ないと云うことで登ってみたのだが・・・ 始めの内は、予定到着時刻より前倒しで進んでいたのだが、チャンピオンピークではほぼ予定時刻どおりになってしまった。 チャンピオンピークから2峰には13分で到着。 しかし、主峰目前で弱気になってUターン。 無理はしないと云うことで。 戻りは、ゆっくり歩いたせいか、平均ペースがややゆっくりになってしまった。 雷鳥も見られたし。 水分はペットボトル6本持って行ったけど、消費は4本+ゼリー飲料2個。 群馬から、往路は3時間半ちょっと、復路は5時間弱かかった。 詳細はキャプションにて。

槍ヶ岳・穂高岳・上高地 鍋平高原の登山者用無料駐車場に停めた。山の斜面に何段か設置されていて、収容台数は結構多そう。
ロープウェイ乗り場に向かう道に、早速熊出没注意の看板があってちょっとビビった。
鍋平高原の登山者用無料駐車場に停めた。山の斜面に何段か設置されていて、収容台数は結構多そう。 ロープウェイ乗り場に向かう道に、早速熊出没注意の看板があってちょっとビビった。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 無料駐車場よりもロープウェイ乗り場に近いところに登山者専用有料駐車場あり。こちらの収容台数は100台くらいは有りそう。300円ならこっちの方が良いかも。
無料駐車場よりもロープウェイ乗り場に近いところに登山者専用有料駐車場あり。こちらの収容台数は100台くらいは有りそう。300円ならこっちの方が良いかも。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 8時にロープウェイ中間駅に到着。
既に、登山者が結構いた。
乗車券の販売は8時15分頃から。
1階で待っているひとと、2階で待っているひとがいたのだが、1階で並んでくれと言われて、2階で並んでいたひとがちょっと気の毒だった。
1階で並んで下さい等の注意喚起は特になかったような。
乗り場では、8時45分の始発が運転になる頃には、100人くらい並んでいた。平日なのに。
Web予約を有効に活用するのも良さそう。
8時にロープウェイ中間駅に到着。 既に、登山者が結構いた。 乗車券の販売は8時15分頃から。 1階で待っているひとと、2階で待っているひとがいたのだが、1階で並んでくれと言われて、2階で並んでいたひとがちょっと気の毒だった。 1階で並んで下さい等の注意喚起は特になかったような。 乗り場では、8時45分の始発が運転になる頃には、100人くらい並んでいた。平日なのに。 Web予約を有効に活用するのも良さそう。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 焼岳が見えて、ちょっと感動した。
焼岳が見えて、ちょっと感動した。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 下山届も提出させているようです。
下山届が出ていないと、後から連絡があるのかな。
下山届も提出させているようです。 下山届が出ていないと、後から連絡があるのかな。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 登山口を9時に出発。
登山口を9時に出発。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雲がかかっていて山頂は見えず。
雲がかかっていて山頂は見えず。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 西穂山荘到着。ここまでは標準タイムより30分はやく着いたのだが・・・
次回は、山荘に泊まってゆっくり登りたい。
西穂山荘到着。ここまでは標準タイムより30分はやく着いたのだが・・・ 次回は、山荘に泊まってゆっくり登りたい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 丸山から先を望む。
丸山から先を望む。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 上高地方面。帝国ホテルの赤い屋根が目立つ。
上高地方面。帝国ホテルの赤い屋根が目立つ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標が見えて来た。
独標が見えて来た。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標のUP
独標のUP
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標手前の登り。
独標手前の登り。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標(11峰)到着。
独標(11峰)到着。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標からの下りを上から。
独標からの下りを上から。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標からの下りを下から。
独標からの下りを下から。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標の次の峰(10峰?)から独標を望む。ほとんどの登山者が独標までで折り返しているようだ。
独標の次の峰(10峰?)から独標を望む。ほとんどの登山者が独標までで折り返しているようだ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ピラミッドピーク(8峰)
ピラミッドピーク(8峰)
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 チャンピオンピーク(4峰)
チャンピオンピーク(4峰)
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 チャンピオンピークには12:44に到着。山荘には予定より30分前に着いたけど、チャンピオンピークでは当初の予定の時刻になってしまっていた。
自分より先にいたひとは確かひとり。
もしかして、自分が最後?
段々弱気になって、迷ったがここでUターン。あと20分はかからなかったと思うけど。
チャンピオンピークには12:44に到着。山荘には予定より30分前に着いたけど、チャンピオンピークでは当初の予定の時刻になってしまっていた。 自分より先にいたひとは確かひとり。 もしかして、自分が最後? 段々弱気になって、迷ったがここでUターン。あと20分はかからなかったと思うけど。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 焼岳方面を見る。奥は、乗鞍岳、御嶽山。雲に隠れているけど。
焼岳方面を見る。奥は、乗鞍岳、御嶽山。雲に隠れているけど。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 真ん中右の形のよいお山は霞沢岳なのかな?
真ん中右の形のよいお山は霞沢岳なのかな?
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 戻る途中で、変な?鳴き声みたいなのが聞こえて来たので、よくみたら雷鳥だった。
戻る途中で、変な?鳴き声みたいなのが聞こえて来たので、よくみたら雷鳥だった。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ここで、ソロで主峰に向かう女性とちょっとお話を。山荘にお泊りだそうで、それなら時間はあまり気にならないか。
ここで、ソロで主峰に向かう女性とちょっとお話を。山荘にお泊りだそうで、それなら時間はあまり気にならないか。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 子が4羽いたのも確認できた。
子が4羽いたのも確認できた。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 行きは、チャンピオンピークの文字に気が付かなかった。
行きは、チャンピオンピークの文字に気が付かなかった。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 後ろに焼岳。
後ろに焼岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ジャンダルムの天使に会いたいが、夢のままで終わってしまうのか・・・
ジャンダルムの天使に会いたいが、夢のままで終わってしまうのか・・・
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 切り立った崖多数。写真では分かりにくいけど。バランスを崩さないように注意。
切り立った崖多数。写真では分かりにくいけど。バランスを崩さないように注意。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ピラミッドピークから主峰方面。
ピラミッドピークから主峰方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 主峰に2名確認。
主峰に2名確認。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 上高地方面。右端に帝国ホテルの赤い屋根が見える。
上高地方面。右端に帝国ホテルの赤い屋根が見える。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 第10峰も結構険しかった。
第10峰も結構険しかった。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 左からピラミッドピーク、主峰、PI。
左からピラミッドピーク、主峰、PI。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥に見えるのは常念岳で良いのかな?分かりません。
奥に見えるのは常念岳で良いのかな?分かりません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 独標直下の昭和42年8月の松本深志高の落雷事故の慰霊碑。
独標直下の昭和42年8月の松本深志高の落雷事故の慰霊碑。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 花を全然撮っていなかったので、少しだけ。イワギキョウ。
花を全然撮っていなかったので、少しだけ。イワギキョウ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 シナノオトギリで良いのかな・
シナノオトギリで良いのかな・

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。