火打山ようやく到達

2022.07.24(日) 日帰り

活動データ

タイム

12:40

距離

23.8km

上り

2163m

下り

2165m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 40
休憩時間
1 時間 21
距離
23.8 km
上り / 下り
2163 / 2165 m
1 52
48
41
13
20
17
1 20
1 20
16
1 25
30

活動詳細

すべて見る

昨年燕温泉から入り、妙高山→火打山の計画で途中で失敗。 今年こそは火打山の想いで笹ヶ峰登山口からスタート。 4時に駐車場着。既に第一駐車場はほぼ満車。 自分の登攀力を考え早めにキャプラン点けて開始。 入り口で入山協力金500円払う。 代わりに木製のストラップを貰える。 登山道は木道が整備されて歩きやすい。 妙高山とどちらを先に行くか考えたが、僕はしんどいのは後回しにする座右の銘があるので先に火打 に向かう。 高谷池ヒュッテ着。テント場も広くて賑わっている。 トイレをお借りしたがとても綺麗。100円払う。 この後火打ちから戻った際も利用。追加100円。 簡易トイレが途中にあったが、我慢できるならここを利用された方が気持ちよくできる。 「天狗の庭」付近の池塘がとてもきれいで素晴らしい。 なんじゃこのロケーションは・・・別天地だ。 火打山への登りもかなり木道で整備されており登りやすい。 火打山の頂上は木の看板と祠のあっさりした感じ。 雲がかかって下界はほぼ見えず。 高谷地ヒュッテに戻り、バッチ購入(800円) 素泊まり7,000円(市内の方6,000円)の様だ。 建物内部も綺麗で良いヒュッテだ。 黒沢地ヒュッテヘ向かう。 途中ほとんどスライドすることがなかった。 今日はやけに人が少ないなと考えてたら、ヒュッテのベンチにもお客さんおらず。 去年はデポして妙高山へ向かう方達の色とりどりのザックがところ狭しと20個以上有ったのが、日曜日だからなのか今日は3個。 僕の苦手なグチャグチャ大倉乗越を通って妙高山へ。 長助池分岐へのトラバースも足場が不安定で怖い。 分岐からは少々の雪渓を登って南峰まで1kmの急登。 わかっっててもここが一番厳しい。 妙高山頂では燕温泉や赤倉から来られた方で賑わっていた。 ご厚意で写真撮っていただきました、ありがとうございました。 ここからまた黒沢池ヒュッテへまた降りる。 12時過ぎているからか登ってこられる人もほとんどおらず。 ヒュッテから笹ヶ峰登山口までは池塘のある湿原帯を綺麗に整備された木道に沿って進む。 だだっ広い湿原帯で風が吹いて暑くもなく周りに人もおらず、なんじゃこれはめちゃくちゃ癒やされるやんと思いながら歩く。 下りはほぼ木道整備されててペースも快調。 令和3年にかなり整備されてました。 帰りに日帰り温泉「苗名の湯」で汗流す(大人500円) ぬめりがあって良い泉質。 去年火打まで行けなかったので達成感ある一日でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。