花と池塘を見に会津駒ヶ岳・中門岳へ

2022.07.24(日) 日帰り

活動データ

タイム

08:03

距離

16.3km

上り

1440m

下り

1439m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 3
休憩時間
1 時間
距離
16.3 km
上り / 下り
1440 / 1439 m
7
2 40
12
31
44
1 49
16

活動詳細

すべて見る

そろそろ、北アルプスへと、テント泊を金土日、もしくは土日月で計画したが、北アルプス方面は金土は天気良くないようなので中止。日曜の日帰りで中央道方面だと、帰りの渋滞が嫌なので他のエリアを考えた。今年は、まだ花見登山もできてない。そこで、まだ登ったこともないし、会津駒ヶ岳へ行くことにした。 ただし、会津駒ヶ岳へ、自分の運転でアクセスするのは大変そうなので、毎日あるぺん号の夜行バスを利用することにし、天気予報も問題ないことを確認してから、金曜夕方に予約した。 新宿都庁下の駐車場から出発。バスは、ほぼ満席だった。翌朝4:30頃、尾瀬檜枝岐の道の駅に到着。ここから登山口まで車道を歩き、登山開始。 登山道の最初は、ブナ林のためか土が湿って滑りやすかった。やがて、マイズルソウ、イワカガミ、ゴゼンタチバナ等の花が出てきた。樹林帯を抜けて、満開と言うわけではないが、チングルマ、ハクサンコザクラ、ワタスゲ等の多数の花を見ることができた。展望のない会津駒ヶ岳山頂を越えた頃から晴れ間も出てきた。 ここから、本日のハイライトである中門岳への天空の山歩き。池塘、花を満喫しながら気持ちよく歩き、中門岳へ。 中門岳で早めの昼食を取った。今回、帰りのバス時間から時間的に余裕があるので、昼食は、トマトパスタを作った。準備を始めたところ、周りの登山者から、作るのですね?と注目を浴びてしまい、少し困ったが、トマトパスタのランチをした。昼食後、来た道を戻った。 帰りは、会津駒ヶ岳は巻き道を通ったが、巻き道の木道は非常に滑りやすく、1回滑ってしまった。「必ず滑ります」の注意看板があった。その後、駒の小屋に寄ってから下山した。 下山後、道の駅で温泉、温泉後にビールと天ざるそばを食べてから、帰りのバスに乗って帰宅した。 満足の登山だった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。