御在所岳・雨乞岳お気に入りの周回コースへ

2022.07.24(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:26

距離

14.4km

上り

1449m

下り

1446m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 26
休憩時間
22
距離
14.4 km
上り / 下り
1449 / 1446 m
1
1 8
2
10
15
3
50
20

活動詳細

すべて見る

日曜日は広範囲にいい天気の予報☀本当なら信州まで遠征したいところだが、午後から仕事があり、正午には自宅に戻る必要あり。ということで、お気に入りの御在所岳、雨乞岳半日周回コースへ。 久しぶりに中道からイン。今年覚えた富士見尾根を経由して、アルパイン気分も楽しむ☺天気は素晴らしく、展望もバッチリで、鈴鹿の山に登っているのがもったいないくらい。 三角点からは愛知川へは、いつもは上水晶谷経由で下るが、今回距離の短い北西尾根で下ってみてタイムを比較してみる。結果は5分ほど北西尾根の方が時間がかかった。ピークへのアップダウン、急斜面で慎重に下りる箇所もあり、時間がかかるのだろう。 誰も刈り取ってくれない雨乞岳名物、笹の藪漕ぎの試練もあり、雨乞岳、武平峠を経て下山。雨乞岳から武平峠までの沢道は不思議とヒルがいなくて助かる。 低山は暑すぎ🥵で4,5時間で済ますのがちょうどいいですね👍

御在所岳(御在所山)・雨乞岳 中道駐車場は5:45の時点で残り3台。皆さん、行動が早いっ‼️
中道駐車場は5:45の時点で残り3台。皆さん、行動が早いっ‼️
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 お気に入りの中道ルートも久しぶり。
お気に入りの中道ルートも久しぶり。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 五合目からの鎌ヶ岳もいい👍
五合目からの鎌ヶ岳もいい👍
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 富士見尾根には、ここを登って行くのですが、前回より難航💦
富士見尾根には、ここを登って行くのですが、前回より難航💦
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 上がってしまえば絶景が待っている👍
上がってしまえば絶景が待っている👍
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 鎌ヶ岳、入道ヶ岳、雲母峰そろい踏み。
鎌ヶ岳、入道ヶ岳、雲母峰そろい踏み。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 なかなかいい天気🌞釈迦ヶ岳の奥にうっすら白山が見える。養老山脈の奥にもかすかに御嶽山や乗鞍岳らしき峰々も。
なかなかいい天気🌞釈迦ヶ岳の奥にうっすら白山が見える。養老山脈の奥にもかすかに御嶽山や乗鞍岳らしき峰々も。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 笹ヤブを抜け富士見岩に合流。
笹ヤブを抜け富士見岩に合流。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 レストランアゼリアの跡地は簡易展望テラスに。
レストランアゼリアの跡地は簡易展望テラスに。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 ここからも鎌、入道、雲母が見えるが、富士見尾根からの角度の方がGood👍
ここからも鎌、入道、雲母が見えるが、富士見尾根からの角度の方がGood👍
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 望湖台から雨乞岳、イブネ方面を望む。
望湖台から雨乞岳、イブネ方面を望む。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 久しぶりに晴天の御在所岳三角点。
久しぶりに晴天の御在所岳三角点。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 この碑の裏から北西尾根へ。
この碑の裏から北西尾根へ。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 御在所岳西峰は一応ピークっぽい。
御在所岳西峰は一応ピークっぽい。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 御在所岳北西尾根っていうピークはないでしょう⁉️ここはあくまでも尾根上のP1066
御在所岳北西尾根っていうピークはないでしょう⁉️ここはあくまでも尾根上のP1066
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 愛知川のルートに合流。三角点からここまで39分。若干ルートミスがあったのを割り引いても約36分。以前、上水晶谷経由で下りた時は約30分だったので、北西尾根ルートの方が時間がかかることが判明。
愛知川のルートに合流。三角点からここまで39分。若干ルートミスがあったのを割り引いても約36分。以前、上水晶谷経由で下りた時は約30分だったので、北西尾根ルートの方が時間がかかることが判明。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 絵になる杉峠‼️
絵になる杉峠‼️
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 どこに道あるの❓雨乞岳名物、笹の藪漕ぎは解消されず😭
どこに道あるの❓雨乞岳名物、笹の藪漕ぎは解消されず😭
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 雨乞岳到着
雨乞岳到着
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 綿向山方面を望む
綿向山方面を望む
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 東雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳方面
東雨乞岳、御在所岳、鎌ヶ岳方面
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 東雨乞岳への稜線が気持ちいい。直射日光でめっちゃ暑いけど🥵
東雨乞岳への稜線が気持ちいい。直射日光でめっちゃ暑いけど🥵
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 東雨乞岳到着
東雨乞岳到着
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 イブネ、御池岳方面を望む。
イブネ、御池岳方面を望む。
御在所岳(御在所山)・雨乞岳 沢沿いの道は陽もあたらず、風が通ると涼しく感じる🎐
沢沿いの道は陽もあたらず、風が通ると涼しく感じる🎐

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。