またまた山頂まっしろけ😂 日帰りで赤岳、阿弥陀岳🍦🍦🍦

2022.07.23(土) 日帰り

活動データ

タイム

11:04

距離

15.3km

上り

1685m

下り

1453m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
11 時間 4
休憩時間
1 時間 7
距離
15.3 km
上り / 下り
1685 / 1453 m

活動詳細

すべて見る

初の八ヶ岳、赤岳と阿弥陀岳に挑戦してきました❗ 行者小屋あたりまでは晴天だったのですが、またまた山頂はまっしろけ。 そのほかにもいろいろやらかしており、前回以上のやらかし山行となっております😂 美濃戸口からのアクセスだと美濃戸山荘付近まで自家用車でアクセスするのが一番便利かと思いますが、夜行バス🚌での山行も一度経験しておこうと思い、毎日あるぺん号を使用しました。 で、実は当日いまいち調子がよくなかったのですが、キャンセル料50%ケチりまして、玉砕覚悟で突撃して案の定ぼっこぼこにされました🤣 終始ペースがあがらず、帰りのバスに全然間に合わず、タクシー🚖&あずさ🚄で追加出費💸 手痛い授業料を払う羽目になりました😅 ただ、今回の山行はいままで自分が経験してきた山域とは全く違う、新しい経験をたくさん積むことができました。 十分に元はとっていると強がっておきます😤 八ヶ岳は懐が深すぎてどこから手を付けたものかという感じですが、これからもどんどんチャレンジしていきます❗️ 1️⃣美濃戸口~美濃戸山荘 できればもう歩きたくないですねー😅 悪路と聞いていましたが、軽自動で向かわれる方もいらっしゃいました。 自己責任にはなりますが、一般的な車高の普通乗用車であれば気を付ければ大丈夫かなーと。 2️⃣美濃戸山荘~行者小屋(南沢ルート) とても整備された歩きやすい登山道でした。 苔の世界がとても美しくとても癒されながら歩きました。 復路は赤岳鉱泉でカレーでも食べてから北沢経由で戻ってこようと思っていたのですが実現できずでした。。。 体調普通だったらプラン的には行けたと思うんですけどねー😅 もともとは横岳、硫黄岳も見据えていたので結果少しいびつなルートになってしまいました。 3️⃣行者小屋~阿弥陀岳~赤岳~行者小屋 これまでの山行経験で赤岳、阿弥陀岳のように岩や梯子を上って一気に標高を上げるという経験がなかったので、ビビりながらも楽しんで登ることができました。 特に気を使ったのが浮石と落石です。 下山時も自分が落石させないように降りるので、通常の下山よりも時間がかかってしまうというか。。。 あと、やはりヘルメット着用は必須だと思いました。(ほとんどの方は着用されていましたが) 🟦交通情報 🚌毎日あるぺん号 7/22(金) 毎日あるぺん号 往/甲斐駒・八ヶ岳 ☆出発 竹橋発 ☆行 竹橋23:00出発⇒②美濃戸口4:30頃(4:10到着) 7/23(土) 毎日あるぺん号 復/中房・八ヶ岳発 ☆出発 中房発八ヶ岳経由発 ☆行 美濃戸口15:40出発⇒ 新宿西口 合計 12,000円 でしたが、帰りのバスに間に合わずタクシーと電車を利用しました。 電波が入らずキャンセルの電話ができなかったのですが、10分ほどお待ちいただいたようで大変失礼しました。 🚖タクシー 八ヶ岳山荘~茅野駅 6,060円 🟦装備など ⚖️ザック重量:パッキング9.5kg(水1.8L、食料1000g) 行者小屋水場で行き帰りで計1.5L 赤岳展望層で麦茶600ml 500円 水場が多いので次はもう少し計画的に補給したいです。 帰りの着替えとか入ってるのでパッキング重めです。 🥾靴:ALTRA OLYMPUS 4 & ホシノ B+LDe Long Distance トレランシューズでも登れましたけど、赤岳、阿弥陀岳の登頂時は底の硬めの靴のほうが登りやすい歩きやすいと思いました。 あと、これだけ岩場、ガレ場が多いと底の柔らかい靴は傷みが早そうです。 🟦その他 前回の課題で早朝開始の登山の寝不足問題がありましたが、夜行バスでは改善しませんでした。 サービスエリアや道の駅での休憩、途中下車時にいちいち目が覚めてしまうので結局熟睡はできません。 やはり大事な登山の時は前泊ですかねー。 あと、深刻なまっしろけっけ問題ですが、とりあえずもうアルプス、八ヶ岳は日帰りやめようと思います😂

八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 竹橋の毎日新聞社前から毎日あるぺん号に乗車します🚌
各方面の乗車客で大変にぎやかでした
受付近くにファミマがありました
竹橋の毎日新聞社前から毎日あるぺん号に乗車します🚌 各方面の乗車客で大変にぎやかでした 受付近くにファミマがありました
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中はこんな感じ
中はこんな感じ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ほんとはザックは預けないといけないのですが、運よく隣が空席だったので持ち込みOKでした✌️
ほんとはザックは預けないといけないのですが、運よく隣が空席だったので持ち込みOKでした✌️
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 八ヶ岳山荘に4:10頃到着しました
予定より20分ほど早いです
八ヶ岳山荘に4:10頃到着しました 予定より20分ほど早いです
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 身支度を整えて登山開始
身支度を整えて登山開始
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 美濃戸までは未舗装の車道を1時間程度歩きます
ここ往復しないといけないのはかなりしんどいですね。。。
美濃戸までは未舗装の車道を1時間程度歩きます ここ往復しないといけないのはかなりしんどいですね。。。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳山荘到着!
赤岳山荘到着!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 水量豊富です
水量豊富です
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 美濃戸山荘到着!
水場、トイレがここにもあるので、準備はここで整えればいいんですね
美濃戸山荘到着! 水場、トイレがここにもあるので、準備はここで整えればいいんですね
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 南沢ルートを進みます!
南沢ルートを進みます!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行者小屋までずーっと苔の美しい樹林帯を進みます
行者小屋までずーっと苔の美しい樹林帯を進みます
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ここが一番の急な登りだった気がします
あとは傾斜が緩やかな整備された道を進みます
ここが一番の急な登りだった気がします あとは傾斜が緩やかな整備された道を進みます
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) さすが八ヶ岳、大渋滞です!
さすが八ヶ岳、大渋滞です!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) お日様出てきました☀
この時は今日はいける!って思ったのですが😂
お日様出てきました☀ この時は今日はいける!って思ったのですが😂
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳、横岳を確認!
赤岳、横岳を確認!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行者小屋到着!
行者小屋到着!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 水場で補給します
八ヶ岳は補給場所がたくさんあるので、水は必要最低限でよさそうですね
水場で補給します 八ヶ岳は補給場所がたくさんあるので、水は必要最低限でよさそうですね
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これから向かう阿弥陀岳!
これから向かう阿弥陀岳!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 分岐を阿弥陀岳方面へ
分岐を阿弥陀岳方面へ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ガレガレの道を進みます
ガレガレの道を進みます
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 阿弥陀岳直下の分岐に到着
大迫力なのですが、写真では伝わらないですね😅
たまらずザックをデポして登りました
阿弥陀岳直下の分岐に到着 大迫力なのですが、写真では伝わらないですね😅 たまらずザックをデポして登りました
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 振り返ると圧巻の赤岳!!
あれ⁉なんか雲がかかり始めてますね💦
振り返ると圧巻の赤岳!! あれ⁉なんか雲がかかり始めてますね💦
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 阿弥陀岳山頂❗
阿弥陀岳山頂❗
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雲海が美しい
と言っておきましょう😅
雲海が美しい と言っておきましょう😅
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 下山後、少し進んでから振り向きざまの阿弥陀岳
こっちの写真のほうが全容がみえます
下山後、少し進んでから振り向きざまの阿弥陀岳 こっちの写真のほうが全容がみえます
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳と横岳
赤岳と横岳
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳からみた赤岳
中岳からみた赤岳
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中岳のコル到着
いよいよ赤岳に登頂です!
中岳のコル到着 いよいよ赤岳に登頂です!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 途中から岩場になりますが、高度感はさほどなく浮石、落石に注意すれば問題ないと思いました
途中から岩場になりますが、高度感はさほどなく浮石、落石に注意すれば問題ないと思いました
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) あと少し!
あと少し!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) もうひと踏ん張り!
もうひと踏ん張り!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳山頂❗❗️
まっしろすぎで今回もなかったことにするレベルですね😂
赤岳山頂❗❗️ まっしろすぎで今回もなかったことにするレベルですね😂
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 「さっきまで快晴だったのに、おまえがちんたら登ってるからだろ」
って聞こえた気がします😂
また来ますんで!!
「さっきまで快晴だったのに、おまえがちんたら登ってるからだろ」 って聞こえた気がします😂 また来ますんで!!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) いやーひどいなぁ
いやーひどいなぁ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 赤岳は山頂もガレガレで歩きにくかったです
赤岳は山頂もガレガレで歩きにくかったです
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) はじめましてー🙏
地蔵尾根から下山です
はじめましてー🙏 地蔵尾根から下山です
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ここ降りるのもなかなか普通にしんどかったです
ここ降りるのもなかなか普通にしんどかったです
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 行者小屋到着!
バスの時間が2時間後に迫っているので急ぎます💦
行者小屋到着! バスの時間が2時間後に迫っているので急ぎます💦
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 美濃戸山荘到着!
自分でもびっくりするほどペースがあがらず、結局バスには間に合わず😱
計画は美濃戸口まででしたがここで今日の山行は終了~
今日はダメな日
もうタクシーでいいやー🤣
美濃戸山荘到着! 自分でもびっくりするほどペースがあがらず、結局バスには間に合わず😱 計画は美濃戸口まででしたがここで今日の山行は終了~ 今日はダメな日 もうタクシーでいいやー🤣
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 突然すぎますが、ここから急遽ソフトクリームの食べ比べ大会をすることにしました🤣
🍦美濃戸山荘のソフトクリーム 500円
バニラとストロベリーのミックス
ほかにもチョコとかあったと思います
なんか少なく見えますがコーンのなかまでぎっしり詰まっています!
少し硬めの食感😋
突然すぎますが、ここから急遽ソフトクリームの食べ比べ大会をすることにしました🤣 🍦美濃戸山荘のソフトクリーム 500円 バニラとストロベリーのミックス ほかにもチョコとかあったと思います なんか少なく見えますがコーンのなかまでぎっしり詰まっています! 少し硬めの食感😋
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) キンキンに冷えたこいつも!
キンキンに冷えたこいつも!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 続いて赤岳山荘🏠
続いて赤岳山荘🏠
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) マンモス😷
マンモス😷
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 350円と先ほどよりお安いです
350円と先ほどよりお安いです
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 抹茶を発注🍦
カートリッジから作るタイプのようで固めの粘り気のある食感でした😋
抹茶を発注🍦 カートリッジから作るタイプのようで固めの粘り気のある食感でした😋
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 最後はやまのこ村🏠
門柱のごとくソフトクリームの看板🍦🍦があり、明らかに他の山小屋よりも押してる感があります😂
最後はやまのこ村🏠 門柱のごとくソフトクリームの看板🍦🍦があり、明らかに他の山小屋よりも押してる感があります😂
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) バニラ発注🍦(ていうかバニラ一択) 450円
ふんわり甘すぎずさっぱり王道のソフトクリームでした!😋
コーンのなかはスカスカでしたが、他の山小屋よりも高さがあるのでそこは問題ないでしょう😂
バニラ発注🍦(ていうかバニラ一択) 450円 ふんわり甘すぎずさっぱり王道のソフトクリームでした!😋 コーンのなかはスカスカでしたが、他の山小屋よりも高さがあるのでそこは問題ないでしょう😂
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 置いてあったパンフレットみたら、ほんとにソフトクリーム押しでした😃
置いてあったパンフレットみたら、ほんとにソフトクリーム押しでした😃
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 結局17:00過ぎに八ヶ岳山荘に到着!
ほんとに最後の車道はもう歩きたくはないですねー😅

ソフトクリーム🍦ですが、赤岳山荘と同じっぽいカートリッジ式の機械だったのでここでは食べませんでした
結局17:00過ぎに八ヶ岳山荘に到着! ほんとに最後の車道はもう歩きたくはないですねー😅 ソフトクリーム🍦ですが、赤岳山荘と同じっぽいカートリッジ式の機械だったのでここでは食べませんでした
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 18:00にタクシーの配車をお願いして日帰り入浴に入りました♨
500円
脱衣所に100円のコインロッカーあり
なお、温泉ではありません
18:00にタクシーの配車をお願いして日帰り入浴に入りました♨ 500円 脱衣所に100円のコインロッカーあり なお、温泉ではありません
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) タクシーをまってると見事に晴れてますねー☀
山頂はきれいだろーなぁ🙄
タクシーをまってると見事に晴れてますねー☀ 山頂はきれいだろーなぁ🙄
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) タクシー到着🚖
ちょうど同じタイミングで茅野駅に向かう方がいらっしゃったので割り勘ですみました✌️
タクシー到着🚖 ちょうど同じタイミングで茅野駅に向かう方がいらっしゃったので割り勘ですみました✌️
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 茅野駅到着!
おつかれさまでしたー
茅野駅到着! おつかれさまでしたー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。