親子高所トレ。ガスの日光白根山とトラベルハイク

2022.07.23(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:25

距離

8.6km

のぼり

794m

くだり

795m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 25
休憩時間
43
距離
8.6 km
のぼり / くだり
794 / 795 m
1 47
50
30
1 4

活動詳細

すべて見る

息子の富士山登山に向けた(恐らく)最後の登山。 ある程度の距離や小屋泊登山はしてきたものの、実は標高2000mを超える山にはまだ登っていない。 ということで、高所登山を経験するためお手軽に登れる関東地方最高峰の日光白根山へ親子ハイク。 (自分はちゃっかり先週南アで3000mトレーニング済) 登山天気もてんくらも、晴れではないが指数はA~Bの曇り。登ることは可能だろうと丸沼高原へ向かう。 道の駅尾瀬かたしなを過ぎたあたりから、ちょっと雲行きが怪しい…。雲が分厚い。そしてやや霧雨の気配。 ロープウェイ営業開始の少し前に駐車場着。準備をしているとそこそこの雨…。 しかし雨雲レーダーを見ると20分もあれば雨は上がりそうなのでチケット売り場へ! 駐車場は一番近いところで半分強程度。7時40分頃のチケット売り場は行列無しでさくさく! ロープウェイは1組づつ乗車になるので多少待つがそれでも数分で乗れた。 相変わらずの雨だが、遠くの方ではやや晴れ間も見える。ロープウェイで息子のテンションも上がってきた。 一昨年キャンプをした丸沼高原スキー場を眼下に眺めつつ山頂駅へ向かう。途中カモシカを発見!遠くてちゃんと見えなかったが…息子大興奮。 山頂駅に着くと雨はほぼ止み登るのに問題はなさそう。 軽く準備体操をしたらさっそくスタート。 まずは樹林帯の遊歩道。昨晩雨がかなり降ったが、歩道上は泥濘もなく歩きやすい。 息子は1ヶ月以上ぶりの登山なのでやや苦しそう。やはり1ヶ月も登らないと子どもでも登山筋は衰えるか…。2000m超え初めてだしな。 歩いているときは平坦箇所多い印象だったが、あとから記憶見ると3kmで600m弱高度を上げるので、そこその上りだったんだな。血ノ池地獄との分岐までは割とゆったり、そこからはそこそこ上げていく感じ。 でも、大きな段差や急な坂があるわけじゃないので脚に疲労は溜まらない。 血ノ池地獄の看板を見た息子は気になりすぎてやかましいので、下山時に寄っていくことにして先を進む。 七色平との分岐を過ぎたあたりからは道も狭くなり登山道感が増してくる。上りも少しきつめなるためか、列が詰まり気味に。 しかも休めるような場所も全然無いので実は山不慣れな人には向いていない説ある。 途中ロープの外、登山道から外れて休憩している人結構いたけど、踏まれた植物が復活するまで何年もかかることもあるので止めよう。 1時間ちょっとで森林限界。ロープウェイ止まるレベルじゃないものの、風が強く陽も出ていないのでちょっと寒い。 ガスのせいで未だ山頂は見えず、しかしここからは30分もかからないので頑張って歩く。 風でたまに息子が煽られるので、この先のやや岩も考慮して簡易ハーネスと補助ロープをつないで歩く。 山頂手前の鞍部からですらはっきり見えない山頂。ガスごしの急斜面だけ雰囲気分かるのでややビビる息子。ルート間違えなければ小学生でも余裕なんだけどね。 いざ登れば「全然だったね」と調子乗ってた。 山頂エリアは休憩する人でやや混みなものの、山頂標柱の撮影待ちがあるわけでもなく適度具合。 ちょい狭いので、少し降りたところで風を避けながら軽めの休憩。 ここまで寒いと思わなかったので、今日はおにぎりしか持ってきておらず…。息子が寒いと言うのでとりあえずお湯だけ沸かして飲ませる。あとテンション上げるためにグミを食べる。 あまり休憩長引くと体が冷えてしまうので、さくっと下山開始。 といっても、ここから五色沼方面に回るので今日は下山の方が長い。 奥白根神社の分岐から五色沼方面へ降りる。 一気に人は減り、たまにガスに囲まれ不安になる…。登山道見えているから大丈夫だけど。 ここの下りは大きめな段差がたまにあり、子どもは少し歩き辛いかも。樹林帯まで降りればあとは難しいところもなく少し歩いて五色沼に到着。 ガスがあるので幻想的な雰囲気。ここで休憩している人もそこそこいた。手頃な岩に腰をおろして我々も小休憩。 お菓子を食べ、写真を撮ったらまたスタート。少し登り返しで弥陀ヶ池へ向かう。 ここで問題が…。息子が落とし物に気付く…。 数ヶ月前に高尾山で買ったお気に入りの天狗の鈴。ザックにつけていたはずが無くなっている…。 やや泣く息子。まあ落としたものは仕方ない。むしろ山にごめんなさい…。これからゴールまでに見つけたゴミは拾って帰ろう。 テンション下がった息子に血ノ池地獄見に行こうと鼓舞しながら何とか歩く。 弥陀ヶ池も少しの立ち休憩でスルー。ここからは樹林帯の中200mちょっとのがっつり下り。 楽しいスポットもなく、ただ足元を気をつけながら下る。石や岩が多いが、濡れていても滑ることはなかったので、歩きづらさはない。人も少ないので歩きやすいと思うが、ちょっとさみしい。 七色平との分岐まできたら、あとは軽い遊歩道。 分岐は血ノ池地獄方面へ進み5分立たずに血ノ池地獄分岐。ここは分岐に進み登りと同じルート方面へ進む。 そして血ノ池地獄…! 看板を読むとなかなか怖い。というかなんというか。池は思ったより水溜り感。 あとは広めでほぼ平坦な遊歩道をロープウェイ方面へ歩いてゴール。 ロープウェイで下へ降りると晴れ間が…。 下山後まずは座禅温泉。ロッカー的にはあまり混んでいないようだが、風呂は1つしかないので、空いているわけでもなく。露天風呂あればいいのにな。 温泉を出たら、一昨年乗って楽しかったサマーリュージュへ! 息子まさかのスタート5秒でコースアウトからの1m程度芝の急斜面を転げ落ちるアクシデント…。 怪我はなくてよかった…。山で無傷でここで怪我とかしたら洒落にならん。 その後は道の駅尾瀬かたしなに寄って、おやつを食べ、尾瀬の湧き水を汲んで帰路へ。 天気だったり都合だったりで息子は1ヶ月以上空いてしまった登山。 GWあたりの方が歩けていた感は否めないが、とりあえず高所に少しでも慣れる山にこれてよかった…。 とはいえ、富士山はさらに1000m以上高い。宿泊予定の小屋ですら3000m超え。 不安はあるが、できるだけ準備はしたので、あとは晴れるよう祈るのみ!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。