井原山へキツネ狩り

2022.07.23(土) 日帰り

活動データ

タイム

04:55

距離

9.7km

上り

826m

下り

827m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 55
休憩時間
35
距離
9.7 km
上り / 下り
826 / 827 m
32
1 30
1 26
8
39

活動詳細

すべて見る

この時期恒例(と言っても私は2回目だが) 井原山でキツネ狩り! 目覚ましをかけ忘れて、 予定より1時間遅れでキトク橋到着。 6時前ですでに駐車場はほぼ満車。 元々駐車台数が少ないので仕方がないね。 アンノ滝経由で山頂〜水無登山口と 歩いてきたけど、下りではまあ人が多い事。 こんなに登山者とすれ違ったのは初めて。 あとはやはりカメラ装備の人が多かった。 割と裸で持ち歩いている人がたくさんいたので、 転んだりしたら大変じゃないかな〜? とか、勝手に心配してしまうわけで。 私の一眼レフ一式はお蔵入りになって久しく、 子どもが産まれてからというものほとんど 使っていない。 出かける時に荷物になるのと、 iPhoneカメラの性能が良すぎる為である。 子どもの手が離れてゆっくり時間が 持てるようになったらまたいじる予定。 まあ、それはさておき、 肝心のキツネさんは7〜8分咲きと いったところだろうか。 つぼみもまだかなりあるし、 終わったものもあるみたいで、 一面オレンジというわけにはいかなかった。 それでも山の緑に映えるキツネさんは やっぱり美しい。 今回は逆回りで下りにキツネ狩りをしてみたが、 気づいたことがひとつ。 群生地は登りの時に見たほうが、 絶対テンション上がる! 体力勝負の登りで、 途中にこの綺麗な景色を見る方が 癒しのパワーを得られそう。 ただ、問題は群生地過ぎた後に 急登が待っているという・・ 裏を返せば下山間近で見られるのも 頑張って登ったご褒美的というか、 時間も気にせず見られるのも良くはある。 結局のところお好みでどうぞというところか。 来週末くらいまでは見頃と思うので、 天気次第ではあるが是非とも家族を連れて 見にきたい場所である。 ↓↓以下、活動日記ではなく   今回の山行における自らの反省点3つ。 ①シャリバテ(だと思う)しそうになった事  普段から夜はあまり炭水化物を食べない  (晩酌することが多いので)  なので前日にとった炭水化物は仕事の  昼休み中(うどん1玉程度)  当日の朝はコンビニで買った巻き寿司を  少し食べたくらい。  登りはじめて1時間くらいだったが、  急にものすごく体がだるくて  足が重たくなった。    1ヶ月くらい山に登ってなかったので  体力落ちたなーと思っていたが、  それにしてもだるい。  もしかしてと休憩して、  行動食に持ってきていたバナナを1本食べる。  するとたちまち回復し元気に。  登りなのでキツイのは変わらないが  体の重さはなくなって、  なんとなくぼーっとしていた頭も  スッキリした。  結果的にエネルギー不足のところに  急激な運動で血糖値が下がったのでは  ないかと推測。 ②グローブを忘れてしまった事  スリップして手をついた際、  切り傷を作ってしまった。 ③充電コードを間違えた事  モバイルバッテリーはあれども  iPhoneのライトニングケーブルではなく  microUSBケーブルを持ってきてしまった。  オマケに充電出来ずにiPhoneは  バッテリー切れしてしまった。 ①は登山前のエネルギー管理について、 改めて考えさせられた。 慣れからくる油断だと思う。 登山は自分で考えるよりもかなりの エネルギーを消費する。 前日や当日の適切な食事、 行動食の大事さを再認識することができた。 鮎美ちゃんもカーボローディングしてたしね! あと②はともかく、③はマズイ。 今回はほぼ下山終了前だったので良いが、 これが登りの際や悪天候時、 バッテリーの持ちが悪い冬場なら尚の事。 スリープモードにしておけば バッテリーの持ちは上がるが、 軌跡飛びの原因になったりするので なるべくアプリを立ち上げたまま歩いている為、 バッテリー消費が早いのも原因。 今回はオオキツネノカミソリを見られて 良かったが、学びも多い山行となった。

活動の装備

  • パーゴワークス(PaaGo WORKS)
    スイッチ
  • パーゴワークス(PaaGo WORKS)
    SNAP
  • キャラバン(caravan)
    C1-02S ブラウン
  • パーゴワークス(PaaGo WORKS)
    BUDDY 22

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。