八ヶ岳全山縦走1泊2日

2022.07.18(月) 2 DAYS

活動データ

タイム

20:33

距離

38.0km

上り

3977m

下り

3985m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 5
休憩時間
13
距離
20.1 km
上り / 下り
2671 / 1975 m
1 47
12
30
1
12
13
14
57
14
21
12
13
25
21
1
1
12
3
47
17
50
DAY 2
合計時間
8 時間 28
休憩時間
12
距離
17.9 km
上り / 下り
1305 / 2009 m
10
20
22
27
11
3
1 27
18
19
38

活動詳細

すべて見る

観音平P→蓼科山と八ヶ岳を南北に縦走してきました。 初八ヶ岳です。 前日夜に観音平の駐車場まで移動、4時間ほど眠って、3時にスタート。 真っ暗闇の樹林帯を進みまずは編笠山へ。 地味にきつい登りの先には綺麗な朝焼けと富士山が見れました。 青年小屋を経由して権現岳へ。 この辺りはガレ場が多く、歩きにくかったです。 そしてキレット小屋(営業休止中)を経由して赤岳へ。 ガレ場や鎖場、梯子など楽しい登山道でした。 山頂から見える阿弥陀岳への稜線は見事で、歩いてみたくなりましたが、今回は時間の都合上巻きました。 人の多さもあり、早々に赤岳山頂を後にして横岳へ。この辺りはずっと稜線歩きでとても気持ちよかったですが、終始ガスと風が強く、体力奪われました。 ケルンと火山口の迫力のある硫黄岳、根石岳を経由して、東天狗だけへ。この辺りの稜線も最高でした。 中山峠を経由して高見石小屋まで進み、テント泊しました(600円) 翌朝は朝から雨と強風。 進むべきか下山するべきか迷いましたが、北八ヶ岳に入り樹林帯歩きが長くなることと、エスケープルートもあることから、行けるところまで行こうと3時過ぎに出発。 雨の中暗闇の樹林帯歩きはなかなかスリルがありました。 茶臼山、縞枯山、北横岳までは風のみで、さほど雨は降っていませんでしたが、亀甲池あたりから本降りに。 久しぶりに全身びしょ濡れになりました。 雨でツルツル滑る蓼科山を登り、7合目登山口へ下山。そのまま白樺国際スキー場まで歩いて降り、日帰り温泉と思いましたが、まさかのお休み… 知り合いが車で迎えに来てくれ、観音平まで送り届けてくれました。感謝です。 阿弥陀岳や西岳、雨池山などは巻いてしまったので、全山!と言い切っていいかは微妙な所ですが、主脈に位置する山は歩けたので、満足しました! 今度は晴れた日にまた歩きたいルートでした! 次は八子が峰、白樺湖まで!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。