大崩・十二湖・日本キャニオン

2015.10.25

活動詳細

詳しく見る
前から十二湖の紅葉を見たいと思っていたので、悪天候予報にも関わらず出かけてきました。 まずは、大崩(694m)登山。 登山と言うよりハイキング的な要素が強いが、道は急登もあり、粘土質ですべりやすいところもあるので、足元には十分気を付けたいところ。 崩山(940.2m)がピークであるが眺望がないらしいのと、ときどきアラレが降ってきたりしたのでピークは目指さず(笑)。 大崩の展望は海側180度パノラマが望める絶好のポイント。 足元から切れ落ちる高度感は気持ちイイ?悪い? 下山までにすれ違った人は、監視員の方含めて2名のみでした。 十二湖散策。 軌跡データにはないが、見ごたえのありそうな王池周回を試みた。 紅葉もまだ残っており、ところどころ良い感じでした。 日本キャニオン。 うーん。。。と絶景を見てうなずけられたら良いのですが、規模が小さいので、その辺にもあるんじゃね?って感じで、イマイチ。 「白神キャニオン」で良かったのではないでしょうか(笑)。 P.S 下山後、再び青池を撮ろうと思っていましたが、この時すでに団体の観光客が殺到してそれどころではありませんでした。 会話を聞いていると、ほとんど韓国か中国の団体様ご一行の様で、会話の内容は全然分からず。 外国人8割、日本人2割程度かな?って感じがしました。 もちろんスパイク長靴を履いて、ザックを背負っている人はいません(笑)。 まぁ、知っている人に会う可能性はゼロに近いから、恥ずかしいとかそんなことはありませんでしたが・・・(笑)。 次回行くとすれば新緑の時期ですかねぇ。
スタートは落口の池。駐車スペースがあります。
池沿いの道路を歩き、池を眺めながら登山口へと向かいます
一番奥の有料駐車場の入口です。24h駐車できますが駐車料金の支払いは下に降りてからになる。徴収所は早朝の為閉店中。
青池入口。登山道もこの奥。
落ち葉がいっぱい。
池周辺の紅葉は若干ピーク過ぎで落葉が目立つ。
早朝の為人通りはなかった。
気温6℃
強風予報だがまだこの時はそうでもなかった。
青池に到着。
青いことは青いがよくわからない。
偏光フィルターがないと全然わからない(効果が出ない様に撮影)。
アップして水中の様子。やっぱり青い。
陽光が差さなくても青いです。
見る角度も重要です。
最初の写真の位置から少しずらすと青さが良くわかる。
アップすると更に良くわかる。偏光フィルターは必須です。
崩山登山口。
やや見頃っぽい紅葉の中を進みます。
ここから急登が始まります。
高度を上げると落葉が多くなりました。
大崩までの中間地点。
大きな切株と木のベンチがありました。
道が狭くなってきます。
強風のせいで落葉が一気に進んだようです。
一番すべりやすいようなところ。
こんなところはオチャノコサイサイ。
だってスパイク長靴~履いてますヨ! (笑)。
大崩到着。
南側
西側
北側
十二湖の池をアップで。
海岸線に目をやると、岩崎漁港。
ガンガラ穴のあるところ。
花がまだ咲いていました。
下山して十二湖散策。ここはビジターセンター。
センター裏にイトウの養殖場があります。
デカイです。
中にはメーター近いんじゃ?と言うのも居ました。
王池を周回します。
王池と崩山
なんかイイ。
日本キャニオンに移動しました。濁川に架かる橋上から。
左岸の橋のたもとに入口があります。
絶景?
絶景?
その辺にありそうな・なさそうな景観。
特別展望スポットより(地図にはありません)。
ちょっとアップで。水面に写したような歪みが印象的です。
帰り道に撮影した日本海の荒波と雲間からの光。

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。