雌阿寒岳 & 知床でヒグマと遭遇した話

2022.07.09(土) 日帰り

活動データ

タイム

04:47

距離

6.0km

上り

802m

下り

800m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 47
休憩時間
17
距離
6.0 km
上り / 下り
802 / 800 m

活動詳細

すべて見る

北海道遠征へ。釧路空港に降り立つと気温24度と涼しく関西とは別天地。 1)雌阿寒岳 目指す雌阿寒岳は6.6㎞午前中にサクッと登るつもりが、予想の強風だけでなく雨も💦登山口はTシャツ1枚で汗かいてたのが、稜線では雨と強風で低体温症にならないように、防寒対策。山には登ってる間に四季が変化するとは本当にこの事。全員下山時にはずぶ濡れでたった6.6㎞ですけどしんどかった💦です。 下山口の野中温泉では400円で温泉に入れ体の冷えを癒し、持ってきたお昼を食べる場所提供してくれて生き返りました。 2)後半のヒグマの写真についてです 阿寒から知床に移動。知床ではこのように車道で熊に会ってしまう事も3度ありました。決して車から降りない事、熊を刺激しないよう、適正な距離(車10台分・50mが最低適正だそうです)を保つ事が大事だそうです。1例目のこの親子連れの熊3頭は最近よく出没するようで、私も目撃情報の詳細を近くの施設に届け出ました。2-3例目は知床峠で同じ熊で、前の車への威嚇行為も見れましたが届出すチャンスありませんでしたが。近づく事、餌を与える事、刺激する事、車から降りる事などは厳禁との事。 3)熊対策の話 ここから先は長くなるので熊対策に関心ある方のみどうぞ。羅臼岳・斜里岳などでガイドをしてる方に知床五湖を案内頂き、非常に色々貴重な話を聞く事ができました。 ー北海道では、熊の個体数が18000頭?(要再確認)と少ない特より50%増えたそう。理由は以前の様な猟の人口が減った事、害悪な動物として処分してた以前とは違い、ここ数十年の環境保護の結果とのこと。知床だけで4000頭。 ー知床の熊は人間が害悪を与えるものでは無いと子供の時から学習し、人との共存環境に慣れているとのこと。だから知床では熊のトラブルはほぼ起きて無い。ただ、手や鈴で音を出し人間に近寄らせない工夫が必要。特に見通しの悪いところでは出会い頭で熊と遭遇する可能性。事前に音で人の存在を示す、という配慮が大事。やはり出会いがしらなどで熊がびっくりしてしまうと、何が起こるか分からないため。 ー登山道で出会ってしまったら。たいていが食事中か食探し。熊の食事時間は人間と同じで20~30分。その時間は待つ必要があるという事。 ー出会わないための音は、ラジオ、音楽は不向きとの事。音質が様々で、かなり近づくまで音が分からないからとの事。やはり人間の手を叩く音や鈴など、よく通る音が有効との事。特に見通しが悪い出会いがしらの遭遇が予想される時は音で知らせる事が有効との事。水が流れている沢では音が聞こえにくいので、特に沢では熊の食料も豊富なため注意は必要。 ー熊用スプレイは、すぐ取り出せるように携行するといい。最低9mくらいの位置で噴射する必要。人間もスプレーが目に入ったりするとかなり大変な事になるらしい。このスプレイは航空機では持ち込み、預けともできないので注意。ヤマト運輸で陸送は可能とのこと。使用期限が1~2年とあるのでガイドの方は毎年買う必要。フェリーなどの航空機以外の交通手段なら北海道に持ち込み可。北海道ではスプレイのレンタルもある。特に航空機では持ち込めず没収の憂き目にあう事が考えられるので注意。航空機の中で気圧変化で蓋が取れると、周りの荷物にスプレーの中身が拡散しかなりひどい事になるらしい。 ー熊がいる理由は主に食事。エゾシカ、木の実、蟻、蜂・はちみつ、水芭蕉など何か好物があると食事中は辛抱強く待たないといけない。逆に火山など植物の無いところでは熊も居ない。 ー知床(羅臼岳)と比べると斜里岳、雌阿寒岳は格段に少ないそう。 ー知床は熊と共存環境が定着しているので、遭遇率は多いが、熊の特性をよく理解して行動すればここ最近事故は極めて少ない。幌尻岳など日高も熊が多いが、日高の熊は人に慣れてないので、知床のガイドさんにとっては嫌だという事。 ーやはり市町村などが出している最近の熊の出没情報に注意。特に危険性のある個体が発見された場合。 ー知床五湖などのガイドさんの中には、顧客に熊に会いたい人がいる場合、わざと遭遇するように音を出さないという事もあるそう。ただ、お話した山岳ガイドの方はこれはあまり推奨してないそう。ちなみに知床の熊の活動期は5月~7月いっぱいくらいまで。冬眠前もか?これは要確認。 ー知床では以上の通り、かなり人間との共存環境がここ60年くらい形成されてきているが、地域により事情が違うので、市町村などが出している地域の熊情報にアンテナをはるといいという事です。 以上お役に立てば幸いです

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。