巨木から小さな花までのんびり自然観察 蕪山 株杉コース~自然観察路 + 寄り道

2018.05.04(金) 日帰り
たけう
たけう
まずは寄り道、根道神社へ。ご存じモネの池。
1/57

まずは寄り道、根道神社へ。ご存じモネの池。

まずは寄り道、根道神社へ。ご存じモネの池。

あまり日がささず、コンディションとしては良くないですが、それでもさすが♪
2/57

あまり日がささず、コンディションとしては良くないですが、それでもさすが♪

あまり日がささず、コンディションとしては良くないですが、それでもさすが♪

それにしてもさすがGW。朝早くお客さんいっぱい。
3/57

それにしてもさすがGW。朝早くお客さんいっぱい。

それにしてもさすがGW。朝早くお客さんいっぱい。

21世紀の森公園に移動し、準備をすませ、スタートです。

21世紀の森公園に移動し、準備をすませ、スタートです。

21世紀の森公園に移動し、準備をすませ、スタートです。

この株杉はご神体でしょうか?山歩きの無事を祈願。

この株杉はご神体でしょうか?山歩きの無事を祈願。

この株杉はご神体でしょうか?山歩きの無事を祈願。

株杉コースの登山口。

株杉コースの登山口。

株杉コースの登山口。

でました株杉、大迫力!

でました株杉、大迫力!

でました株杉、大迫力!

存在感ありすぎる。写真ではなかなか伝わらない。

存在感ありすぎる。写真ではなかなか伝わらない。

存在感ありすぎる。写真ではなかなか伝わらない。

うわー

うわー

うわー

どわー

どわー

どわー

なんだかんだでここで1時間ぐらい。登山計画される場合は、時間に余裕を持ってくださいね。笑

なんだかんだでここで1時間ぐらい。登山計画される場合は、時間に余裕を持ってくださいね。笑

なんだかんだでここで1時間ぐらい。登山計画される場合は、時間に余裕を持ってくださいね。笑

ダイナミックな巨木を見上げたあとは、足元のちいさな世界へ。

ダイナミックな巨木を見上げたあとは、足元のちいさな世界へ。

ダイナミックな巨木を見上げたあとは、足元のちいさな世界へ。

全部くるくる。

全部くるくる。

全部くるくる。

雨に濡れたからか植物もいきいきとして見えます。

雨に濡れたからか植物もいきいきとして見えます。

雨に濡れたからか植物もいきいきとして見えます。

しっとりとした空気感。

しっとりとした空気感。

しっとりとした空気感。

不思議な植物。花なのかな?食虫植物のような雰囲気も。
→マムシグサ

不思議な植物。花なのかな?食虫植物のような雰囲気も。 →マムシグサ

不思議な植物。花なのかな?食虫植物のような雰囲気も。 →マムシグサ

あじさいかな?まだまだつぼみ。

あじさいかな?まだまだつぼみ。

あじさいかな?まだまだつぼみ。

葉の生え方が美しい。

葉の生え方が美しい。

葉の生え方が美しい。

沢に出ました。

沢に出ました。

沢に出ました。

石畳の道。

石畳の道。

石畳の道。

ダブル根曲がり。

ダブル根曲がり。

ダブル根曲がり。

写真に収まりきらない大きな岩。その岩に根をはる木がたくましい!

写真に収まりきらない大きな岩。その岩に根をはる木がたくましい!

写真に収まりきらない大きな岩。その岩に根をはる木がたくましい!

ルート上には沢を渡る個所がいくつか。

ルート上には沢を渡る個所がいくつか。

ルート上には沢を渡る個所がいくつか。

ここはほぼ水没。石の上をすべらないように慎重に。

ここはほぼ水没。石の上をすべらないように慎重に。

ここはほぼ水没。石の上をすべらないように慎重に。

自然観察路との合流。山頂まで2515km。すごい細かいけどホントにあってるの??

自然観察路との合流。山頂まで2515km。すごい細かいけどホントにあってるの??

自然観察路との合流。山頂まで2515km。すごい細かいけどホントにあってるの??

下を向いて咲くひかえめな花。

下を向いて咲くひかえめな花。

下を向いて咲くひかえめな花。

あ、日が差してきた!

あ、日が差してきた!

あ、日が差してきた!

青空~♪

青空~♪

青空~♪

この日は晴れと曇りが目まぐるしく変わる天候。これは曇りの時のブナ林。

この日は晴れと曇りが目まぐるしく変わる天候。これは曇りの時のブナ林。

この日は晴れと曇りが目まぐるしく変わる天候。これは曇りの時のブナ林。

晴れるとこんな感じ。ミドリの色が全然違う。

晴れるとこんな感じ。ミドリの色が全然違う。

晴れるとこんな感じ。ミドリの色が全然違う。

山頂まであと1000m。

山頂まであと1000m。

山頂まであと1000m。

フリルのついたかわいらしい花。

フリルのついたかわいらしい花。

フリルのついたかわいらしい花。

このあたりにたくさん咲いてました。

このあたりにたくさん咲いてました。

このあたりにたくさん咲いてました。

あと500m。あとちょっと~。

あと500m。あとちょっと~。

あと500m。あとちょっと~。

最後の上り坂。

最後の上り坂。

最後の上り坂。

森を抜けて…

森を抜けて…

森を抜けて…

はい、登頂~。

はい、登頂~。

はい、登頂~。

山頂唯一のテーブル。先にいらっしゃったソロの男性が譲ってくださいました。ありがとうございます!

山頂唯一のテーブル。先にいらっしゃったソロの男性が譲ってくださいました。ありがとうございます!

山頂唯一のテーブル。先にいらっしゃったソロの男性が譲ってくださいました。ありがとうございます!

きれいな三角形の高賀山。

きれいな三角形の高賀山。

きれいな三角形の高賀山。

白山は雲のなか~。

白山は雲のなか~。

白山は雲のなか~。

新緑の山がまぶしい。左奥には乗鞍岳。

新緑の山がまぶしい。左奥には乗鞍岳。

新緑の山がまぶしい。左奥には乗鞍岳。

山頂を満喫し、下山開始。

山頂を満喫し、下山開始。

山頂を満喫し、下山開始。

青と緑のコントラスト。

青と緑のコントラスト。

青と緑のコントラスト。

大きなブナの木を見上げて。

大きなブナの木を見上げて。

大きなブナの木を見上げて。

これはツツジかな?登山道からちょっとはずれたところに控えめに咲いてました。

これはツツジかな?登山道からちょっとはずれたところに控えめに咲いてました。

これはツツジかな?登山道からちょっとはずれたところに控えめに咲いてました。

ギンリョウソウ。同行者が初めて見たので、興味深々。最初は気味悪がっていたけど、最後は可愛く思えてきたみたい♪

ギンリョウソウ。同行者が初めて見たので、興味深々。最初は気味悪がっていたけど、最後は可愛く思えてきたみたい♪

ギンリョウソウ。同行者が初めて見たので、興味深々。最初は気味悪がっていたけど、最後は可愛く思えてきたみたい♪

分岐に着きました。下りは自然観察路へ。

分岐に着きました。下りは自然観察路へ。

分岐に着きました。下りは自然観察路へ。

湧水。まろやかなお水でした。

湧水。まろやかなお水でした。

湧水。まろやかなお水でした。

株杉の枯れ木。枯れてもその存在感はすごい。

株杉の枯れ木。枯れてもその存在感はすごい。

株杉の枯れ木。枯れてもその存在感はすごい。

登山道おわり。

登山道おわり。

登山道おわり。

再び株杉とご対面。

再び株杉とご対面。

再び株杉とご対面。

改めてすごい迫力。

改めてすごい迫力。

改めてすごい迫力。

なんというか、畏怖の念を抱きます。

なんというか、畏怖の念を抱きます。

なんというか、畏怖の念を抱きます。

21世紀の森公園に帰ってきました。

21世紀の森公園に帰ってきました。

21世紀の森公園に帰ってきました。

下山後は近くの板取温泉へ♨️
55/57

下山後は近くの板取温泉へ♨️

下山後は近くの板取温泉へ♨️

川浦渓谷。水の青さとしぶきの白。
56/57

川浦渓谷。水の青さとしぶきの白。

川浦渓谷。水の青さとしぶきの白。

こんな狭い谷間を大量の水が豪快に流れおちていきます。素晴らしい景色。
57/57

こんな狭い谷間を大量の水が豪快に流れおちていきます。素晴らしい景色。

こんな狭い谷間を大量の水が豪快に流れおちていきます。素晴らしい景色。

まずは寄り道、根道神社へ。ご存じモネの池。

あまり日がささず、コンディションとしては良くないですが、それでもさすが♪

それにしてもさすがGW。朝早くお客さんいっぱい。

21世紀の森公園に移動し、準備をすませ、スタートです。

この株杉はご神体でしょうか?山歩きの無事を祈願。

株杉コースの登山口。

でました株杉、大迫力!

存在感ありすぎる。写真ではなかなか伝わらない。

うわー

どわー

なんだかんだでここで1時間ぐらい。登山計画される場合は、時間に余裕を持ってくださいね。笑

ダイナミックな巨木を見上げたあとは、足元のちいさな世界へ。

全部くるくる。

雨に濡れたからか植物もいきいきとして見えます。

しっとりとした空気感。

不思議な植物。花なのかな?食虫植物のような雰囲気も。 →マムシグサ

あじさいかな?まだまだつぼみ。

葉の生え方が美しい。

沢に出ました。

石畳の道。

ダブル根曲がり。

写真に収まりきらない大きな岩。その岩に根をはる木がたくましい!

ルート上には沢を渡る個所がいくつか。

ここはほぼ水没。石の上をすべらないように慎重に。

自然観察路との合流。山頂まで2515km。すごい細かいけどホントにあってるの??

下を向いて咲くひかえめな花。

あ、日が差してきた!

青空~♪

この日は晴れと曇りが目まぐるしく変わる天候。これは曇りの時のブナ林。

晴れるとこんな感じ。ミドリの色が全然違う。

山頂まであと1000m。

フリルのついたかわいらしい花。

このあたりにたくさん咲いてました。

あと500m。あとちょっと~。

最後の上り坂。

森を抜けて…

はい、登頂~。

山頂唯一のテーブル。先にいらっしゃったソロの男性が譲ってくださいました。ありがとうございます!

きれいな三角形の高賀山。

白山は雲のなか~。

新緑の山がまぶしい。左奥には乗鞍岳。

山頂を満喫し、下山開始。

青と緑のコントラスト。

大きなブナの木を見上げて。

これはツツジかな?登山道からちょっとはずれたところに控えめに咲いてました。

ギンリョウソウ。同行者が初めて見たので、興味深々。最初は気味悪がっていたけど、最後は可愛く思えてきたみたい♪

分岐に着きました。下りは自然観察路へ。

湧水。まろやかなお水でした。

株杉の枯れ木。枯れてもその存在感はすごい。

登山道おわり。

再び株杉とご対面。

改めてすごい迫力。

なんというか、畏怖の念を抱きます。

21世紀の森公園に帰ってきました。

下山後は近くの板取温泉へ♨️

川浦渓谷。水の青さとしぶきの白。

こんな狭い谷間を大量の水が豪快に流れおちていきます。素晴らしい景色。

類似するルートを通った活動日記