【南沢あじさい山】梅雨もたまには恋し

2022.07.02(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 44
休憩時間
5
距離
7.1 km
上り / 下り
475 / 441 m

活動詳細

すべて見る

 もともとは梅雨の時期にぴったりな「雨の似合う山」はないものかと探していたのがきっかけです。たくさんの活動日記を拝見させていただき、行ってみたくなりました。南沢あじさい山は南澤忠一さんという、この山を所有するおじいちゃんが、長年に渡り、紫陽花を植え育てた場所なのだそうです。今は地元の企業も運営に携わっているようで、ストーリー性を前面に押し出してうまくPR、立派な観光地という感じ。入山料500円がかかります。  JR武蔵五日市駅から有料バスも出ているようでうが、せっかくなので歩くことに。(これが裏目に出てしまうのですが。)  まだ朝だというのに気温は30°に達し、日差しも強烈。登ってるわけじゃないのに、汗も出るし、喉も乾いてきます。早く山に着いて木陰に入りたい!  山の入口には受付と、おにぎりやお団子などを売る売店、自販機がありました。入山料を払って、先に進みます。受付の方も仰ってたのですが、真夏日が続いたために、見頃になったと思ったら、暑さでどんどん花が灼けてきてしまったそうです。ところどころ茶色く変色した花も目につきます。この暑さは花も気の毒。  それでも綺麗に咲いている紫陽花も多く、楽しめましたし、山一面に紫陽花が植えられている様はなかなか圧巻でした。しとしと雨の風情ある景色も見てみたかったですが、来年以降の楽しみとします。  あじさい山の順路に沿って進むと折り返し地点に。折り返さずそのまま登って金毘羅尾根へと出ます。ただでさえ暑いのに傾斜がつくと汗が吹き出ます。疲労するスピードも早い。本当は日の出山からつるつる温泉へ下山するつもりでしたが、同行した妻が久々の山歩きだったこともあり、ちょっとしんどいということで、予定を変更。ピークを踏むのは諦めて、瀬音の湯方面に下山しました。  

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。