涼をもとめ富士山須山下山道、標高2000mへ

2022.06.26(日) 日帰り

活動データ

タイム

02:57

距離

8.0km

上り

680m

下り

682m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 57
休憩時間
18
距離
8.0 km
上り / 下り
680 / 682 m
5
1 58
48

活動詳細

すべて見る

今日はさすがに暑い。涼をもとめ富士山御殿場口から標高2000メートルまで歩きました。 先週の剣ヶ峰まで登った帰りに手を捻挫してしまい、ハードなコースは無理なので、一度歩いて見たかった須山下山道を当日の朝に決定。 すぐに小田急箱根高速バスを予約し御殿場からは御殿場口五合目までバスでアプローチ。手が痛いので車は運転しません!なのに登りにいくんかい?という声は置いておいて、 富士急バスも往復だと安くなるので、往復4500円くらいで富士山御殿場の空を飛んでいるような壮快感を味わえるならば安いです。 御殿場口、トレランの人が多く登山道でなく下山道を上がっていくので、私もつられて下山道をチョイス。案外楽じゃない?と思ったのは傾斜がゆるいところまで。次郎坊直下あたりから傾斜がきつくなり、5分歩いて1分休むという感じになる。今日は楽しみに来たのでのんびり登るんだ!という気持ちなので、これでよし。御殿場口は木がないから景色がいい。 須山下山道は点線ですけど、トレースもあり道標かわりの杭もあるので、そこまで難しくはないです。壮快で歩きやすい。 小型ブルドーザーの往来もありましたので、いよいよ小屋開けの準備が本格的になってきました。 雨もぱらつき夏みたいな天気。 この夏にまた避暑でいきますね。たぶん。 今度は大石茶屋でかき氷をいただくことが目標です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。