【城山】オキナワの夏、伊江島の夏🏝

2022.06.24(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 43
休憩時間
53
距離
13.6 km
上り / 下り
249 / 250 m
40
1 27

活動詳細

すべて見る

少し早めの夏休み🌻 どこか日本百名山🏔の遠征にでもと思っていましたがやはりこの時期はお天気が…🥲 こうなったら思い切ってあそこに行ってみようかな🤔 そして梅雨明け☀️したばかりの「沖縄」にやってまいりました🙌🏻 ヒコーキを降りた瞬間からモーレツに暑い、熱い❗️アッツ〜い😭 まさに真夏🔥 でも南の島🏝のこんなお出迎えはうれしいものです😆 久しぶりの沖縄、実に8年ぶりでした🏝 今回はこれまでに訪れたことのない場所を中心に足を運ぶつもり😙 朝ドラの影響もあって「やんばる」エリア🌿にはぜひ行ってみたい🙂 そして、山登りを始めてからは初めての訪沖です🥾 オキナワのお山にも挑戦してみるつもりでいます😠 いろいろ考えているとまさに”ちむどんどん”してきますね💓(笑) 初日は夏のオキナワの雰囲気を感じるだけでのんびりと過ごしました🌅 そして2日目から本格始動(笑) 最初の目的地として選んだのは「伊江島(いえじま)」🏝 本部港⚓️からフェリー🛳で30分で行ける離島です🏖 美ら海水族館🐬あたりから見えるあのトンガリ山みたいな姿をした島です😁 そのトンガリ山は「城山(ぐすくやま)」といっててっぺんまで登れると知って、 オキナワでの初登山はここだと決めておりました👍🏻 朝イチのフェリー🛳に乗りこんで伊江島へ上陸🩴 いの一番にレンタサイクル🚲を借りて受付のネーネーに島の見どころを教えてもらいました👂🏻 「タッチュー」と「湧出(わじー)」と「ニャティヤ洞」の3カ所が特にオススメとのこと✨ このタッチューとは城山=「伊江島タッチュー」のことです⛰ ぐるっと回って3時間くらいとのことでしたので、帰りの便の13時までには戻れそう😀 よし、この3か所はマスト🚩としてまずはタッチューへ🚲 港からタッチューまでは住宅や商店の中を抜けていきます🚲 小さい島なので坂道は少ないですがそれでも照りつける南国の日差し🌞で大汗をかいてしまう🥵 ちょうど沖縄に着いた日(23日)が沖縄慰霊の日だったので、 伊江島に残る沖縄戦の戦跡と慰霊碑も尋ねて手を合わせ祈りを捧げていきます🙏🏻 そしてすぐそばに見えているタッチューへと汗💦をカキカキ自転車🚲をコギコギしていきます😤 徒歩や自転車で来た場合は南登山口から登ります🚩 急な石段をヒーヒー言いながら登ると土産物店がある🅿️へ😩 目の前に城山こと伊江島タッチューがドドーンとそびえ立っています⛰ ゴツゴツした岩山に南国の植物🌿が覆いかぶさって独特の威容を誇ります⛰ このなんとも不思議な景観はオフスクレープ現象という、 実際に存在するのは世界でもここだけという稀有な地質事件の賜物です🧐 🅿️の奥に登山口があります🚩 登山道に一歩足を踏み入れれば、本土の人間からすればもう何もかもが目新しい🤩 古今東西お山に違いなどないと思うのですが、 なんだか落ち着かないのは亜熱帯の植物🌿や地質🪨のせいということもありますが、 もっと直感的なもの、匂い、聴こえる音、山の気配などの全てが初体験だからだ思いました🙂 急な登山道(とはいえ全て石段)を登り詰めて頂上に躍り出ます🥵 すると目の前に、いや全方位に、息を呑む絶景が広がっていました🤩 オキナワブルー💙に染まった真夏の景色が見渡せました😆 これはもう、本当に「まさかやー❗️」の眺望でした✨ 山頂で心地よい海風に吹かれながら、 沖縄で最初に登ったお山が伊江島タッチュー🏝でよかったと思いました😊 その後は「湧出」と「ニャティヤ洞」も訪れることが出来ました💮 どちらも本当に素敵なところでした💯 その様子はフォトライブラリ🖼に載せましたのでよろしければご覧ください💁🏻‍♂️ 13時発の便で本部港に戻りました⚓️ 伊江島の夏の余韻に浸っていたいところですがまだまだ時間は残されています😁 このまま次は「やんばる」の地へ向かいたいと思います🚙 ありがとうございました😌

伊江島 仙台を飛び立ってからずっと雲海が続いていた
日本百名山遠征はお預けにしていち早く梅雨明けした沖縄に行くことにした
ぜんぶ朝ドラのせい、かもしれない(笑)
仙台を飛び立ってからずっと雲海が続いていた 日本百名山遠征はお預けにしていち早く梅雨明けした沖縄に行くことにした ぜんぶ朝ドラのせい、かもしれない(笑)
伊江島 雲が薄いエリアがあった
フライトマップを見るとどうやら北アのいずれかが見えているらしい
機窓からお山を眺めて思うに、
山は空から眺め下すものではないということ
上空から見るとたとえ3000m級でも同じような丘に見えてしまう
やはりお山は下からそびえ立つのを見上げてこそナンボなのだ
その点、上空から見てもなお美しい姿を保つ富士山は偉大だと思える
雲が薄いエリアがあった フライトマップを見るとどうやら北アのいずれかが見えているらしい 機窓からお山を眺めて思うに、 山は空から眺め下すものではないということ 上空から見るとたとえ3000m級でも同じような丘に見えてしまう やはりお山は下からそびえ立つのを見上げてこそナンボなのだ その点、上空から見てもなお美しい姿を保つ富士山は偉大だと思える
伊江島 種子島や屋久島上空あたりから雲が消えていった
ここにはもう梅雨前線はいないのだった
青い海と白い雲のパラダイス
ヒコーキは伊江島を通過した
ちょうど明日行こうと思っていた島
ちむどんどんした
種子島や屋久島上空あたりから雲が消えていった ここにはもう梅雨前線はいないのだった 青い海と白い雲のパラダイス ヒコーキは伊江島を通過した ちょうど明日行こうと思っていた島 ちむどんどんした
伊江島 仙台から2時間半かけて那覇空港に着陸
近いような遠いような絶妙の距離感(笑)
空港に降り立つといきなりバカみたいに暑い
いや、沖縄はこれでイイ
仙台から2時間半かけて那覇空港に着陸 近いような遠いような絶妙の距離感(笑) 空港に降り立つといきなりバカみたいに暑い いや、沖縄はこれでイイ
伊江島 数年ぶりの感覚だったけど、実に8年ぶりだった
そんなに来てなかったのか
でもこの看板は変わってない気がする
ハイサイ、沖縄!
数年ぶりの感覚だったけど、実に8年ぶりだった そんなに来てなかったのか でもこの看板は変わってない気がする ハイサイ、沖縄!
伊江島 レンタカーを借りてから豊崎のビーチへ移動
ここは混みもしないし時間を気にせずまったりできるから好きな場所
駄菓子菓子、駐車場が有料になっていた
昔はタダだったのに…
沖縄にも時の流れで変わっていくものもある
レンタカーを借りてから豊崎のビーチへ移動 ここは混みもしないし時間を気にせずまったりできるから好きな場所 駄菓子菓子、駐車場が有料になっていた 昔はタダだったのに… 沖縄にも時の流れで変わっていくものもある
伊江島 しかしビーチは昔のままで綺麗だった
梅雨明けした直後、夏は始まったばかりだからか、海の青さもまだあどけない気がした
しかしビーチは昔のままで綺麗だった 梅雨明けした直後、夏は始まったばかりだからか、海の青さもまだあどけない気がした
伊江島 サンゴの砂浜
仙台弁こけしも連れてきた
こけしに貝殻や珊瑚は似合わないことにこの時はじめて気がついた
まあ、なんくるないさ〜
サンゴの砂浜 仙台弁こけしも連れてきた こけしに貝殻や珊瑚は似合わないことにこの時はじめて気がついた まあ、なんくるないさ〜
伊江島 ビーチは陽射しが暑くて倒れそう(笑)
東屋に隠れて遅いランチにする
到着口の脇に行列ができていて"ポークたまご"のお店だった
スパムおにぎり好きな俺はもちろん列に並んで購入
飲料はさんぴん茶に限る(笑)
ちなみに今回の旅では”うちなーグルメ”を食べられるだけ食べたい
ビーチは陽射しが暑くて倒れそう(笑) 東屋に隠れて遅いランチにする 到着口の脇に行列ができていて"ポークたまご"のお店だった スパムおにぎり好きな俺はもちろん列に並んで購入 飲料はさんぴん茶に限る(笑) ちなみに今回の旅では”うちなーグルメ”を食べられるだけ食べたい
伊江島 レンタカー受領後の諸々のセッティング作業をここでこなした
なるべく普段の自分のクルマ環境に近づけたい
沖縄では長く乗ることになるから、それを怠ると旅の快適さも大きく損なわれる
今回は小型SUVを貸してもらった
一度乗ってみたかった車種なのでちむどんどんした
レンタカー受領後の諸々のセッティング作業をここでこなした なるべく普段の自分のクルマ環境に近づけたい 沖縄では長く乗ることになるから、それを怠ると旅の快適さも大きく損なわれる 今回は小型SUVを貸してもらった 一度乗ってみたかった車種なのでちむどんどんした
伊江島 ホテルに向かうが途中ライカムに立ち寄る
でっかい水槽があって焦った
でもこれで美ら海水族館には行かなくても済む(笑)
沖縄のモンベルに立ち寄ってみた
マリンアクティビティ関連商品を大きく展開していたのはさすがオキナワだなと思った
ホテルに向かうが途中ライカムに立ち寄る でっかい水槽があって焦った でもこれで美ら海水族館には行かなくても済む(笑) 沖縄のモンベルに立ち寄ってみた マリンアクティビティ関連商品を大きく展開していたのはさすがオキナワだなと思った
伊江島 やっとホテルへ
思いのほか道が混んでいて遅くなった
そういえば今日は沖縄慰霊の日だった
会社やお店や学校も休みのところもあるようだ
だから道が混んでいたのかもしれない
カーラジオで慰霊の日に関連する番組を聴きながら77年後の現状を知ることができた
現地に来ないと伝わってこないこともある
やっとホテルへ 思いのほか道が混んでいて遅くなった そういえば今日は沖縄慰霊の日だった 会社やお店や学校も休みのところもあるようだ だから道が混んでいたのかもしれない カーラジオで慰霊の日に関連する番組を聴きながら77年後の現状を知ることができた 現地に来ないと伝わってこないこともある
伊江島 19時を過ぎると黄昏てくる
夕陽が綺麗だった
梅雨明けしたとはいえ、今日という日が晴れてくれてよかった
19時を過ぎると黄昏てくる 夕陽が綺麗だった 梅雨明けしたとはいえ、今日という日が晴れてくれてよかった
伊江島 夕飯を食べに出かけたがお目あてのお店が満席で入れず
まさかやー!
別のお店も営業時間短縮中でNG
アキサミヨー!
夕食難民になりかけて思いついたお店へと向かった
以前NHKの『72h』に取り上げられていたドライブイン
ここも時短で店内では食べられなかったが人気のテイクアウトは営業中
地元民も観光客もひっきりなしにやってくる
所望したチーズバーガーもスープもでーじまーさん
古き良き沖縄の味を伝えているのだろう
ごちそうさまでした
夕飯を食べに出かけたがお目あてのお店が満席で入れず まさかやー! 別のお店も営業時間短縮中でNG アキサミヨー! 夕食難民になりかけて思いついたお店へと向かった 以前NHKの『72h』に取り上げられていたドライブイン ここも時短で店内では食べられなかったが人気のテイクアウトは営業中 地元民も観光客もひっきりなしにやってくる 所望したチーズバーガーもスープもでーじまーさん 古き良き沖縄の味を伝えているのだろう ごちそうさまでした
伊江島 夜になって上空の雲が抜けてきた
夜空には満天の星が見えてきた
実は沖縄で人生最初の天の川を見た
でもここは対岸の明かりが強すぎて見えなかった
本島から遠く離れた島でもない限り、星空観察はお山の方が適しているように思う
夜になって上空の雲が抜けてきた 夜空には満天の星が見えてきた 実は沖縄で人生最初の天の川を見た でもここは対岸の明かりが強すぎて見えなかった 本島から遠く離れた島でもない限り、星空観察はお山の方が適しているように思う
伊江島 星空を見てビーチに佇んでいたら何やら足元をガサゴソ…
Gかと思ったらヤドカリだった
ゴルフボールくらいもあってデカイ(笑)
さすが南国である
他にもヤドカリ探しをしていたらたくさん蚊に刺されて往生した
帰った今もかいーの
星空を見てビーチに佇んでいたら何やら足元をガサゴソ… Gかと思ったらヤドカリだった ゴルフボールくらいもあってデカイ(笑) さすが南国である 他にもヤドカリ探しをしていたらたくさん蚊に刺されて往生した 帰った今もかいーの
伊江島 部屋に戻ってプシュッとすることにした
この日ようやくにして口にするアルコールである
レンタカー移動が長かったから仕方ない
現地で飲むオリオンビールが最高にうまいのは今日も変わらずである
で、今日の戦利品(笑)
モンベル沖縄の限定柄
さて今日は疲れたからもうオネンネの時間
明日も晴れますように
部屋に戻ってプシュッとすることにした この日ようやくにして口にするアルコールである レンタカー移動が長かったから仕方ない 現地で飲むオリオンビールが最高にうまいのは今日も変わらずである で、今日の戦利品(笑) モンベル沖縄の限定柄 さて今日は疲れたからもうオネンネの時間 明日も晴れますように
伊江島 おはようございます
沖縄は仙台よりも1時間20分も日の出が遅いことを知った
それにしても本部半島には厚い雲がかかっている
今日は伊江島に行くつもり
島が晴れていたらそれで良いのだが、スコールが来たら嫌だな
おはようございます 沖縄は仙台よりも1時間20分も日の出が遅いことを知った それにしても本部半島には厚い雲がかかっている 今日は伊江島に行くつもり 島が晴れていたらそれで良いのだが、スコールが来たら嫌だな
伊江島 朝ごはんの前に散歩
見たこともないお花が咲いておる
形もなんだか奇妙奇天烈
亜熱帯やの〜
朝ごはんの前に散歩 見たこともないお花が咲いておる 形もなんだか奇妙奇天烈 亜熱帯やの〜
伊江島 そしてレストラン開店時間
もちろん一番乗りである(爆)
スパム、にんじんしりしり、島豆腐、沖縄ぜんざい
沖縄の食材を食いしん坊全開でパクつく
でーじまーさん
ごちそうさまでした
そしてレストラン開店時間 もちろん一番乗りである(爆) スパム、にんじんしりしり、島豆腐、沖縄ぜんざい 沖縄の食材を食いしん坊全開でパクつく でーじまーさん ごちそうさまでした
伊江島 朝食後早々に出立
本部港へと急ぐ
フェリーのチケットを購入して待合室にいたらうまい具合に朝ドラ放映中
今日もちむどんどんしてきます
朝食後早々に出立 本部港へと急ぐ フェリーのチケットを購入して待合室にいたらうまい具合に朝ドラ放映中 今日もちむどんどんしてきます
伊江島 伊江島からフェリーがやってきた
デカイ
まるでホワイトベース、いやアーガマ(笑)
久しぶりにでかい船に乗る気がする
フェリーなのでクルマがいっぱい出てきた
本島と伊江島はかなり交流があるようだ
伊江島からフェリーがやってきた デカイ まるでホワイトベース、いやアーガマ(笑) 久しぶりにでかい船に乗る気がする フェリーなのでクルマがいっぱい出てきた 本島と伊江島はかなり交流があるようだ
伊江島 入船許可が出た
クルマだけでなく乗客も後部ハッチから乗り込む
すげえ!
まじでホワイトベースみたい
これはリアルガチにちむどんどんする
入船許可が出た クルマだけでなく乗客も後部ハッチから乗り込む すげえ! まじでホワイトベースみたい これはリアルガチにちむどんどんする
伊江島 船内は自由席
空調完備でめっちゃ涼しい
これは快適
船内は自由席 空調完備でめっちゃ涼しい これは快適
伊江島 売店もあった
お菓子やパンもジュースもあるがこのうちなーおにぎりたちが雄弁過ぎた
バリエーションあり過ぎなのも嬉しい
食欲が「食べたいなぁ」と囁くのでひとつ買ってもうた(笑)
売店もあった お菓子やパンもジュースもあるがこのうちなーおにぎりたちが雄弁過ぎた バリエーションあり過ぎなのも嬉しい 食欲が「食べたいなぁ」と囁くのでひとつ買ってもうた(笑)
伊江島 涼しくて快適な船室で寛ぐのも良いのだが、それではもったいない
天気はサイコー
後部デッキに陣取って潮風にあたるぜ
涼しくて快適な船室で寛ぐのも良いのだが、それではもったいない 天気はサイコー 後部デッキに陣取って潮風にあたるぜ
伊江島 観光客モード丸出しで船内をうろつく(笑)
煙突にアナハイムエレクトロニクス社のマーク(←あれはAEな)
大きい船は全然揺れない
この船、気に入った
観光客モード丸出しで船内をうろつく(笑) 煙突にアナハイムエレクトロニクス社のマーク(←あれはAEな) 大きい船は全然揺れない この船、気に入った
伊江島 海原の向こうに伊江島が見えてきた
シンボルのトンガリ山、城山もはっきり見えている
海原の向こうに伊江島が見えてきた シンボルのトンガリ山、城山もはっきり見えている
伊江島 トム・クルーズが3人
アメリカの軍人さんだろう
伊江島にも米軍施設がある
沖縄は今年本土復帰50周年
今回も短い滞在ではあったが米軍の存在を身近に感じられた
トム・クルーズが3人 アメリカの軍人さんだろう 伊江島にも米軍施設がある 沖縄は今年本土復帰50周年 今回も短い滞在ではあったが米軍の存在を身近に感じられた
伊江島 地元のマダムが伊江島を見つめていた
入れ替わり立ち替わりでみんなが伊江島を見にくるようになった
やっぱり船内よりデッキだよね
地元のマダムが伊江島を見つめていた 入れ替わり立ち替わりでみんなが伊江島を見にくるようになった やっぱり船内よりデッキだよね
伊江島 船は島にどんどん近づいていく
平たい島にタッチューだけがぽこんとしているのは不思議といえば不思議
これが「オフスクレープ現象」というものらしい
伊江島の公式HPによれば『古い岩盤が新しい岩盤に潜りこむ中で一部が剥がれて新しい岩盤の上に乗る現象』だそうな
なのでタッチューは伊江島の岩盤よりも7千万年も古い地質(しかも岐阜城金華山と同じチャート質!)なのだという
ちなみにこの現象は理論としては考えられていたが、伊江島タッチューは実例が確認され証明された唯一の事例でもある
船は島にどんどん近づいていく 平たい島にタッチューだけがぽこんとしているのは不思議といえば不思議 これが「オフスクレープ現象」というものらしい 伊江島の公式HPによれば『古い岩盤が新しい岩盤に潜りこむ中で一部が剥がれて新しい岩盤の上に乗る現象』だそうな なのでタッチューは伊江島の岩盤よりも7千万年も古い地質(しかも岐阜城金華山と同じチャート質!)なのだという ちなみにこの現象は理論としては考えられていたが、伊江島タッチューは実例が確認され証明された唯一の事例でもある
伊江島 伊江島の城山「伊江島タッチュー」
まさに島のシンボルである
近海を通る船の目印としての役割も果たしてきた
これからあそこを登ると思うとちむどんどんしてくる
伊江島の城山「伊江島タッチュー」 まさに島のシンボルである 近海を通る船の目印としての役割も果たしてきた これからあそこを登ると思うとちむどんどんしてくる
伊江島 伊江島上陸
あっという間だった
暑いは暑いが海に囲まれているからかまだマシな感じ
伊江島はゴールデンウィーク頃のテッポウユリが素晴らしいらしい
でも真夏でもステキなハズ!
伊江島上陸 あっという間だった 暑いは暑いが海に囲まれているからかまだマシな感じ 伊江島はゴールデンウィーク頃のテッポウユリが素晴らしいらしい でも真夏でもステキなハズ!
伊江島 港のすぐ前にあるレンタカー・レンタサイクルのお店
島内マップもくれるし親切に見所も教えてくれてありがたい
13時の帰り便に乗りたいが城山含めて見所は3時間で行けそうだった
ちなみに1日借りて1000円也
港のすぐ前にあるレンタカー・レンタサイクルのお店 島内マップもくれるし親切に見所も教えてくれてありがたい 13時の帰り便に乗りたいが城山含めて見所は3時間で行けそうだった ちなみに1日借りて1000円也
伊江島 行くぜ!
と張り切って出発したがそこそこの坂があってこの暑さではシンドイ
まあ、ゆっくり行けばいいさ
ここは島だから、慌てない焦らない
行くぜ! と張り切って出発したがそこそこの坂があってこの暑さではシンドイ まあ、ゆっくり行けばいいさ ここは島だから、慌てない焦らない
伊江島 暑いけど亜熱帯のお花に癒される
ハイビスカスみたいな感じ
暑いけど亜熱帯のお花に癒される ハイビスカスみたいな感じ
伊江島 で、ハイビスカスもたくさん咲いていた
個人宅の生垣や道路の街路樹など、あちこちに植えられている
沖縄で見るハイビスカスは本当に美しい
で、ハイビスカスもたくさん咲いていた 個人宅の生垣や道路の街路樹など、あちこちに植えられている 沖縄で見るハイビスカスは本当に美しい
伊江島 途中で「芳魂之塔」に立ち寄る
伊江島は沖縄戦の激戦地のひとつだった
守備兵約2000人と住民約1500人が戦死した悲しい歴史がある
この塔はその約3500人が合祀されていて、
伊江島での戦闘が終結した4月21日にはここで平和祈願祭が行われるそうだ
昨日の沖縄慰霊の日はどこにもお参りできなかったから、ここで俺も祈りを捧げた
途中で「芳魂之塔」に立ち寄る 伊江島は沖縄戦の激戦地のひとつだった 守備兵約2000人と住民約1500人が戦死した悲しい歴史がある この塔はその約3500人が合祀されていて、 伊江島での戦闘が終結した4月21日にはここで平和祈願祭が行われるそうだ 昨日の沖縄慰霊の日はどこにもお参りできなかったから、ここで俺も祈りを捧げた
伊江島 そして「公益質屋跡」にも立ち寄る
ここも沖縄戦の戦跡である
砲撃で破壊された跡が戦時中の姿のまま残る
ウクライナの破壊された街の映像にも見られるような惨さがある
戦争の悲劇に違いはないとはいえ、
先の戦争はこの沖縄戦も含めてもっともっと悲惨なものだった
俺にはただ慰霊の気持ちを持って祈ることしかできなかった
そして「公益質屋跡」にも立ち寄る ここも沖縄戦の戦跡である 砲撃で破壊された跡が戦時中の姿のまま残る ウクライナの破壊された街の映像にも見られるような惨さがある 戦争の悲劇に違いはないとはいえ、 先の戦争はこの沖縄戦も含めてもっともっと悲惨なものだった 俺にはただ慰霊の気持ちを持って祈ることしかできなかった
伊江島 住宅街を抜けていく
城山タッチューはもうすぐそこだ
住宅街を抜けていく 城山タッチューはもうすぐそこだ
伊江島 南登山口に到着
長く急な階段を登っていく
自転車は決められた駐車場があるのでそこに置く
しかし自転車は一台もなかった(笑)
この暑さであるし他の観光客はレンタカーで移動しているのであろう
南登山口に到着 長く急な階段を登っていく 自転車は決められた駐車場があるのでそこに置く しかし自転車は一台もなかった(笑) この暑さであるし他の観光客はレンタカーで移動しているのであろう
伊江島 階段を登り切ると東登山口から続く駐車場に合流する
土産店もあって観光拠点や休憩には良さそうだ
目の前にタッチュー、ウォンチュー
階段を登り切ると東登山口から続く駐車場に合流する 土産店もあって観光拠点や休憩には良さそうだ 目の前にタッチュー、ウォンチュー
伊江島 駐車場の奥、土産物店の隣が登山口
石の階段や石畳が整備されていて観光客でも登れる
さあ、いくぜ!
ちむがどんどんするわけさ!
駐車場の奥、土産物店の隣が登山口 石の階段や石畳が整備されていて観光客でも登れる さあ、いくぜ! ちむがどんどんするわけさ!
伊江島 一歩入ると空気がガラリと変わる
なんか、なんかね、神秘的なの
匂いも音も本土のお山とは違うな、やっぱり
一歩入ると空気がガラリと変わる なんか、なんかね、神秘的なの 匂いも音も本土のお山とは違うな、やっぱり
伊江島 ほどなくして始まる急階段
石灰岩っぽい階段だから滑りやすいみたい
今日はサンダルで来てしまった
絶対コケないように全集中で行く
ほどなくして始まる急階段 石灰岩っぽい階段だから滑りやすいみたい 今日はサンダルで来てしまった 絶対コケないように全集中で行く
伊江島 お花はほとんど咲いていない
時期的なものだろうか
それより樹々の繁りが凄い
亜熱帯の森はジャングルだね、基本
お花はほとんど咲いていない 時期的なものだろうか それより樹々の繁りが凄い 亜熱帯の森はジャングルだね、基本
伊江島 ずっと階段
だけどずっと急登
登山道が日陰にあるのが救い
ずっと階段 だけどずっと急登 登山道が日陰にあるのが救い
伊江島 そしてついに山頂へ
このタイミングでは誰もいなかった
貸切、ありがてー
そしてついに山頂へ このタイミングでは誰もいなかった 貸切、ありがてー
伊江島 まさかやー!
何この絶景
今までに見たことのないタイプの景観だった
まさかやー! 何この絶景 今までに見たことのないタイプの景観だった
伊江島 碧い海、青い空そして伊江島の風景
碧い海、青い空そして伊江島の風景
伊江島 ここから見える何もかもが溶け合って夏景色を作っていた
ここから見える何もかもが溶け合って夏景色を作っていた
伊江島 タッチューの上には三角点があった
四等三角点「城(ぐすく)」
昭和39年選点の新しいもの
山頂には山名標識や祠などはなく、三角点の他には巨人?の足形とされる岩の窪みがあるのみ
タッチューの上には三角点があった 四等三角点「城(ぐすく)」 昭和39年選点の新しいもの 山頂には山名標識や祠などはなく、三角点の他には巨人?の足形とされる岩の窪みがあるのみ
伊江島 ここで休憩する
さっき船の売店で買ったポークたまごおにぎり
いや〜これは贅沢な休憩だ
しかしやけに落ち着く山頂というか岩場
実はこのお山はチャートのお山
慣れ親しんだ岐阜城金華山と同じ岩石でできている
だからか〜(笑)
ここで休憩する さっき船の売店で買ったポークたまごおにぎり いや〜これは贅沢な休憩だ しかしやけに落ち着く山頂というか岩場 実はこのお山はチャートのお山 慣れ親しんだ岐阜城金華山と同じ岩石でできている だからか〜(笑)
伊江島 「伊江島タッチュー」こと「城山」標高172m 登頂
やったぜ
沖縄県で最初に登った記念すべきお山
俺はこの日ここから眺めた夏景色を生涯忘れることはないだろう
「伊江島タッチュー」こと「城山」標高172m 登頂 やったぜ 沖縄県で最初に登った記念すべきお山 俺はこの日ここから眺めた夏景色を生涯忘れることはないだろう
伊江島 名残惜しいが下山
帰りの船までにあと二つ見たい
ここはまた訪れてみたいと思った
本当に素晴らしい絶景
名残惜しいが下山 帰りの船までにあと二つ見たい ここはまた訪れてみたいと思った 本当に素晴らしい絶景
伊江島 登山口まで下ってくると隣に祠があった
伊江島タッチューもまた「御嶽(うたき)」だったのだ
聖なるお山に快晴の日に登らせてもらえたことに御礼申し上げた
登山口まで下ってくると隣に祠があった 伊江島タッチューもまた「御嶽(うたき)」だったのだ 聖なるお山に快晴の日に登らせてもらえたことに御礼申し上げた
伊江島 隣の土産物店で涼む
そして例のサイダーを所望
伊江島の「湧出」の水を使ったオリジナルサイダーらしい
隣の土産物店で涼む そして例のサイダーを所望 伊江島の「湧出」の水を使ったオリジナルサイダーらしい
伊江島 ピンクと白を飲んでみた
でーじまーさん
スカッと爽やかイエソーダ
ブラックが一番人気があるらしい
これはオススメできる
ピンクと白を飲んでみた でーじまーさん スカッと爽やかイエソーダ ブラックが一番人気があるらしい これはオススメできる
伊江島 伊江島タッチュー、最高タッチューの!
なんだか、すみませんな雰囲気…
でもオキナワのお山デビューにはもってこいのナイスなお山タッチューの!
伊江島タッチュー、最高タッチューの! なんだか、すみませんな雰囲気… でもオキナワのお山デビューにはもってこいのナイスなお山タッチューの!
伊江島 タッチューの次は「湧出」に行ってみよう
タッチューの次は「湧出」に行ってみよう
伊江島 サトウキビ畑や何やら見知らぬ作物の畑を抜けていく
沖縄戦の激戦地だったことなど思わせないくらいに穏やかな風景
サトウキビ畑や何やら見知らぬ作物の畑を抜けていく 沖縄戦の激戦地だったことなど思わせないくらいに穏やかな風景
伊江島 タッチューから湧出への道
思わず桐谷さんみたく全力立ち漕ぎしてしまう
自転車で巡る離島では久高島も人気があるが、あそこよりも広いので自転車は使い勝手が高い
タッチューから湧出への道 思わず桐谷さんみたく全力立ち漕ぎしてしまう 自転車で巡る離島では久高島も人気があるが、あそこよりも広いので自転車は使い勝手が高い
伊江島 そして湧出に到着
公園みたい
しかし誰もいない
ここも貸切利用
いいのかな(笑)
そして湧出に到着 公園みたい しかし誰もいない ここも貸切利用 いいのかな(笑)
伊江島 きゃー
目の前に青い海
これがオキナワの夏の海かあ
もちと近づいてみよう
きゃー 目の前に青い海 これがオキナワの夏の海かあ もちと近づいてみよう
伊江島 「qあwせdrftgyふじこlp」
そこにはもう言葉にならない大海原が待っていた
これが湧出の絶景か…!
「qあwせdrftgyふじこlp」 そこにはもう言葉にならない大海原が待っていた これが湧出の絶景か…!
伊江島 港のある南の浜辺とは違って、北側は断崖絶壁になっている
しかしこの60mもある断崖の下からは海へと綺麗な真水が流れ出ていて、
昔はこの断崖を下って飲料水を汲みに行っていたそうな
港のある南の浜辺とは違って、北側は断崖絶壁になっている しかしこの60mもある断崖の下からは海へと綺麗な真水が流れ出ていて、 昔はこの断崖を下って飲料水を汲みに行っていたそうな
伊江島 湧出の水はあるのに水不足に悩まされていた島民
それも終戦後に米軍がここに輸送管を作り、また本島からの海底送水設備が設置されたりして解消されたそう
この大絶景も島の生活の一部だったことを知った
湧出の水はあるのに水不足に悩まされていた島民 それも終戦後に米軍がここに輸送管を作り、また本島からの海底送水設備が設置されたりして解消されたそう この大絶景も島の生活の一部だったことを知った
伊江島 こけしも記念撮影
おそらく、湧出に来たこけしグッズはコイツらが史上初であろう
沖縄に来られていがったなや〜
こけしも記念撮影 おそらく、湧出に来たこけしグッズはコイツらが史上初であろう 沖縄に来られていがったなや〜
伊江島 湧出からは旧滑走路に沿って一気に南下
最後の見どころに向かう
島内は結構クルマも通るので安全運転を心がけたい
湧出からは旧滑走路に沿って一気に南下 最後の見どころに向かう 島内は結構クルマも通るので安全運転を心がけたい
伊江島 着いた、ニャティヤ洞
ここはちらほら観光客
でもみんなクルマで来ている
レンタサイクルで十分回れるんだぜ
でもいろんなところで写真ばかり撮っているからだいぶ時間が押してきた(笑)
着いた、ニャティヤ洞 ここはちらほら観光客 でもみんなクルマで来ている レンタサイクルで十分回れるんだぜ でもいろんなところで写真ばかり撮っているからだいぶ時間が押してきた(笑)
伊江島 アキサミヨー!
ここも絶景かよ(爆)
夏色1000%
なんちゅう綺麗な島
伊江島サイコー
アキサミヨー! ここも絶景かよ(爆) 夏色1000% なんちゅう綺麗な島 伊江島サイコー
伊江島 しかしこのニャティヤ洞は海を見る場所というよりも信仰の場所、拝所なのだった
その拝所となっている洞窟へ向かう
しかしこのニャティヤ洞は海を見る場所というよりも信仰の場所、拝所なのだった その拝所となっている洞窟へ向かう
伊江島 岩の間から南国の海
本当に南の島に来ているんだなあとしみじみする
岩の間から南国の海 本当に南の島に来ているんだなあとしみじみする
伊江島 洞窟は「千人洞(せんにんガマ)」と呼ばれてもいる
実際にかなり巨大な空間でコンサートでもできそうなほどだ
戦時中はここが防空壕となり多くの住民が隠れ住み命を繋いできた
ここは聖地であり戦跡であった
洞窟は「千人洞(せんにんガマ)」と呼ばれてもいる 実際にかなり巨大な空間でコンサートでもできそうなほどだ 戦時中はここが防空壕となり多くの住民が隠れ住み命を繋いできた ここは聖地であり戦跡であった
伊江島 ニャティヤ洞には「力石(ビジル石)」という聖なる石がある
子宝に恵まれない夫婦が持ち上げて軽ければ女の子、重ければ男の子を授かるという
伊江島のパワースポットである
ニャティヤ洞には「力石(ビジル石)」という聖なる石がある 子宝に恵まれない夫婦が持ち上げて軽ければ女の子、重ければ男の子を授かるという 伊江島のパワースポットである
伊江島 千人洞からは海もよく見える
石灰岩の岩場だから波に侵食されて出来た洞窟であろう
その海につながる穴は時間帯や陰影でさまざまなものに見えるらしい
時にはハートだったりお腹の中の赤ちゃんのようだったり
この時は天狗に見えた?!
ぜひ一度何が見えるか確かめに訪れてほしい
千人洞からは海もよく見える 石灰岩の岩場だから波に侵食されて出来た洞窟であろう その海につながる穴は時間帯や陰影でさまざまなものに見えるらしい 時にはハートだったりお腹の中の赤ちゃんのようだったり この時は天狗に見えた?! ぜひ一度何が見えるか確かめに訪れてほしい
伊江島 拝所、聖地というと本島南部の斎場御嶽を思い出すが、
あそこはなんだか頭が痛くなるほど強い力を感じるのだが、ここはそれが全くない
むしろ心地よい安心感さえ感じる
理屈ではわからないことだが、この青い海の色が精神に及ぼす作用なのかも知れぬ
拝所、聖地というと本島南部の斎場御嶽を思い出すが、 あそこはなんだか頭が痛くなるほど強い力を感じるのだが、ここはそれが全くない むしろ心地よい安心感さえ感じる 理屈ではわからないことだが、この青い海の色が精神に及ぼす作用なのかも知れぬ
伊江島 ニャティヤ洞から港への途中、所々で海が見える
本当に綺麗な色をした海である
エメラルド色のところはサンゴか白い砂があるのだろう
奥の青い層は深い海
島ならではの景色にうっとり
ニャティヤ洞から港への途中、所々で海が見える 本当に綺麗な色をした海である エメラルド色のところはサンゴか白い砂があるのだろう 奥の青い層は深い海 島ならではの景色にうっとり
伊江島 なんとか時間までに帰還
短い時間だったが世話になった
しかし自転車で巡っている観光客は全然見かけなかったぞ(笑)
自分も今度はエレカーで周ってみたいなあ
なんとか時間までに帰還 短い時間だったが世話になった しかし自転車で巡っている観光客は全然見かけなかったぞ(笑) 自分も今度はエレカーで周ってみたいなあ
伊江島 予定通り13時発の便に乗船
帰りの船は朝とは違うフェリーだった
船内のレイアウトは違うけど売店で売っているものは同じだったのは嬉しい
お腹が減ってきたのでジューシーおにぎりを所望
これで200円也、やっす!
でーじまーさん
さんぴん茶も今日すでに2本目である(笑)
予定通り13時発の便に乗船 帰りの船は朝とは違うフェリーだった 船内のレイアウトは違うけど売店で売っているものは同じだったのは嬉しい お腹が減ってきたのでジューシーおにぎりを所望 これで200円也、やっす! でーじまーさん さんぴん茶も今日すでに2本目である(笑)
伊江島 しばし冷房の効いた船内でクールダウン
しかしやっぱりデッキで潮風に吹かれたくなる(笑)
伊江島、ありがとう
美ら島だった
しばし冷房の効いた船内でクールダウン しかしやっぱりデッキで潮風に吹かれたくなる(笑) 伊江島、ありがとう 美ら島だった
伊江島 本部半島はすぐ目の前
朝はあの山々に厚い雲がかかっていたけどそれもはれた
明日の朝天気が良ければあの辺りのお山に登るか考え中
ちむどんどんするが今日何回目のどんどんだろうか…
これでは身が持たない(笑)
本部半島はすぐ目の前 朝はあの山々に厚い雲がかかっていたけどそれもはれた 明日の朝天気が良ければあの辺りのお山に登るか考え中 ちむどんどんするが今日何回目のどんどんだろうか… これでは身が持たない(笑)
伊江島 定刻通りに本部港に到着
時間はまだあるので”やんばる”行きを決行する
その前に古宇利島に寄ってみた
昔友人たちといつも行く島だった
でも今回はちむどんどんせず
沖縄も年齢によって行きたい場所楽しめる場所は変わってくるのやもしれぬ
定刻通りに本部港に到着 時間はまだあるので”やんばる”行きを決行する その前に古宇利島に寄ってみた 昔友人たちといつも行く島だった でも今回はちむどんどんせず 沖縄も年齢によって行きたい場所楽しめる場所は変わってくるのやもしれぬ
伊江島 古宇利島から戻ってR58をさらに北上
いよいよ”やんばる”に入っていく
目指すはあの岬の先っぽ
次は何が待ち受けているのか
まだ見ぬ秘境と絶景を求めてクルマを走らせた
次回やんばる編に続きます
ありがとうございました
古宇利島から戻ってR58をさらに北上 いよいよ”やんばる”に入っていく 目指すはあの岬の先っぽ 次は何が待ち受けているのか まだ見ぬ秘境と絶景を求めてクルマを走らせた 次回やんばる編に続きます ありがとうございました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。