蓼科山、濃霧&爆風

2022.06.24(金) 日帰り

当初の計画では、中央アルプス空木岳の池山尾根ピストン。4:30に駒ヶ根高原登山口に着いたが、濃霧と雷で出発前に撤退判断。あーあー。 ここまで来たんだから、どこか登って帰ろうとお手軽な山を探した。 あるじゃん未開拓の蓼科山、YAMAP諸先輩方の日記を食い入るように観て、いつかはチャレンジしようと思っていた山。 どちらにせよ戻り道だし、まだ時間も早いので、初、諏訪湖SAで休憩しつつ、移動した。 7時前、すずらん峠登山口着。こちらもガスっていて、やや不安だが、登攀距離は短いし、さっと行ってさっと帰ろう。 登山路は、歩きやすく、上りやすく、距離も800mとお手軽。写真も全然取らなかった笑笑 が、甘かった。。。。 山頂部の岩場の箇所に出たところで、濃霧と暴風、立ってられない。 ここまで来たからには、四つん這いで、何とか山頂に。山頂標識も、暴風で写真もろくにとれないので、座ったまま。笑笑 ある意味、記憶に残る登山に。 下山は11時、まだ時間あるし、2座目を目指してお手頃なお山が無いか探して、これも初チャレンジの霧ヶ峰(車山)に行ってきた。ここからの眺望は最高でした。 八ヶ岳全体で、蓼科だけ山頂が常にガスっていた。不思議だなー、晴れるときに家族とまた来よう。

何気に初、諏訪湖。

何気に初、諏訪湖。

何気に初、諏訪湖。

蓼科山はこっちか。全然見えん。

蓼科山はこっちか。全然見えん。

蓼科山はこっちか。全然見えん。

登山口前の茶屋。

登山口前の茶屋。

登山口前の茶屋。

登山口

登山口

登山口

登山口2

登山口2

登山口2

上りやすいが、ガスガス。

上りやすいが、ガスガス。

上りやすいが、ガスガス。

山頂、標識も暴風で飛ばされそう。

山頂、標識も暴風で飛ばされそう。

山頂、標識も暴風で飛ばされそう。

真っ白。

真っ白。

真っ白。

満身創痍で自撮りおじさん。

満身創痍で自撮りおじさん。

満身創痍で自撮りおじさん。

下山時、ようやく眺望が。

下山時、ようやく眺望が。

下山時、ようやく眺望が。

車山から蓼科方面を自撮り。

車山から蓼科方面を自撮り。

車山から蓼科方面を自撮り。

蓼科だけ、山頂がガスガス。不思議だ。

蓼科だけ、山頂がガスガス。不思議だ。

蓼科だけ、山頂がガスガス。不思議だ。

何気に初、諏訪湖。

蓼科山はこっちか。全然見えん。

登山口前の茶屋。

登山口

登山口2

上りやすいが、ガスガス。

山頂、標識も暴風で飛ばされそう。

真っ白。

満身創痍で自撮りおじさん。

下山時、ようやく眺望が。

車山から蓼科方面を自撮り。

蓼科だけ、山頂がガスガス。不思議だ。

この活動日記で通ったコース