梅雨時期の登山なので潔く雨を受け入れてみた【ニュウ・黒百合ヒュッテ】

2022.06.22(水) 2 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 10
休憩時間
3 時間 15
距離
7.5 km
上り / 下り
655 / 355 m
59
2
19
1 18
DAY 2
合計時間
4 時間 29
休憩時間
1 時間 41
距離
4.8 km
上り / 下り
155 / 454 m
23
1 14
1 3
9

活動詳細

すべて見る

 梅雨真っ只中、しかし登山には行きたい。ならば、いっそのこと雨登山を楽しんでしまえばいいのではないか。始まりはそんなものだった。  雨の中でも楽しめる山歩きと言えば……苔。すなわち北八ヶ岳。  折しも、テント泊の練習をしたいという友人と予定があったので、白駒池周辺の苔を楽しみつつ黒百合ヒュッテにテント泊をしに行くことにした。  予報はもちろん雨。白駒池駐車場からまずはニュウを目指して進んでいく。  白駒池周辺の森はまさに苔の宝庫! 曇天なのも相まって、森は幻想的な雰囲気を纏って霧の底に沈んでいる。シャッターを切る手が止まらない。足は全く前に進まない。  結局、コースタイムを大幅に遅れてニュウに到着。周囲は完全にガスって眺望は皆無だったものの、僕らの気分はひたすらに高まる。  続くニュウから中山峠までの稜線歩きも、苔むした景色が続き最高だった。  13:30、黒百合ヒュッテに到着しテント泊の手続きを済ませる。ギリギリで昼食をいただき(ランチ喫茶は14:00まで)、テントを設営したら、周辺の散策に出掛ける。  天狗の奥庭を一周することにして軽装で出発すると、待っていたかのように雨が降り始めた。これだ、これを待っていたんだ。雨の中の山歩き。  雨が降って霧に包まれた夕方の天狗の奥庭は、幻想的で厳かだった。  聞こえてくるのは、シェルに打ち付ける雨の音と濡れた岩場を進む二人分の足音だけ。景色が見えない中、濡れた身体の不快感と僅かに感じる肌寒さ。厳しい自然の中に実際に身を置いているという事実が、一つ一つの感覚を鋭敏にさせて、神経を昂らせて止まない。  晴れの天狗の奥庭ももちろん良いのだろうけれど、水の底に沈んだような雰囲気のこの奥庭も捨てがたいと感じた。  雨登山の最大の醍醐味を味わえたような気がする。  そんな最高な時間だったが……ちゃんとマイナス面も味わえた。  ぐっしょりと濡れたウェアは脱ぐのが億劫だったし、身体も冷えた。テント内と他の荷物を濡らさないように気を遣うのも面倒だったし、何より中まで服が濡れてしまったのが大変だった(ハードシェルの防水性に期待しすぎてしまった…)。  その後は夕飯をテント内で摂り、服を脱いでシュラフにくるまった。雨は止む気配は無く、他に誰も居ない貸切状態のテン場でテント越しに友人とのんびりと会話をして過ごす。  ゆったりとした時間だった。  翌日も、雨は未だ止む気配無し。土砂降りの中テントを撤収し、下山開始。  高見石小屋に着く頃には雨もほぼ上がり、晴れ間すら見えるように。白駒池までの森の中でそれぞれ思い思いに写真を撮り、牛歩のごとき遅さでようやく駐車場まで戻った。  今回は雨天登山時の経験をするというコンセプト通り、酸いも甘いも味わえた良き山行だった。  実際に雨の山歩きや雨天時のテント撤収を経験できたことで、沢山の課題も今回得ることが出来たし、また一つ(僅かながら)成長できたかもしれない。  そして今回も沢山の人と会い、話をすることができた。  白駒池ですれ違った二人組のテント泊ハイカーさん、かつて裸足の登山客を目撃したという山岳会のおじいさん、黒百合ヒュッテのヤマノススメ好きのお兄さん、中山展望台で話した青いレインウェアのソロハイカーさん、高見石小屋で出会った三人家族の方、タバコをふかしながら登るイカした旦那と泥水珈琲のエピソードを話してくれた奥さん、それぞれ違いつつも楽しい会話をすることができ、充実した二日間だった。下界でよりも人と話している気がする…  そして何より、最高の時間と雰囲気を共有できた最高のダチに感謝!おつかれ!  でも、高見石小屋で青い空を見て思ったのは、やっぱり晴れって良いな、だった。

八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 今回の我々の相棒たち。お前たちに全てがかかっている。
今回の我々の相棒たち。お前たちに全てがかかっている。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 白駒池入口。登山客以外の観光客も大勢いた
白駒池入口。登山客以外の観光客も大勢いた
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 荷物は重くとも足取りは軽い
荷物は重くとも足取りは軽い
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) もういきなり苔。最高すぎる
もういきなり苔。最高すぎる
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 白駒池までは道幅の広い木道が整備されていて、歩きやすい
白駒池までは道幅の広い木道が整備されていて、歩きやすい
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 四ツ葉のクローバーは見つけられなかったよ
四ツ葉のクローバーは見つけられなかったよ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 森の中でヘルメット、だと……!?
森の中でヘルメット、だと……!?
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ニュウの表記揺れが激しすぎる。この他、「にゅう」「ニュー」など。一体どれが正しいんだ
ニュウの表記揺れが激しすぎる。この他、「にゅう」「ニュー」など。一体どれが正しいんだ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 白駒池周回ルートも大体こんな感じに整備されている
白駒池周回ルートも大体こんな感じに整備されている
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 本当にもののけ姫の世界を歩いてる感じ
本当にもののけ姫の世界を歩いてる感じ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 倒木にむす苔って最高ですよね
倒木にむす苔って最高ですよね
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) いや~、まじで最高
いや~、まじで最高
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これは…シャクナゲに似てるけど、なんだろう
これは…シャクナゲに似てるけど、なんだろう
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 生命の芽生え
生命の芽生え
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 雨で濡れた森は生き生きとしてる気がする
雨で濡れた森は生き生きとしてる気がする
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 何枚でも撮っちゃう
何枚でも撮っちゃう
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 霧に沈む森。湿度はMAX
霧に沈む森。湿度はMAX
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) まさに雨の森といった風情
まさに雨の森といった風情
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 緑と茶色と青
緑と茶色と青
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) にゅう、到着!
にゅう、到着!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 何も見えないのにとりあえず眺める
何も見えないのにとりあえず眺める
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 霧の切れ間に白駒池が一瞬顔を覗かせる
霧の切れ間に白駒池が一瞬顔を覗かせる
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 白駒池を狙う
白駒池を狙う
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 道中様々な表記揺れがあったけど、山頂は「にゅう」でした
道中様々な表記揺れがあったけど、山頂は「にゅう」でした
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ニュウから中山峠を目指す
ニュウから中山峠を目指す
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 友人がくれたチップス。疲れた身体に塩分が染み渡る
友人がくれたチップス。疲れた身体に塩分が染み渡る
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ところどころ木道が整備されている。翌日、ここは池に姿を変え、その時木道の意味を知った
ところどころ木道が整備されている。翌日、ここは池に姿を変え、その時木道の意味を知った
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中山峠手前にある展望台。ほぼガス
中山峠手前にある展望台。ほぼガス
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 中山峠!
中山峠!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ランチ喫茶終了30分前に滑り込み!
今日はハンバーグカレーをいただく
ランチ喫茶終了30分前に滑り込み! 今日はハンバーグカレーをいただく
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 昼食も摂り、テントも設営し終えて、さて散策へ
昼食も摂り、テントも設営し終えて、さて散策へ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 黒百合ヒュッテから春をお届けします
黒百合ヒュッテから春をお届けします
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) イワカガミ。可愛いね
イワカガミ。可愛いね
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 天狗の奥庭へ。瞬く間に標高を上げていく
天狗の奥庭へ。瞬く間に標高を上げていく
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) すり鉢池。ほんとに幻想的
すり鉢池。ほんとに幻想的
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) なんとも言えぬ良い雰囲気を湛える場所
なんとも言えぬ良い雰囲気を湛える場所
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 人里離れた無人の岩場を、雨を感じながら進む
人里離れた無人の岩場を、雨を感じながら進む
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 滑るので足元注意!
滑るので足元注意!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 目印があるので雨の中でもルートは分かりやすい
目印があるので雨の中でもルートは分かりやすい
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 奥庭から戻り、テントへ。
今回新しく買ったSnow Peakのたねほおずき。テント内を照らすランタンとしては最高だった
奥庭から戻り、テントへ。 今回新しく買ったSnow Peakのたねほおずき。テント内を照らすランタンとしては最高だった
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 本日の我が家
本日の我が家
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) まるで水の底に沈んでいるかのような
まるで水の底に沈んでいるかのような
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) テン場は僕らだけの貸切!
こんな天気だし、そりゃそうか笑
テン場は僕らだけの貸切! こんな天気だし、そりゃそうか笑
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 霧雨が降ってるので良い感じに光が乱反射してくれた
霧雨が降ってるので良い感じに光が乱反射してくれた
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 翌日。土砂降りの中撤収作業
翌日。土砂降りの中撤収作業
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ほんとダルい……
ほんとダルい……
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) これが黒百合ヒュッテに来たもう一つの目的。
黒百合ヒュッテデザインのナルゲンボトル!
 
これが黒百合ヒュッテに来たもう一つの目的。 黒百合ヒュッテデザインのナルゲンボトル!  
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 撤収して出発し、中山経由で高見石小屋へ。
道中は雨が降っていて写真ゼロ
撤収して出発し、中山経由で高見石小屋へ。 道中は雨が降っていて写真ゼロ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 外に積んである薪がおしゃれ
外に積んである薪がおしゃれ
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 高見石小屋の揚げパン。最高に美味しかった!
見覚えがあるな~と思ったら、道中散々見た苔むした岩だった笑
高見石小屋の揚げパン。最高に美味しかった! 見覚えがあるな~と思ったら、道中散々見た苔むした岩だった笑
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ここは本当に苔の宝庫
ここは本当に苔の宝庫
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 木漏れ日が倒木を照らし出す
木漏れ日が倒木を照らし出す
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 瑞々しい木の葉
瑞々しい木の葉
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 本当に美しい森
本当に美しい森
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) ずっと歩いていたい
ずっと歩いていたい
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔。
苔。
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔!
苔!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔!!
苔!!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) シェルの色が景色と同化してる……
シェルの色が景色と同化してる……
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 苔!!!
苔!!!
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) あまりの湿度にレンズが結露して、でも結果的にオシャレな一枚が撮れた
あまりの湿度にレンズが結露して、でも結果的にオシャレな一枚が撮れた
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 写真を撮る手が止まらない!足は止まる
写真を撮る手が止まらない!足は止まる
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) いつか、白駒池周辺を1日ずっと散策したいね
いつか、白駒池周辺を1日ずっと散策したいね
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 本当にずっと見ていても飽きない景色
本当にずっと見ていても飽きない景色
八ヶ岳(赤岳・硫黄岳・天狗岳) 相棒よ、段々使い慣れてきて愛着が湧いてきたぞ
相棒よ、段々使い慣れてきて愛着が湧いてきたぞ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。