蝶ヶ岳テント泊

2022.06.21(火) 3 DAYS

活動データ

タイム

15:58

距離

27.5km

上り

1571m

下り

1572m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 48
休憩時間
2 時間 45
距離
12.2 km
上り / 下り
1335 / 181 m
DAY 2
合計時間
5 時間 14
休憩時間
32
距離
8.8 km
上り / 下り
139 / 1228 m
DAY 3
合計時間
1 時間 55
休憩時間
0
距離
6.3 km
上り / 下り
95 / 152 m
4
4

活動詳細

すべて見る

2月に籍を入れ、今回は新婚旅行です 2人とも初めてのアルプス🏔 天気予報は悪いけどなんとか登れそうな条件 不安と期待を胸に飛行機に✈️ 松本ではさとゆかさんに連れ回してもらい 移動日とは思えないほど遊びました 山登る前日とは思えないほど飲みました笑 松本のホテルに泊まり、翌日は5:30の松本→上高地行きのバスに乗車。 7:30スタート、いよいよです 徳澤園から長塀尾根を使って長ーい登りを進みます やっとこさの長塀山、途中で仕込んだアルファ米をかっこみ回復。美味すぎた。 2500m地点でも樹林帯なのは、北海道勢の我らには辛かったです。 さぁいよいよ森林限界となりハイマツゾーン、見慣れた光景に嬉しくなる。残雪はあるものの普通に歩けるので持っていったチェーンアイゼンは使いませんでした。 そしていきなり現れる穂高連峰。 雨予報が、雨は降らず、それだけでも幸いなのにこんな絶景が見れるなんて、、 テント受付をしてテントを張り、念願のビール🍻 きなこ味のおはぎはどストライクな美味しさ、これは翌日ヒュッテを後にする時にも購入しています。 話は戻り、この頃にはガスってきたけどそれでも嬉しい、達成感抜群の山頂タイム。 もうガスで景色はないだろうなと諦めていたら、徐々に穂高連峰が見えてくるではないか。 しかも槍ヶ岳まで見えて、さらにさらに燃え上がるような夕焼けまで。 今回は天気は悪いだろうと思っていた所へのこのご褒美タイム、山頂にいる誰しもが歓喜に沸きました。 夕焼けは日が沈んでからがまた凄い。 写真では表せない程の色彩を放った後、まるでショーが終わるかの如くあっという間に穂高連峰は雲のカーテンに包まれ、満足な気持ちに浸りつつ皆各々の寝床に戻っていきました。 雲が散ったり沸き起こったりを繰り返してはいるけど、上空の天気は安定しててもしかしたら星が見えるかも?と思ったけど、新調した快適なエアマットと疲労が相まって熟睡。 4時頃、他のテント泊者の嬉々とする声で目覚め、なんか凄いらしいよとめぐちゃんを叩き起こし、テントを開けてみると、、 マジックアワーの雲海が眼前に広がっていました。 これまでに何度も雲海や、日の出前の青いような紫のような幻想的な世界は目にしてきたけれど、寝起きでテントを出てすぐの景色がこれというのは初めてで、ハッと息を呑むような美しさに特別な感動を覚えました。 コーヒーを飲みながらぼーっと眺める。 すごいですね、きれいですね、と他の宿泊者と声をかけ合うのもまた良き。 この日、この時間、同じ場所にいたのはこれまで会ったこともない他人ではあるけど、この瞬間を共有できたことを嬉しく感じました。 そして旦那さんとなっためぐちゃんと、計画してた段階からどうかなー天気もつかなー山やめた方がいいかなーなんて二転も三転も四転もして、なんとか来れた蝶ヶ岳。来てよかった。 この最高の時間を共に過ごせて良かったなと思います。 朝ごはんを食べた後はテントを撤収し、蝶槍へ。 初めて見る雷鳥さんがとてつもない至近距離で動画と写真を撮らせてくれました。 蝶槍のてっぺんからは、常念岳を眺めながら、いつかまた縦走しにこよう、あっちの方も行けるかな?等想像を膨らませます。 横尾山荘経由で徳澤へ帰還。 雲行きはどんどん怪しくなりますが、もう絶景を見れたのでどんなに雨が降っても痛くも痒くもありません。 徳澤にてテントを張ります。ここで雨が降り始める。他にはタープ張りの男性1人だけ。 お昼を食堂で、私は月見そば、めぐちゃんは野沢菜チャーハン。 ご飯がほんとに美味しくて、夕飯も予約してたのでワクワクして昼寝につきます。 夕飯はおでん+白米と、カレーライス。 宿の人の温かさに触れて余計に美味しく感じました。ご馳走様でした。 さて、雨もやまないし、外は暗いし、もう寝るしかありません。ということで18時過ぎには就寝。 私はなかなか寝付けず、19時くらいかな。めぐちゃんは爆睡です。 寝たと思ったのも束の間、1時には「スッキリ寝たー!」レベルの目覚めをしてしまい、そこから色んな考えごとをしながら暇つぶしを。 4時に起床、テント撤収をし5時徳澤発。上高地まで帰還しました。 お土産を選んでいたら、小梨平のトイレのところで先ほど熊を見たと、カメラを持ったおじさま。私たちもさっきそこ通過しましたけど、、クマさんに会わなくて良かったです。 7:50のバスに乗り、途中新島々駅で電車に乗り換え、松本へ。 コインロッカーに荷物を預け、身軽になって銭湯瑞祥に行きました。 3晩越してのお風呂は感動ものだった、、 今は新宿行きのバスに乗って、まもなく到着というところです。 明日、明後日は炎天下のディズニーシー、ランドを楽しみ旅の終演としたいと思います。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。