木曽駒ケ岳 霧と雨と風で視界ゼロ。景観なし(泣)

2014.07.27

活動詳細

詳しく見る
木曽駒ケ岳へ行ってきました。 菅の台バスセンター→バスでたたみ平ロープウェイ駅→ロープウェイにて千畳敷へ。 朝の4時過ぎからバスとロープウェイの切符を菅の台バスセンターにて販売開始。私は4時半ごろに切符を購入しバスの乗車待ちの列に並びました。 この時期は臨時便が出ているみたいで始発(5:00)よりも早い時間からバスが出ていました。私は始発に乗りたたみ平ロープウェイ駅へ。 ここまでは快晴とまではいきませんが晴れていたため期待をしていたんですが、ロープウェイに乗り千畳敷駅へ行くと…真っ白な霧。前方の視界は10メートルほど(泣)かなりガッカリしましたがとりあえず友人と行けるところまで行こうということで浄土乗越へ。ここでが雨が降ってきて、さらに稜線に出たことにより風が強くなって大変でした。 結局最後まで視界は良くならず、予定していた宝剣岳はキャンセル、なんとか木曽駒ケ岳の頂上に行って帰ってきた次第です。 天気が良ければすばらしい展望が眺めると聞いていたので、ぜひリベンジしたいです! 帰りに救助隊員に背負われて救急搬送されていく方がみえました。足を怪我されていたようでしたが、やはりこういった天気での行動は普段以上に注意が必要なんだと感じました。怪我をされた方が軽症であることを願っています。 帰りのロープウェイは非常に混雑しており整理券を配布していました。だいたい整理券をもらって1時間半から2時間待ちでした。私は初めて木曽駒ケ岳に行きましたが、たぶん繁忙期はいつもこんな感じなんだろうと思いました。ロープウェイの最終便が17時だったので日帰りで考えている方は余裕のある行程を組むことをお勧めします。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。