奥深い皇海山⛰

2022.06.18(土) 日帰り

活動データ

タイム

12:22

距離

25.8km

上り

2294m

下り

2294m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 22
休憩時間
1 時間 9
距離
25.8 km
上り / 下り
2294 / 2294 m
1
1 44
50
21
1
10
42
57
52
29
2 16
1 35

活動詳細

すべて見る

栃木県民ならいつかはと思っていた皇海山へ。 YAMAPで繋がっているまっつーさんとご一緒です。 前日登山口近くで車中泊し、朝3時半ごろ銀山平登山客駐車場へ。すでに満車に近かかったものの、どうにか駐車。 ※後ほど知りましたが、すぐ上がったところにも臨時駐車場がありました。 まっつーさんと合流し、まずは庚申山荘まで長い林道から登山道を進みます。 一の鳥居からの登山道は緩やかに高度を上げていくものの、比較的歩きやすく、新緑の気持ちよい道を進みます。 駐車場から2時間弱、やっと庚申山荘に到着です。 無人の山小屋で宿泊ができるようです。 山荘の周りはクリンソウの群生地で見頃でした。 庚申山荘からは道が険しくなり、コウシンソウ、コウシンザクラなどを探しながら庚申山を目指します。梯子ややや急な岩場などがあり、面白い道でした。 庚申山は眺望なし、先を急ぎます。 庚申山〜いくつかのピークを越え、鋸山へ。 この鋸山への取りつきが皇海山登山の核心部で、長い鎖場、梯子、細尾根、がれ場など要注意箇所が多めでした。 この辺りは行き交う人も増え、やや渋滞も起きてました。 鋸山山頂はこの山行唯一の眺望ポイントで、これから向かう皇海山が一望できます。 やや広いスペースもあり、休憩にも適していました。 鋸山からがれている急坂を一旦降り、皇海山へ登り返します。この辺りは見た目ほどきつくはありませんでした。 皇海山に到着したのはスタートから約6時間後でした。多くの方が休憩されており、さすが百名山です。 食事を済ませ、下山です。 下山は鋸山から六林班峠というルートを経て、きた山々を巻く道ですが、これが長い。 六林班峠までは藪が深く、足場も悪く、ピンクを探しながら進み、そこからの巻道はひたすらに長く、幾度と渡渉し、がれ場を通り庚申山荘まで戻りました。 駐車場に戻ったのはスタートから約12時間。長い山行になりました。 無事、歩けたこと、そして 憧れの皇海山に到着でき満足感も高かったです。 ※水場 庚申山荘に水場があります。 庚申山荘〜皇海山まではおそらく水場はありません。 六林班峠のルートは沢が多いので、浄水器などを持参すれば水は入手しやすいです。 コウシンソウ、コウシンコザクラが見ごろです。 コウシンソウは写真撮れてなかったですが…😂

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。