D009:透き通ったサンカヨウできるかな?;能郷白山

2022.06.18(土) 日帰り

活動データ

タイム

06:53

距離

6.2km

上り

668m

下り

670m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 53
休憩時間
1 時間 58
距離
6.2 km
上り / 下り
668 / 670 m
1 22

活動詳細

すべて見る

先週6/12(日)に 能郷白山にサンカヨウを見に行きました。 当日の開花状況は、 花弁が半分程透明になっているものも 見られましたが、 全部透明になっているサンカヨウを見たい or透明になっていないなら作ってみよう と思い、今日も出かけました。 国道(酷道)157号線。 2週続けての走行ですが 経験は有難く先週よりも楽な気分で進めます。 すれ違いの困難な箇所での対向車もなく スムーズに温見峠に到着。 先週より少し遅い到着でしたが 先行車は10台程と少な目。 準備を済ませて元気よく出発です。 予報通りに適度な雲がかかっていました。 涼し気な見慣れた登山道を快適に進みます。 ロープ、はしごの施された 急な道も楽しみながら。 景観のいい場所ではお水を含みながら、 のんびりゆっくり進みます。 お目当てのサンカヨウの咲いている場所に到着。 先週より開花している数は少なかったのですが、ほぼ予想通りに 小ぶりのお花が元気よく咲いていました。 前日からの降雨も殆ど無かったので生憎と 透明になっているものはありませんでした。 となれば作ってみよう! 登場したのは「霧吹き」 できるだけ霧雨のような粒を 少し遠目から噴霧します。 少し時間をおいて再度噴霧。 この作業を数回繰り返して暫く待っていると… 花弁の一枚の1/3程が透明になりました。 霧雨を数回噴霧することで 透明化できることはわかりました。 30分程待ってみましたが 透明度の進行状況はあまり変わりません。 結構長い時間かかって 少しずつ透明になっていくのでしょう。 お腹も少し空いてきたので山頂へ向かいます。 雲が出てきて風も強くなってきました。 事前の天候予報では 14時以降に荒天になることはわかっていましたが、前倒しになっていたようです。 山頂には数名の方々がおみえになり休憩中。 先ずは第2ピークに向かいます。 全面、雲に覆われ何も見えません。 エイドスティションの中にあるはずの御朱印は 残念ながら1枚もありませんでした。 珍しく 山頂プレートを持って撮影して頂きました。 風を少しでも避けるために 能郷白山山頂へ向かい、 熊笹に隣接して軽食を頂きました。 パラパラと小雨も降ってきたので早々に下山。 サンカヨウの透明度確認のために 開花場所まで戻ります。 透明度を確認してみると登り時点よりは 少し度合は増えているように思われました。 ここで、もう一つ実験。 先ずは散った花びらで。 噴霧して、 指先で花びらをゆっくりと揉んでみました。 花の表面にある目には見えない繊維の凸凹を ほぐして平に近い状態にします。 すると、透明度は格段に上がりました。 開花している花の一枚にも試してみると 同様に透明度が増しました。 花脈も浮かんでいい感じの花弁ができました。 登山者の方々が来られて 透明な花弁がある実験に使ったお花を撮影され 「これっ、透明になってる!綺麗!」 と言われると 「実験はと成功」 と口に出さず考えていました(^^♪ ただ、自然に透明になる本来の過程とは 違うやり方でしたので お花に対しては申し訳なかったです。 来年は降雨が続く日を狙って 自然が作る透明感を見たいと思います。 気分良くゆっくりと下山。 天候も少し緩和されてここから見える対面の山の稜線を歩いてみたくなりました。 登山口に到着すると残っている車は4台のみ。 あまりにのんびりとし過ぎたかもしれません。 雨に濡れたので 近くのうすずみ温泉で温まりました。 久しぶりのNewYorkは気持ち良かった(^^♪ 入浴後のコーヒー牛乳も美味しかった(^_-)-☆ ミッションも達成でき、 本当に楽しく過ごせて満足できた一日でした。 ありがとうございました! 【天候】 降雨量0〜0.5mm 風速3〜8m/s 気温16℃ 雲量60〜100% 湿度65〜80% 【登山道】 登山口からコロンブスピーク:小石と土道急傾斜が続く。下山時は降雨が無くても滑りやすい。 コロンブスピークから山頂:特に危険箇所無し。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。