本州の方へ。阿蘇外輪山一周(カルデラ一周)

2018.04.27(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
37 時間 54
休憩時間
6 時間 13
距離
113.6 km
上り / 下り
5386 / 5381 m
2 2
7
4
38
2
47
48
20
39
53
13
16
49
47
11
11
1 40
28
41
13 56
6 29
1 34
45
9
1 1

活動詳細

すべて見る

自分は阿蘇が大好きです。 外輪山一周は自分の阿蘇に対する愛情表現です(大げさ) 3分の2が舗装路ですので、事前に舗装路を歩く練習をしてきました。 練習の途中、カルデラとか外輪山をイメージして、ピザとオニオンリングを食べたり。 軽量化のためにテントは持たず。 途中の日帰り温泉施設で2時間程度仮眠をとる予定としました。 スタート地点は南阿蘇ビジターセンター。 予め、2日間の駐車について確認をとりました。 前日のうちに、俵山登山口に着替えをデポ。 朝5:00にビジターセンターを出発。 山道をなめてました。 全体の3分の1とは言え、距離は約40キロ。 気温も高く、水切れの恐怖との闘い(いつもそう)。 予想してなかった水場で気が楽になりました。 俵山からの眺望は最高でした。 北も南も外輪山が見渡せる場所です。 「これが阿蘇山の正面だ」と思いました。 (根子岳はみえませんが) 俵山登山口へ下りたのが18:00。 温泉営業終了が迫っています。 ここから温泉までの15キロが一番急ぎました。 なんとは入浴はできたけど、仮眠はとれず。 これが一つ目の大きな誤算。 結局、道端にマットを敷いての仮眠を40分×2回とっただけになっちゃいました。 着替えた服はコンビニから自宅へ発送。 二日目の食料を買って歩き始めます。 夜中は月が明るすぎて、星は見えず。 大観峰で水を買うつもりでしたが、大観峰到着が8:00前。 売店はまだ開いていません。 自販機はすべて売店の中にあり、何も買えません。 これが二つ目の大きな誤算。 途中自販機くらいあるだろうと、甘く考え出発も、この後はしばらく自販機なし。 (大観峰までは何か所かあったんです。) 大観峰から先は、阿蘇山は見えなくなりました。 少しずつ角度が変わる阿蘇山を楽しめるのは大観峰までですね。 やっと見つけた自販機に助けられました。 水場は重要です。 これがなかったら、根子岳は諦めるところでした。 少しずつ根子岳が大きくなってきました。 箱石尾根か釣井尾根か、最後まで悩みましたが、結局近道の箱石尾根を選びました。 でも、このコースはお勧めできないコースでした。 尾根の地形ははっきりしているので、道迷いはないと思いますが。 藪の先に突然土砂崩れの斜面が現れたりと、危険です。 勾配がきつい箇所では、足場は柔らかく、つかまる木もありません。 (木はあるのですが、脆くて危ないです) 根子岳登頂を最後にとっといて良かった。 大きな感動を得られました!! なんとか一周回ることができました。 「山道ではないから」と甘くみていたのが反省です。 しっかり下見や準備は必要です。 震災の影響で、鉄道はまだ一部しか走ってないし、通行止めで外輪山を西側でつなぐことはできません。 でも、阿蘇山へ通じる西側の道路が開通したそうです。4/29現在、中岳火口見学もできるようです。 まだ、阿蘇体験してない方、お時間があれば是非。

阿蘇山・高岳・根子岳 まず阿蘇山ぐるりの写真
今回初めて見えました。木の隙間から
まず阿蘇山ぐるりの写真 今回初めて見えました。木の隙間から
阿蘇山・高岳・根子岳 少し角度が変わりました
少し角度が変わりました
阿蘇山・高岳・根子岳 だいぶ回り込みました
だいぶ回り込みました
阿蘇山・高岳・根子岳 北外輪山
(俵山から)
北外輪山 (俵山から)
阿蘇山・高岳・根子岳 これが正面
勝手に決めました
(俵山から)
これが正面 勝手に決めました (俵山から)
阿蘇山・高岳・根子岳 南外輪山
(俵山から)
南外輪山 (俵山から)
阿蘇山・高岳・根子岳 1日目 夕
1日目 夕
阿蘇山・高岳・根子岳 2日目 朝
2日目 朝
阿蘇山・高岳・根子岳 2日目 夕
回り切りました~
2日目 夕 回り切りました~
阿蘇山・高岳・根子岳 花1
花1
阿蘇山・高岳・根子岳 花2
花2
阿蘇山・高岳・根子岳 アサツユデス
アサツユデス
阿蘇山・高岳・根子岳 マムシ
これは好きじゃないです
マムシ これは好きじゃないです
阿蘇山・高岳・根子岳 花3
花3
阿蘇山・高岳・根子岳 花4
花4
阿蘇山・高岳・根子岳 花5
花5
阿蘇山・高岳・根子岳 花6 ミツバツツジかな
花6 ミツバツツジかな
阿蘇山・高岳・根子岳 ここから行程通りの写真の順番。
ビジターセンターをスタート
ここから行程通りの写真の順番。 ビジターセンターをスタート
阿蘇山・高岳・根子岳 しばらく舗装路を進む
しばらく舗装路を進む
阿蘇山・高岳・根子岳 1日目の夜明け
1日目の夜明け
阿蘇山・高岳・根子岳 やっと山道に着きました
やっと山道に着きました
阿蘇山・高岳・根子岳 1つ目の頂
1つ目の頂
阿蘇山・高岳・根子岳 2つ目の頂
最初の食事
この頃はまだのんびりしてます
2つ目の頂 最初の食事 この頃はまだのんびりしてます
阿蘇山・高岳・根子岳 景色は何も見えません
景色は何も見えません
阿蘇山・高岳・根子岳 長い下り
長い下り
阿蘇山・高岳・根子岳 登山口と書いてありますが・・
登山口と書いてありますが・・
阿蘇山・高岳・根子岳 牛がいて入れません
牛がいて入れません
阿蘇山・高岳・根子岳 この後、牛たちにあんなに苦しめられるとは、思っていませんでした
この後、牛たちにあんなに苦しめられるとは、思っていませんでした
阿蘇山・高岳・根子岳 新緑がとても気持ち良い
新緑がとても気持ち良い
阿蘇山・高岳・根子岳 花もきれいです
花もきれいです
阿蘇山・高岳・根子岳 外輪山の南方面。
阿蘇山が見たいんだけど・・でも、阿蘇山方面の眺望はなかなか無い
外輪山の南方面。 阿蘇山が見たいんだけど・・でも、阿蘇山方面の眺望はなかなか無い
阿蘇山・高岳・根子岳 やっと見えましたー
やっと見えましたー
阿蘇山・高岳・根子岳 新緑の隙間から阿蘇山
新緑の隙間から阿蘇山
阿蘇山・高岳・根子岳 この登りが長い
この登りが長い
阿蘇山・高岳・根子岳 しかもかなりの角度
しかもかなりの角度
阿蘇山・高岳・根子岳 突然、整備された道になりました
突然、整備された道になりました
阿蘇山・高岳・根子岳 水場の案内
水場はコース上にはありません
水場の案内 水場はコース上にはありません
阿蘇山・高岳・根子岳 水場の案内
矢印の方向にあります
水場の案内 矢印の方向にあります
阿蘇山・高岳・根子岳 かなり助かりました
がぶ飲みです
何より、気持ちが癒されました
かなり助かりました がぶ飲みです 何より、気持ちが癒されました
阿蘇山・高岳・根子岳 久しぶりの頂
久しぶりの頂
阿蘇山・高岳・根子岳 すぐ隣の頂
すぐ隣の頂
阿蘇山・高岳・根子岳 三角点とともに
三角点とともに
阿蘇山・高岳・根子岳 俵山は最高!!
南北外輪山と阿蘇山がすべて見渡せました
俵山は最高!! 南北外輪山と阿蘇山がすべて見渡せました
阿蘇山・高岳・根子岳 俵山登山口に置いておいた着替えを回収

温泉へ急ぎます。この後は時間との勝負。写真は一切撮っていません。
夕方の長陽駅の写真は撮りたかったです
俵山登山口に置いておいた着替えを回収 温泉へ急ぎます。この後は時間との勝負。写真は一切撮っていません。 夕方の長陽駅の写真は撮りたかったです
阿蘇山・高岳・根子岳 道端で仮眠とってたら、2日目の朝がきました
道端で仮眠とってたら、2日目の朝がきました
阿蘇山・高岳・根子岳 やっぱり太陽はありがたいです。
急に暖かくなって、次第に眠気もなくなっていきました。
やっぱり太陽はありがたいです。 急に暖かくなって、次第に眠気もなくなっていきました。
阿蘇山・高岳・根子岳 大観峰をのぞむ。
あそこで、飲み物買って、ソフトクリームを食べる予定。でした。
大観峰をのぞむ。 あそこで、飲み物買って、ソフトクリームを食べる予定。でした。
阿蘇山・高岳・根子岳 牧草地の向こうにくじゅう
牧草地の向こうにくじゅう
阿蘇山・高岳・根子岳 やっと着いた自販機
やっと着いた自販機
阿蘇山・高岳・根子岳 すっごくありがたい。
ありがとー!!
すっごくありがたい。 ありがとー!!
阿蘇山・高岳・根子岳 最後は根子岳を目指します。
もう、この辺りから根子岳東峰を凝視して歩いています。
最後は根子岳を目指します。 もう、この辺りから根子岳東峰を凝視して歩いています。
阿蘇山・高岳・根子岳 大きくなってきました。やはり東峰を凝視し続けています。
大きくなってきました。やはり東峰を凝視し続けています。
阿蘇山・高岳・根子岳 久しぶりに阿蘇山(根子岳以外の)を眺める
久しぶりに阿蘇山(根子岳以外の)を眺める
阿蘇山・高岳・根子岳 尾根の形が掴めるようになってきました。
箱石尾根か?釣井尾根か?目を凝らして何度も何度も考えました。
尾根の形が掴めるようになってきました。 箱石尾根か?釣井尾根か?目を凝らして何度も何度も考えました。
阿蘇山・高岳・根子岳 結局、箱石尾根にしました。
理由は野焼き直後で藪漕ぎが少ないと思ったから。
参考にさせてもらった、ヤマッパーさんの記録では「箱石は藪漕ぎがきつい」との情報がありました。逆に言ったら「藪漕ぎがなければOKなんじゃない?」という単純な発想でした。
結局、箱石尾根にしました。 理由は野焼き直後で藪漕ぎが少ないと思ったから。 参考にさせてもらった、ヤマッパーさんの記録では「箱石は藪漕ぎがきつい」との情報がありました。逆に言ったら「藪漕ぎがなければOKなんじゃない?」という単純な発想でした。
阿蘇山・高岳・根子岳 祖母方面
(根子岳山頂から)
祖母方面 (根子岳山頂から)
阿蘇山・高岳・根子岳 天狗岩方向
天狗岩方向
阿蘇山・高岳・根子岳 歩いてきた北外輪山を振返る
歩いてきた北外輪山を振返る
阿蘇山・高岳・根子岳 下山し、南外輪山の麓に戻りました
下山し、南外輪山の麓に戻りました
阿蘇山・高岳・根子岳 夕根子岳。
最後に登れてよかったです。
ありがとう根子岳。
夕根子岳。 最後に登れてよかったです。 ありがとう根子岳。
阿蘇山・高岳・根子岳 練習中に食べたカルデラ、外輪山
練習中に食べたカルデラ、外輪山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。