棒ノ折山から川苔山、本仁田山へ欲張り縦走😬

2022.06.12(日) 日帰り

活動データ

タイム

10:20

距離

20.8km

上り

2359m

下り

2270m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 20
休憩時間
1 時間 37
距離
20.8 km
上り / 下り
2359 / 2270 m
3
21
1 43
8
21
48
7
57
34
4
2
30
15
1 20

活動詳細

すべて見る

前回に引き続き奥多摩の山々を攻めていきます❗❗ 川苔山、棒ノ折山の両方のピークを欲張ってゲットしようというのは以前から決めていたのですが、ルートについては結構迷いました。 天気予報ともにらめっこ。どうも9時ごろからは徐々晴れてきそうだ☀ということで、さらに欲張ってゴルジュ帯を満喫すべく白谷沢登山口からのスタート! 下山は舟井戸から鳩ノ巣側に下りればいいものを、これも欲張って鋸尾根~本仁田山を経由するルートとしました。最後ちと欲張りすぎたかもです。。。 今回は途中途中でガラッと印象が変わるルートで、気分を変えながら楽しめる山行となりました🙌 写真白ボケ多くてすみません😅 1️⃣白谷沢登山口~棒ノ折山 9時ごろまで雨予報でしたので、スタートは少し遅めに設定。 前日の雨もありみずみずしい新緑、ゴルジュ帯も水量があってとっても癒されました😃 ここでは先を急がずゆっくりと登ってます! ゴルジュ帯を過ぎた後は、通常の登山道となり一気に標高を上げていきます。 ちょうどトレラン大会が開催されていたこともあり、山頂は人が多く賑やかでした! 2️⃣棒ノ折山~日向沢ノ峰 山頂からこちらのルートに一歩足を踏み入れると雰囲気は一変。 だーれもいない静かな登山道になります。 ゆっくり登山を楽しめるのは良いですが、途中出会ったのはソロの方1名、ペア1組だけで少々寂しかったです😥 ちなみに今回はその後、下山までに出会った鹿さん1頭だけ🦌 さすがにここまで登山者に出会わなかったの初めてです。 コースのほうは各ピークにかけての登りは噓でしょ??という感じの急登が繰り返されるのですが、幸いなことにピークから登り返しがほとんどなく、順調に標高を上げていけるので気持ち的には楽でした! 途中、長尾丸山付近で小雨が降り始め、雷鳴が聞こえ始めます⚡ 30分ほどで収まりましたが、2回ぐらい落雷があったようでかなりビビりました😱 3️⃣日向沢ノ峰~川苔山 一転して登山道からハイキングコースといった雰囲気です。 人の手が入っているせいだと思いますがかなり開けた感じで、緩やかなアップダウンで徐々に標高を上げていきます。 ここはリラックスして楽しく歩けました😀 4️⃣川苔山~奥多摩駅 当初は標高グラフからも本仁田山への登りが今回のラスボス👿だと考えていて、いやだなーしんどいなーと意識していたのですが全然違ってました。 真のラスボス👿は舟井戸~大ダワへの下り、ダワってるにもほどがあるんですよ! 急な岩場が連続し、登山道も細く脆いためなかなか凶悪です😈 結果良い経験になったのでよかったのですが、もうこのルート通ることはないですかねー。 神経を使いながらの下山で精神的に疲れてきて、早く登りになってほしいと思ったのは初めてでした。 登山慣れしていない方は躊躇なく鳩ノ巣方面へ下山することをオススメします。 大ダワ以降、本仁田山への登りは急なところもありますが比較的登りやすかったです。 とりあえずここでは落っこちる心配がないというだけで、ぐいぐい足が進みました🤣 日没も迫ってきたので一気にラストスパート❗❗ 本仁田山からの下りは急で少し脆いところもありますが、ところどころ気を付ければストック使いながらスピード出せる感じです! 🟦交通情報 🚃西武特急ちちぶ3号 西武秩父行 7:32 飯能着 🚌■飯能駅/国際興業バス ↓ 07:40~08:21 ↓ 国際興業バス・飯03-2 名郷行 ↓ 北口3のりば ノーラ名栗・さわらびの湯/国際興業バス 🚃JR 奥多摩駅~ 🟦装備など ⚖️ザック重量:パッキング約10.5kg 水3.0L(500ml余り)、食料1000g 🥾靴:Montura YARU TEKNO GTX 前回の山行後、明らかに水分、塩分、糖分が不足していたので少し変えてみました。 結果としては下山後にラーメン🍜も甘いジュース🍹も欲しなかったのでうまくいったのかなーと思います。(口の中があまいのでお茶が飲みたくなりましたけど😅) ・水分補給に関しては今まで甘いのが嫌なのでBCAA粉末を使用していたのですが、そうもいってられないので今回からアクエリアスに ・休憩ごとにinタブレット塩分プラスを食べるように ・携行食としてプロテインバーや柿の種などは口の中がぱさぱさして余分に水分をとってしまうので少なめに

川苔山(川乗山) 🚃ちちぶ号で飯能へ
🚃ちちぶ号で飯能へ
川苔山(川乗山) トイレきれいです🚻
トイレきれいです🚻
川苔山(川乗山) しばらく車道を進みます
しばらく車道を進みます
川苔山(川乗山) 有間ダム
有間ダム
川苔山(川乗山) ダムを超えてもうしばらく歩くと登山口です
ダムを超えてもうしばらく歩くと登山口です
川苔山(川乗山) 登山口到着❗
長い一日のスタートです
登山口到着❗ 長い一日のスタートです
川苔山(川乗山) 新緑が瑞々しいです
新緑が瑞々しいです
川苔山(川乗山) ゴツゴツした岩場を登っていきます
ゴツゴツした岩場を登っていきます
川苔山(川乗山) 登山道もジャバジャバです
登山道もジャバジャバです
川苔山(川乗山) ここもジャバジャバ
ここもジャバジャバ
川苔山(川乗山) 美しく渓谷沿いを進みます
美しく渓谷沿いを進みます
川苔山(川乗山) 左の丸太の上を進んでいきます
左の丸太の上を進んでいきます
川苔山(川乗山) 結構渋滞気味😅
あせらずゆっくり進みます
結構渋滞気味😅 あせらずゆっくり進みます
川苔山(川乗山) ロープも何か所かありました
ロープも何か所かありました
川苔山(川乗山) できればお目にかかりたくないものです🐍
このあたりから登山道を進んでいきます
できればお目にかかりたくないものです🐍 このあたりから登山道を進んでいきます
川苔山(川乗山) 車道を渡ります
車道を渡ります
川苔山(川乗山) ここから山頂までは本格的な登山道になります
ここから山頂までは本格的な登山道になります
川苔山(川乗山) 急登もちらほら
急登もちらほら
川苔山(川乗山) コアジサイ🌼
このあたりに群生していました
コアジサイ🌼 このあたりに群生していました
川苔山(川乗山) 山頂まで1km
山頂まで1km
川苔山(川乗山) 棒ノ折山への一番の急登
棒ノ折山への一番の急登
川苔山(川乗山) ちょうどトレラン大会をやっていました❗
棒ノ折山山頂が折り返し地点のようで、たくさんのランナーとすれ違います
トレランだけはほんとマネできないです
よく下りであれだけすっ飛ばせるよなーっていつも思います😂
ちょうどトレラン大会をやっていました❗ 棒ノ折山山頂が折り返し地点のようで、たくさんのランナーとすれ違います トレランだけはほんとマネできないです よく下りであれだけすっ飛ばせるよなーっていつも思います😂
川苔山(川乗山) 山頂へラストスパート
山頂へラストスパート
川苔山(川乗山) 棒ノ折山山頂❗
棒ノ折山山頂❗
川苔山(川乗山) 向かう先は(悪路)ってなってますね😅
向かう先は(悪路)ってなってますね😅
川苔山(川乗山) 関東平野が一望です
関東平野が一望です
川苔山(川乗山) 山頂を過ぎるとこんな感じの穏やかな登山道が続きます
ほんとに悪路なんだろうか、、、
山頂を過ぎるとこんな感じの穏やかな登山道が続きます ほんとに悪路なんだろうか、、、
川苔山(川乗山) 槙ノ尾山
槙ノ尾山
川苔山(川乗山) 登りは結構な急登が繰り返されます
登りは結構な急登が繰り返されます
川苔山(川乗山) ここ紛らわしいです
長尾丸山のピークは右なのですが、ぼーっとしてて巻き道に行ってしまい慌てて引き返しました
ここ紛らわしいです 長尾丸山のピークは右なのですが、ぼーっとしてて巻き道に行ってしまい慌てて引き返しました
川苔山(川乗山) 長尾丸山
長尾丸山
川苔山(川乗山) 日向沢ノ峰まで2.8km
まだまだ小一時間はかかりますね
日向沢ノ峰まで2.8km まだまだ小一時間はかかりますね
川苔山(川乗山) 急登です
結構わかりずらいところもあるのですが、キョロキョロすると必ず視界にピンクのテープがあるので、迷うことはありません
急登です 結構わかりずらいところもあるのですが、キョロキョロすると必ず視界にピンクのテープがあるので、迷うことはありません
川苔山(川乗山) クロモ山
クロモ山
川苔山(川乗山) 山なし山
山なし山
川苔山(川乗山) 唐突に人工物があらわれます
良くこんなところにこんなたいそうな物を作れますね😐
唐突に人工物があらわれます 良くこんなところにこんなたいそうな物を作れますね😐
川苔山(川乗山) お約束の構図
なんかエヴァっぽいと思うのは私だけでしょうか
お約束の構図 なんかエヴァっぽいと思うのは私だけでしょうか
川苔山(川乗山) 日向沢ノ峰へ最後の登りです
かなりの急登でした
日向沢ノ峰へ最後の登りです かなりの急登でした
川苔山(川乗山) ここで開けて休憩スペースになっています
ベンチひとつだけですが😂
ここで開けて休憩スペースになっています ベンチひとつだけですが😂
川苔山(川乗山) 日向沢ノ峰到着❗️
日向沢ノ峰到着❗️
川苔山(川乗山) 日向沢ノ峰からの展望
日向沢ノ峰からの展望
川苔山(川乗山) ここから雰囲気が変わって歩きやすい道が続きます
ここから雰囲気が変わって歩きやすい道が続きます
川苔山(川乗山) とはいえ一気に標高下げるので、まあまあ急な下りもあります
とはいえ一気に標高下げるので、まあまあ急な下りもあります
川苔山(川乗山) 大岳山!
大岳山!
川苔山(川乗山) 隙間から関東平野も
隙間から関東平野も
川苔山(川乗山) 踊平
踊平
川苔山(川乗山) 曲ヶ谷北峰
マジック😂
曲ヶ谷北峰 マジック😂
川苔山(川乗山) 川苔山をとらえました!
ピークへの道は緩やかな登りです
川苔山をとらえました! ピークへの道は緩やかな登りです
川苔山(川乗山) 川苔山山頂❗
川苔山山頂❗
川苔山(川乗山) これから向かう先がなんかやばそうです
これから向かう先がなんかやばそうです
川苔山(川乗山) このあたりはベンチが多いです
このあたりはベンチが多いです
川苔山(川乗山) 休んでいる暇はありません
休んでいる暇はありません
川苔山(川乗山) 大ダワ・本仁田山方面
通行注意Caution❗
大ダワ・本仁田山方面 通行注意Caution❗
川苔山(川乗山) まだ普通です
まだ普通です
川苔山(川乗山) 鋸尾根というだけあって、鋸の刃のような岩場が続きます
鋸尾根というだけあって、鋸の刃のような岩場が続きます
川苔山(川乗山) なかなか手ごわい
なかなか手ごわい
川苔山(川乗山) 油断すると普通に危ないです
油断すると普通に危ないです
川苔山(川乗山) 写真だとなんだかよくわかりませんが、ここを下ってきました
写真だとなんだかよくわかりませんが、ここを下ってきました
川苔山(川乗山) 大ダワ到着❗️❗️
ああ、もう下らなくていいんだ
大ダワ到着❗️❗️ ああ、もう下らなくていいんだ
川苔山(川乗山) ここからは普通の登りです
ここからは普通の登りです
川苔山(川乗山) ぐいぐいぐい
ぐいぐいぐい
川苔山(川乗山) 瘤高山
瘤高山
川苔山(川乗山) 気持ちの良い尾根
気持ちの良い尾根
川苔山(川乗山) この日最後の登りです!
この日最後の登りです!
川苔山(川乗山) 本仁田山到着❗
本仁田山到着❗
川苔山(川乗山) 御前山かなー?
御前山かなー?
川苔山(川乗山) ひたすらつづら折りで急斜面を下っていきます
ひたすらつづら折りで急斜面を下っていきます
川苔山(川乗山) ここ少し怖かったです
結構斜度がある上に、手前側が岩でつるつる滑ります
ここ少し怖かったです 結構斜度がある上に、手前側が岩でつるつる滑ります
川苔山(川乗山) 下から写したところ
下から写したところ
川苔山(川乗山) 無事下山~😀
無事下山~😀
川苔山(川乗山) ここが登山道入口です
ここが登山道入口です
川苔山(川乗山) あとは奥多摩駅まで車道を進みます
あとは奥多摩駅まで車道を進みます
川苔山(川乗山) 奥多摩工業 氷川工場
工場萌えしますねー😃
奥多摩工業 氷川工場 工場萌えしますねー😃
川苔山(川乗山) おつかれさまでした❗
おつかれさまでした❗

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。