伊東、大平山登山と温泉、伊豆大島の展望で癒されました

2022.06.12(日) 日帰り

梅雨入り直後、静岡県の県民割で伊東で安価に温泉宿に泊まることができたので、伊東駅から登山できる大平山に登りました。 海岸線から500mを超えるピークまで急登、軽いハイキングと思って靴はスニーカー、ジーパンで登山したので苦労しました。 登山は装置が大事です。 急登一時間半、山頂に到着しました。ただ木々が多く眺めはもう一つです。 その先に展望ポイントがあり、ここからは箱根の山が良く見えました。富士山は残念ながら雲の中、冬は綺麗に眺められそうです。 その後は馬蹄形のように尾根筋をアップダウンを繰り返して馬場平へ、ここは東の視界が開け、伊豆大島、初島、大室山から伊東の街並みが見えました。今回の登山では一番の眺めです。 ここからは伊東まで下り、最後は伊東の日帰り温泉で終了。 展望ポイントは少ないのですが、軽い登山と温泉、都心から比較的近く駅から登山できる。なかなか良い山と思った次第です。 登山道は桜と紅葉が多かったので、春先は晩秋が良い時期かな。

伊東の町から車道を20分くらいひたすら登り丸山公園へ、ここから登山開始です。
蛍の里で6月は蛍祭りの時期です。

伊東の町から車道を20分くらいひたすら登り丸山公園へ、ここから登山開始です。 蛍の里で6月は蛍祭りの時期です。

伊東の町から車道を20分くらいひたすら登り丸山公園へ、ここから登山開始です。 蛍の里で6月は蛍祭りの時期です。

初夏なのに何故か紅葉🍁が紅葉していました。

初夏なのに何故か紅葉🍁が紅葉していました。

初夏なのに何故か紅葉🍁が紅葉していました。

登山道はこの案内が数多く備付けられています。

登山道はこの案内が数多く備付けられています。

登山道はこの案内が数多く備付けられています。

山頂までは林の中の急登、たまに開けた所からは伊東方面の景色が眺められました。
写真は小室山です。

山頂までは林の中の急登、たまに開けた所からは伊東方面の景色が眺められました。 写真は小室山です。

山頂までは林の中の急登、たまに開けた所からは伊東方面の景色が眺められました。 写真は小室山です。

大平山山頂、木々に囲まれて展望無しです。

大平山山頂、木々に囲まれて展望無しです。

大平山山頂、木々に囲まれて展望無しです。

山頂から少し進んだ所にある展望台、今回は残念ながら富士山は雲の中

山頂から少し進んだ所にある展望台、今回は残念ながら富士山は雲の中

山頂から少し進んだ所にある展望台、今回は残念ながら富士山は雲の中

展望台から馬蹄形に尾根道をアップダウン繰り返して進みます。
馬場平で急に視界が開けました。
伊東の街並みと海が眼下に見えました。

展望台から馬蹄形に尾根道をアップダウン繰り返して進みます。 馬場平で急に視界が開けました。 伊東の街並みと海が眼下に見えました。

展望台から馬蹄形に尾根道をアップダウン繰り返して進みます。 馬場平で急に視界が開けました。 伊東の街並みと海が眼下に見えました。

伊豆大島がうっすら見えました。

伊豆大島がうっすら見えました。

伊豆大島がうっすら見えました。

伊東まで戻りました。
町の温泉♨️で汗を流しました。

伊東まで戻りました。 町の温泉♨️で汗を流しました。

伊東まで戻りました。 町の温泉♨️で汗を流しました。

伊東の町から車道を20分くらいひたすら登り丸山公園へ、ここから登山開始です。 蛍の里で6月は蛍祭りの時期です。

初夏なのに何故か紅葉🍁が紅葉していました。

登山道はこの案内が数多く備付けられています。

山頂までは林の中の急登、たまに開けた所からは伊東方面の景色が眺められました。 写真は小室山です。

大平山山頂、木々に囲まれて展望無しです。

山頂から少し進んだ所にある展望台、今回は残念ながら富士山は雲の中

展望台から馬蹄形に尾根道をアップダウン繰り返して進みます。 馬場平で急に視界が開けました。 伊東の街並みと海が眼下に見えました。

伊豆大島がうっすら見えました。

伊東まで戻りました。 町の温泉♨️で汗を流しました。

この活動日記で通ったコース

大平山-柏峠 縦走コース

  • 04:00
  • 7.4 km
  • 676 m
  • コース定数 16