守門岳(入塩川口)今年1回目

2022.06.04(土) 日帰り

活動データ

タイム

08:53

距離

20.0km

上り

1624m

下り

1613m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 53
休憩時間
40
距離
20.0 km
上り / 下り
1624 / 1613 m
2
2 56
8
42
7
59
6
2 27
1

活動詳細

すべて見る

3時40分自宅出発 天気どんよりしてるも、テンクラAを信じて。 入塩川登山口着くと車停まって無く一番乗りだった。 ひんやり14℃くらいでスタート。 いつも通り最初はいくつか渡渉を過ぎて5kmくらいまでは緩やかな山道。 お目当てのブナの人工林で癒やされる。 去年道を塞いでいた折れたブナは山岳会の方がだろうか、切って頂いていた。 でもそれ以外にも2本ばかり新たに折れた木が道を塞いでいた。 〆掛小屋が雪でなのか完全に潰されていた。 朽ちかけてたから昨年の大雪に耐えられなかったんだろうな。 大岳まで途中2カ所雪渓を登る場面あり。 チェーンスパイク装着。 だいぶ溶けて固まって雪の中は空洞になっていて雪を踏み抜いてしまう場面あり。 登り大岳までは誰ともすれ違わず、追い越されず。 大岳から青雲までの登り返しで結構雪が残っている。 青雲岳付近は雪に覆われていて、そこから下るのにスパイク再装着。 滑る滑る。 守門岳山頂でも7,8人くらいしかおらず。 でも山頂で良一瞬雲が晴れる。 良かった。 戻り青雲付近で面倒でスパイクつけずにいたら、盛大に足払いのような不思議な感じで横に転ける。 背中痛める。 12時前に、中津又岳の手前で妙齢のご婦人二人が登って来られていた。 入塩川から入ってこられる体力にびっくりする。 少しお話しさせて頂いた。 20キロコースでも慣れてるし大丈夫だろうと思ってたけど、最後結構しんどかった。 背中が痛くてペース上がらず。 全体的に前の日までの雨で足場が滑っており、下りは結構気を遣いながら降りた。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。