大山正面登山道往復

2022.05.29(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:25

距離

5.2km

上り

1059m

下り

1058m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 25
休憩時間
46
距離
5.2 km
上り / 下り
1059 / 1058 m
2 54
1 23

活動詳細

すべて見る

家を出た時は別の山に向かってたんだけど、遠くに見える大山があまりに綺麗で、いつのまにかハンドル切って向かってました。 今日は天気も良く人が多いだろうからって事で正面登山道を選択。まだ誰もいない桝水スキー場を抜けて真上に向かって進みます。序盤は林間なので強い日差しの影響もなく順調でしたが、森林限界を超えた1200m付近からは灼熱地獄。木々の芽吹きが少なく肌寒かった 4月とは大違いでした。途中から登山道左手にはギボウシの大群落が広がり、夏になって開花すれば大迫力の風景となりそうです。 頂上大地手前で大ノ沢ピナクルに向けてトラバース。ザレザレの斜面は一部砂滑り状態で足場が悪く、じっくり進めばいけそうでしたが、帰る苦労が想像できたので手前の尾根までとして休憩がてらゆっくりと眺めて再び上を目指します。 登山道に戻り頂上大地まで行き、石室側の木道を経由して弥山頂上へ向かいましたが、案の定、多くの客でごった返していたので、頂上碑にタッチだけして折り返し。チラッと見えた剣ヶ峰方面の各ピークにはどこも多くの登山客が確認できました。本当は一ノ沢方面に行きたかったのですが、昼食の時間でみんな同じ方向向いてて監視されてるみたいだったのでやめときました。 正面登山道往復で出会ったのは4組7名。これまでで一番多かったです!

大山・甲ヶ山・野田ヶ山 雄大だー!
雄大だー!
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 正面登山道にロックオン!
正面登山道にロックオン!
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 今日は快晴で眺望もよし。
今日は快晴で眺望もよし。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 春先は視界も良かったですが今日は藪漕ぎのよう。
春先は視界も良かったですが今日は藪漕ぎのよう。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 樹木のトンネルをくぐり抜けて…
樹木のトンネルをくぐり抜けて…
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ほぼ45度の急登で、1200mからはいきなり視界が広がります。
ほぼ45度の急登で、1200mからはいきなり視界が広がります。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 遠くに孝霊山と日本海。
遠くに孝霊山と日本海。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 どこまでも続く急登です。
どこまでも続く急登です。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 登山道左手にはギボウシの大群落が広がります。
登山道左手にはギボウシの大群落が広がります。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ツツジ、ギボウシ、キャラボクなど。
ツツジ、ギボウシ、キャラボクなど。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 大ノ沢ピナクルは手前の尾根までとしました。
大ノ沢ピナクルは手前の尾根までとしました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 でかい。
でかい。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ザレ場をトラバースすれば到着ですがかなり足場は悪い。
ザレ場をトラバースすれば到着ですがかなり足場は悪い。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 急傾斜!
急傾斜!
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 黄色いペンキ?
黄色いペンキ?
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 …じゃなくて苔でした。こんなところに目印つけないですよね。
…じゃなくて苔でした。こんなところに目印つけないですよね。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 足場は滑りやすく、浮石だらけ。
足場は滑りやすく、浮石だらけ。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 ここで一服。高度感わかりますか?
ここで一服。高度感わかりますか?
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上大地到着。
頂上大地到着。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 9合目付近に団体客の列あり。
9合目付近に団体客の列あり。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 私は石室経由で頂上へ。
私は石室経由で頂上へ。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 と、その前にラーメン。蝿が止まってるヤン。
と、その前にラーメン。蝿が止まってるヤン。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 石室も崩壊気味。
石室も崩壊気味。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 こちら側のキラャボクは背丈も高い。
こちら側のキラャボクは背丈も高い。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上避難小屋に到着。頂上碑のあたりは多くの登山客で溢れてます。
頂上避難小屋に到着。頂上碑のあたりは多くの登山客で溢れてます。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 剣ヶ峰の上に立つ複数の影あり。その他のピークにも確認できました。
剣ヶ峰の上に立つ複数の影あり。その他のピークにも確認できました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 早く下りたいけど動けず。
早く下りたいけど動けず。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 頂上碑にタッチして退散します。
頂上碑にタッチして退散します。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 あまりの人の多さに正面登山道ピストンとなりました。
あまりの人の多さに正面登山道ピストンとなりました。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 この時期の正面もなかなかいいもんでした。
この時期の正面もなかなかいいもんでした。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 スキー場はリフトより早く歩けます。
スキー場はリフトより早く歩けます。
大山・甲ヶ山・野田ヶ山 また来よっと。
また来よっと。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。