アルプス一万尺~小槍の上でアルペン踊りをさあ踊りましょ♪♪~飛騨沢ルート~

2013.06.29

活動詳細

詳しく見る

■日程 2013年06月29日(土)~2013年06月30日(日) ■天候 ・一日目 曇り後雨、二日目 晴のち曇り ■コース状況/その他周辺情報 滝谷避難小屋手前と槍平小屋手前に雪渓が出てきますが、ここはアイゼンは使用しませんでした。槍平小屋から20分程度歩くと飛騨沢の雪渓に取り付きます。ここからアイゼンを付けることになります。 自分は6本爪でしたが自分以外は10~12本。まだ10~12本爪アイゼンの方が良いようです。 ■感想/記録 師匠が「小槍に登るぞ!!」の一声で今回の計画が発案。 前後の天気予報が大変気になりましたが、梅雨の合間にもかかわらずまずまずの天候でした。 槍ヶ岳は昨年の槍穂縦走以来の2回目。前回は上高地から入りましたが今回は新穂高からのアプローチ。前情報では雪渓が結構残っているとのこと。 滝谷避難小屋手前と槍平小屋手前に雪渓が出てきますが、ここはアイゼンは使用しませんでした。槍平小屋から20分程度歩くと飛騨沢の雪渓に取り付きます。ここからアイゼンを付けることになります。 自分は6本爪でしたが自分以外は10~12本。まだ10~12本爪アイゼンの方が良いようです。 さて、今回のメインイベント、小槍へのクライミングは翌日にトライ!! 朝一は快晴となり、朝食後直ぐに小槍の取り付きへ。小槍への取り付きもガレ・ザレが凄いです。取り付きからは1ピッチです。けど、高度感ありますね~。核心部のトラバースはIV級らしいですがキンチョー感あります。良く見ればホールドが見えるのですが、キンチョー感からか最初は直ぐにはわからず・・・ トラバースを過ぎてチムニーを上がり無事、小槍の頂上へ!! 頂上ではアルプス一万尺~を唄い、今回、途中でセッションさせて頂いたA.Tさんに動画を撮って頂きました。後日、アップできるでしょう(笑) 今回も師匠達のお陰で小槍へのアタックという貴重な体験ができました。本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます m(_ _)m 新穂高~50~穂高平~70~白出沢出合~80~滝谷出合~60~槍平小屋~240~飛騨乗越~10~槍ヶ岳山荘

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。