岩籠山・夕暮山:JR新疋田駅から周回

2022.05.28(土) 日帰り

活動データ

タイム

05:15

距離

12.6km

上り

967m

下り

968m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 15
休憩時間
1 時間 4
距離
12.6 km
上り / 下り
967 / 968 m
33
1 54
28
8
11
18

活動詳細

すべて見る

JR新疋田駅から岩籠山・市橋登山口にむかう。途中の愛発(あらち)舟川は、集落の家並みに沿って水路が続き、往年の敦賀から疋田までの水運の歴史を感じさせてくれる。 登山口からは沢筋の登り。渡渉も多いが、ルートははっきりしている。登りの暑さの涼をとるには心地よく、変化にも富んでいて楽しめる。新緑もみごと。 沢筋を離れて200mほどの標高差を登ると尾根筋にでる。夕暮山まで往復。夕暮山山頂はピークでもない登山道の脇に三角点があってそっけないが、展望がよいので選点されたのだろう。 新緑の登山道をたどって、岩籠山山頂へ。敦賀市街と敦賀湾の眺め、海の見える山というのはいい。敦賀市街に目をこらすと、工事中の北陸新幹線の高架橋と敦賀駅も見えている。東側には伊吹山も。 巨石がごろごろしているインディアン平原に立ち寄り、下山は駄口登山口に向かって下る。登りの市橋登山口からのルートに比べると、単調であまり面白味はない。さっさと下山する分にはいいが、登りのルートとしては市橋登山口からの沢筋のルートのほうに軍配が上がると思う。降り立った駄口登山口からは国道歩き。途中、深坂古道の入り口をみて出発点のJR新疋田駅に到着。 出会った登山者は数名。週末にしては静かな山で、初夏の新緑の山を満喫できた。 愛発の舟川、沢筋の涼しげで飽きない登り、駿河湾の展望、手ごろな周回ルート、思った以上に楽しめる山だった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。