八ヶ岳 キレットを越えて行く

2022.05.24(火) 日帰り

八ヶ岳の岩の稜線を堪能すべく 舟山十字路駐車場から。 西岳、西、東のギボシを経て権現岳へ。 権現から長い梯子を降り キレットを越えて赤岳、阿弥陀を廻る。 やっぱり楽しい八ヶ岳。 今日もヘロヘロ。

舟山十字路駐車場。
本日1番乗りだが希望出発時刻は4:00。
遅刻気味スタート。

舟山十字路駐車場。 本日1番乗りだが希望出発時刻は4:00。 遅刻気味スタート。

舟山十字路駐車場。 本日1番乗りだが希望出発時刻は4:00。 遅刻気味スタート。

先ず西岳を目指す。

先ず西岳を目指す。

先ず西岳を目指す。

素敵な水場。
阿弥陀聖水。
名前もありがたそうな。
逆周りなら最後に浴びれたなぁ。

素敵な水場。 阿弥陀聖水。 名前もありがたそうな。 逆周りなら最後に浴びれたなぁ。

素敵な水場。 阿弥陀聖水。 名前もありがたそうな。 逆周りなら最後に浴びれたなぁ。

その近くに生えてる。

その近くに生えてる。

その近くに生えてる。

涼しげな流れ。

涼しげな流れ。

涼しげな流れ。

軽く渡渉。

軽く渡渉。

軽く渡渉。

作業道の様な道が伸びる。

作業道の様な道が伸びる。

作業道の様な道が伸びる。

うっかり見過ごすルートの分岐。
一瞬通り過ぎて戻る。

うっかり見過ごすルートの分岐。 一瞬通り過ぎて戻る。

うっかり見過ごすルートの分岐。 一瞬通り過ぎて戻る。

森に朝の光が差し込む。

森に朝の光が差し込む。

森に朝の光が差し込む。

ゆるゆる登って行く道。

ゆるゆる登って行く道。

ゆるゆる登って行く道。

展望は無いが
八ヶ岳の苔は癒される。

展望は無いが 八ヶ岳の苔は癒される。

展望は無いが 八ヶ岳の苔は癒される。

先ずは西岳到着。
突然の大展望。
奥に見えるのが。。

先ずは西岳到着。 突然の大展望。 奥に見えるのが。。

先ずは西岳到着。 突然の大展望。 奥に見えるのが。。

次に目指すギボシ、権現。

次に目指すギボシ、権現。

次に目指すギボシ、権現。

正面には雲海から顔を出す富士山。
手前に編笠山。
稜線角度がほぼ一緒?に見える。

正面には雲海から顔を出す富士山。 手前に編笠山。 稜線角度がほぼ一緒?に見える。

正面には雲海から顔を出す富士山。 手前に編笠山。 稜線角度がほぼ一緒?に見える。

シーズン前の今時期に登りたい。。

シーズン前の今時期に登りたい。。

シーズン前の今時期に登りたい。。

南アルプスもドーン。

南アルプスもドーン。

南アルプスもドーン。

先日一夜を共にした仙丈ヶ岳。

先日一夜を共にした仙丈ヶ岳。

先日一夜を共にした仙丈ヶ岳。

イケメン甲斐駒。

イケメン甲斐駒。

イケメン甲斐駒。

北岳。

北岳。

北岳。

鳳凰三山。
オベリスク見えてるね〜。

鳳凰三山。 オベリスク見えてるね〜。

鳳凰三山。 オベリスク見えてるね〜。

石の上から背伸びして見える中央アルプス。

石の上から背伸びして見える中央アルプス。

石の上から背伸びして見える中央アルプス。

と御嶽山。
この時が遠くの景色を楽しむMAXだった。
この景色を見ながらゆっくり休憩。

と御嶽山。 この時が遠くの景色を楽しむMAXだった。 この景色を見ながらゆっくり休憩。

と御嶽山。 この時が遠くの景色を楽しむMAXだった。 この景色を見ながらゆっくり休憩。

この景色見ながらゆっくり休憩。
この後青年小屋へ降って行く。

この景色見ながらゆっくり休憩。 この後青年小屋へ降って行く。

この景色見ながらゆっくり休憩。 この後青年小屋へ降って行く。

その途中の水場。
置いてある柄杓で頭から浴びる。

その途中の水場。 置いてある柄杓で頭から浴びる。

その途中の水場。 置いてある柄杓で頭から浴びる。

そこから覗く西岳。

そこから覗く西岳。

そこから覗く西岳。

青年小屋到着。
石がゴロゴロ編笠山を見上げる。
今日は眺めるだけ。

青年小屋到着。 石がゴロゴロ編笠山を見上げる。 今日は眺めるだけ。

青年小屋到着。 石がゴロゴロ編笠山を見上げる。 今日は眺めるだけ。

少し樹林帯を登り尾根に出ると。
ここからがお待ち兼ね、岩の稜線の始まり。
前半戦のボス、権現岳を確認!

少し樹林帯を登り尾根に出ると。 ここからがお待ち兼ね、岩の稜線の始まり。 前半戦のボス、権現岳を確認!

少し樹林帯を登り尾根に出ると。 ここからがお待ち兼ね、岩の稜線の始まり。 前半戦のボス、権現岳を確認!

そして本日のラスボス、阿弥陀岳!

そして本日のラスボス、阿弥陀岳!

そして本日のラスボス、阿弥陀岳!

遠く北アルプスを望む。
北アの稜線は果てしねーなー。

遠く北アルプスを望む。 北アの稜線は果てしねーなー。

遠く北アルプスを望む。 北アの稜線は果てしねーなー。

権現の前に西ギボシ。
ザレガレと岩。
たまらん。

権現の前に西ギボシ。 ザレガレと岩。 たまらん。

権現の前に西ギボシ。 ザレガレと岩。 たまらん。

西ギボシの頭から次の東ギボシ、その先に権現岳。
何度来てもワクワクする山容。

西ギボシの頭から次の東ギボシ、その先に権現岳。 何度来てもワクワクする山容。

西ギボシの頭から次の東ギボシ、その先に権現岳。 何度来てもワクワクする山容。

振り返り。
青々とした西岳がだいぶ低く見える。
既に岩領域。

振り返り。 青々とした西岳がだいぶ低く見える。 既に岩領域。

振り返り。 青々とした西岳がだいぶ低く見える。 既に岩領域。

東ギボシへの岩道。
目指す権現が見える所がまた良き。

東ギボシへの岩道。 目指す権現が見える所がまた良き。

東ギボシへの岩道。 目指す権現が見える所がまた良き。

鎖もあるが気ままにガシガシ登れる岩場。

鎖もあるが気ままにガシガシ登れる岩場。

鎖もあるが気ままにガシガシ登れる岩場。

東ギボシの頭に到着。
眼下に青年小屋と編笠山が見える。
雲海の雲が上がってきたな。

東ギボシの頭に到着。 眼下に青年小屋と編笠山が見える。 雲海の雲が上がってきたな。

東ギボシの頭に到着。 眼下に青年小屋と編笠山が見える。 雲海の雲が上がってきたな。

そこから権現岳をロックオン。
かっけー。

そこから権現岳をロックオン。 かっけー。

そこから権現岳をロックオン。 かっけー。

今日の楽しみの一つ。
権現から赤岳間のキレット稜線、旭岳。

今日の楽しみの一つ。 権現から赤岳間のキレット稜線、旭岳。

今日の楽しみの一つ。 権現から赤岳間のキレット稜線、旭岳。

右に今日の大ボス赤岳。
左にラスボス阿弥陀岳。
それを繋ぐ中岳。
奥に横岳、硫黄岳。

右に今日の大ボス赤岳。 左にラスボス阿弥陀岳。 それを繋ぐ中岳。 奥に横岳、硫黄岳。

右に今日の大ボス赤岳。 左にラスボス阿弥陀岳。 それを繋ぐ中岳。 奥に横岳、硫黄岳。

権現小屋から権現岳山頂。
一気に行こう。

権現小屋から権現岳山頂。 一気に行こう。

権現小屋から権現岳山頂。 一気に行こう。

山頂手前から振り返りギボシ。

山頂手前から振り返りギボシ。

山頂手前から振り返りギボシ。

湧き上がる雲と権現岳。

湧き上がる雲と権現岳。

湧き上がる雲と権現岳。

この岩を登れば。

この岩を登れば。

この岩を登れば。

権現岳山頂の剣✨

権現岳山頂の剣✨

権現岳山頂の剣✨

剣と一緒に。

剣と一緒に。

剣と一緒に。

権現岳山頂付近から富士山。
この後ガスが上がってきてお隠れに。

権現岳山頂付近から富士山。 この後ガスが上がってきてお隠れに。

権現岳山頂付近から富士山。 この後ガスが上がってきてお隠れに。

祠に挨拶して戻る。

祠に挨拶して戻る。

祠に挨拶して戻る。

さあ!ついにキレットの始まり。

さあ!ついにキレットの始まり。

さあ!ついにキレットの始まり。

長い梯子で一気に下降。

長い梯子で一気に下降。

長い梯子で一気に下降。

ちとぐらつく。

ちとぐらつく。

ちとぐらつく。

旭岳。
登り返しが。。
岩は楽しいのに
疲労で登りの足はそろそろなくなる。

旭岳。 登り返しが。。 岩は楽しいのに 疲労で登りの足はそろそろなくなる。

旭岳。 登り返しが。。 岩は楽しいのに 疲労で登りの足はそろそろなくなる。

旭岳山頂。
赤岳まで3時間⁉︎
もう目の前にあるのに。

旭岳山頂。 赤岳まで3時間⁉︎ もう目の前にあるのに。

旭岳山頂。 赤岳まで3時間⁉︎ もう目の前にあるのに。

尾根は更に降り。

尾根は更に降り。

尾根は更に降り。

ツルネの山頂。
ここまでもっと細尾根が続くと思っていたが意外に普通の尾根道が続いている。

ツルネの山頂。 ここまでもっと細尾根が続くと思っていたが意外に普通の尾根道が続いている。

ツルネの山頂。 ここまでもっと細尾根が続くと思っていたが意外に普通の尾根道が続いている。

キレット小屋で一息。

キレット小屋で一息。

キレット小屋で一息。

ガスで妖しく煙る2本角。

ガスで妖しく煙る2本角。

ガスで妖しく煙る2本角。

赤岳の激登り返し。
壁を登る様に。

赤岳の激登り返し。 壁を登る様に。

赤岳の激登り返し。 壁を登る様に。

ガレと信用できない剥がれやすい岩。

ガレと信用できない剥がれやすい岩。

ガレと信用できない剥がれやすい岩。

それも含めて楽しい。

それも含めて楽しい。

それも含めて楽しい。

振り返り。
ガスで歩いた尾根は隠れ。

振り返り。 ガスで歩いた尾根は隠れ。

振り返り。 ガスで歩いた尾根は隠れ。

やっと真教寺尾根の分岐。

やっと真教寺尾根の分岐。

やっと真教寺尾根の分岐。

赤岳山頂まであと少し!

赤岳山頂まであと少し!

赤岳山頂まであと少し!

赤岳山頂着いた〜。

赤岳山頂着いた〜。

赤岳山頂着いた〜。

復活した山頂標と。

復活した山頂標と。

復活した山頂標と。

横岳、硫黄岳、天狗岳と北ヤツ蓼科山までズラリ。
最後の阿弥陀岳へ向かおうか。

横岳、硫黄岳、天狗岳と北ヤツ蓼科山までズラリ。 最後の阿弥陀岳へ向かおうか。

横岳、硫黄岳、天狗岳と北ヤツ蓼科山までズラリ。 最後の阿弥陀岳へ向かおうか。

岩道降り。
先に見えるは向かう中岳、阿弥陀岳。

岩道降り。 先に見えるは向かう中岳、阿弥陀岳。

岩道降り。 先に見えるは向かう中岳、阿弥陀岳。

横岳。
咲き始めたツクモグサを見に行くか迷ったんだよなぁ。

横岳。 咲き始めたツクモグサを見に行くか迷ったんだよなぁ。

横岳。 咲き始めたツクモグサを見に行くか迷ったんだよなぁ。

ゴツゴツ岩の塔の様な山に挟まれて
優しい山容の中岳。

ゴツゴツ岩の塔の様な山に挟まれて 優しい山容の中岳。

ゴツゴツ岩の塔の様な山に挟まれて 優しい山容の中岳。

中岳山頂。
その先に阿弥陀が控えてる。

中岳山頂。 その先に阿弥陀が控えてる。

中岳山頂。 その先に阿弥陀が控えてる。

行くぜ。
阿弥陀様。
最後の登り返しだー。

行くぜ。 阿弥陀様。 最後の登り返しだー。

行くぜ。 阿弥陀様。 最後の登り返しだー。

梯子も。

梯子も。

梯子も。

岩もガシガシと。

岩もガシガシと。

岩もガシガシと。

神々しい阿弥陀様のシルエット。

神々しい阿弥陀様のシルエット。

神々しい阿弥陀様のシルエット。

歩くのは疲れたがガシガシは別腹。

歩くのは疲れたがガシガシは別腹。

歩くのは疲れたがガシガシは別腹。

山頂を目前に。
岩の隙間に咲く花に癒される。

山頂を目前に。 岩の隙間に咲く花に癒される。

山頂を目前に。 岩の隙間に咲く花に癒される。

ラスボスに相応しい岩具合。
この急斜面、雪の阿弥陀の下り、よく降りれたなぁ。

ラスボスに相応しい岩具合。 この急斜面、雪の阿弥陀の下り、よく降りれたなぁ。

ラスボスに相応しい岩具合。 この急斜面、雪の阿弥陀の下り、よく降りれたなぁ。

着いた〜。
山頂では阿弥陀様がいつも待っていてくれる。

着いた〜。 山頂では阿弥陀様がいつも待っていてくれる。

着いた〜。 山頂では阿弥陀様がいつも待っていてくれる。

今年の二月。
顔の辺りまで埋まっていた阿弥陀様。
ここまでの無事に感謝の合掌。

今年の二月。 顔の辺りまで埋まっていた阿弥陀様。 ここまでの無事に感謝の合掌。

今年の二月。 顔の辺りまで埋まっていた阿弥陀様。 ここまでの無事に感謝の合掌。

ラスボスを登り切ったところで。。

ラスボスを登り切ったところで。。

ラスボスを登り切ったところで。。

今日の歩いてきた稜線を振り返る。
右の西岳から左のギボシへ。

今日の歩いてきた稜線を振り返る。 右の西岳から左のギボシへ。

今日の歩いてきた稜線を振り返る。 右の西岳から左のギボシへ。

ギボシ、権現から旭、キレット。。

ギボシ、権現から旭、キレット。。

ギボシ、権現から旭、キレット。。

キレットから赤岳。

キレットから赤岳。

キレットから赤岳。

赤岳から中岳を経て今ここ。
阿弥陀岳。

赤岳から中岳を経て今ここ。 阿弥陀岳。

赤岳から中岳を経て今ここ。 阿弥陀岳。

帰りは御小屋尾根で駐車場まで。。
あの真ん中、二つの尾根の始まり辺りかなぁ。
遠いなぁ。

帰りは御小屋尾根で駐車場まで。。 あの真ん中、二つの尾根の始まり辺りかなぁ。 遠いなぁ。

帰りは御小屋尾根で駐車場まで。。 あの真ん中、二つの尾根の始まり辺りかなぁ。 遠いなぁ。

時間は推してるが
少し休憩していると。

時間は推してるが 少し休憩していると。

時間は推してるが 少し休憩していると。

最後にガスが晴れ再び富士山見えた。
もう明るいうちに帰れそうもないのでヘッデン装備して。
さあ帰ろうか。

最後にガスが晴れ再び富士山見えた。 もう明るいうちに帰れそうもないのでヘッデン装備して。 さあ帰ろうか。

最後にガスが晴れ再び富士山見えた。 もう明るいうちに帰れそうもないのでヘッデン装備して。 さあ帰ろうか。

摩利支天辺りの岩場。
カックイイ。

摩利支天辺りの岩場。 カックイイ。

摩利支天辺りの岩場。 カックイイ。

越えて振り返る。
さらば、阿弥陀様。

越えて振り返る。 さらば、阿弥陀様。

越えて振り返る。 さらば、阿弥陀様。

やっと御小屋山。
まだまだあるよ。

やっと御小屋山。 まだまだあるよ。

やっと御小屋山。 まだまだあるよ。

舟山十字路駐車場到着。
ヘロヘロになりながらも無事、
明るいうちにたどり着けた。
お疲れ様。

舟山十字路駐車場到着。 ヘロヘロになりながらも無事、 明るいうちにたどり着けた。 お疲れ様。

舟山十字路駐車場到着。 ヘロヘロになりながらも無事、 明るいうちにたどり着けた。 お疲れ様。

舟山十字路駐車場。 本日1番乗りだが希望出発時刻は4:00。 遅刻気味スタート。

先ず西岳を目指す。

素敵な水場。 阿弥陀聖水。 名前もありがたそうな。 逆周りなら最後に浴びれたなぁ。

その近くに生えてる。

涼しげな流れ。

軽く渡渉。

作業道の様な道が伸びる。

うっかり見過ごすルートの分岐。 一瞬通り過ぎて戻る。

森に朝の光が差し込む。

ゆるゆる登って行く道。

展望は無いが 八ヶ岳の苔は癒される。

先ずは西岳到着。 突然の大展望。 奥に見えるのが。。

次に目指すギボシ、権現。

正面には雲海から顔を出す富士山。 手前に編笠山。 稜線角度がほぼ一緒?に見える。

シーズン前の今時期に登りたい。。

南アルプスもドーン。

先日一夜を共にした仙丈ヶ岳。

イケメン甲斐駒。

北岳。

鳳凰三山。 オベリスク見えてるね〜。

石の上から背伸びして見える中央アルプス。

と御嶽山。 この時が遠くの景色を楽しむMAXだった。 この景色を見ながらゆっくり休憩。

この景色見ながらゆっくり休憩。 この後青年小屋へ降って行く。

その途中の水場。 置いてある柄杓で頭から浴びる。

そこから覗く西岳。

青年小屋到着。 石がゴロゴロ編笠山を見上げる。 今日は眺めるだけ。

少し樹林帯を登り尾根に出ると。 ここからがお待ち兼ね、岩の稜線の始まり。 前半戦のボス、権現岳を確認!

そして本日のラスボス、阿弥陀岳!

遠く北アルプスを望む。 北アの稜線は果てしねーなー。

権現の前に西ギボシ。 ザレガレと岩。 たまらん。

西ギボシの頭から次の東ギボシ、その先に権現岳。 何度来てもワクワクする山容。

振り返り。 青々とした西岳がだいぶ低く見える。 既に岩領域。

東ギボシへの岩道。 目指す権現が見える所がまた良き。

鎖もあるが気ままにガシガシ登れる岩場。

東ギボシの頭に到着。 眼下に青年小屋と編笠山が見える。 雲海の雲が上がってきたな。

そこから権現岳をロックオン。 かっけー。

今日の楽しみの一つ。 権現から赤岳間のキレット稜線、旭岳。

右に今日の大ボス赤岳。 左にラスボス阿弥陀岳。 それを繋ぐ中岳。 奥に横岳、硫黄岳。

権現小屋から権現岳山頂。 一気に行こう。

山頂手前から振り返りギボシ。

湧き上がる雲と権現岳。

この岩を登れば。

権現岳山頂の剣✨

剣と一緒に。

権現岳山頂付近から富士山。 この後ガスが上がってきてお隠れに。

祠に挨拶して戻る。

さあ!ついにキレットの始まり。

長い梯子で一気に下降。

ちとぐらつく。

旭岳。 登り返しが。。 岩は楽しいのに 疲労で登りの足はそろそろなくなる。

旭岳山頂。 赤岳まで3時間⁉︎ もう目の前にあるのに。

尾根は更に降り。

ツルネの山頂。 ここまでもっと細尾根が続くと思っていたが意外に普通の尾根道が続いている。

キレット小屋で一息。

ガスで妖しく煙る2本角。

赤岳の激登り返し。 壁を登る様に。

ガレと信用できない剥がれやすい岩。

それも含めて楽しい。

振り返り。 ガスで歩いた尾根は隠れ。

やっと真教寺尾根の分岐。

赤岳山頂まであと少し!

赤岳山頂着いた〜。

復活した山頂標と。

横岳、硫黄岳、天狗岳と北ヤツ蓼科山までズラリ。 最後の阿弥陀岳へ向かおうか。

岩道降り。 先に見えるは向かう中岳、阿弥陀岳。

横岳。 咲き始めたツクモグサを見に行くか迷ったんだよなぁ。

ゴツゴツ岩の塔の様な山に挟まれて 優しい山容の中岳。

中岳山頂。 その先に阿弥陀が控えてる。

行くぜ。 阿弥陀様。 最後の登り返しだー。

梯子も。

岩もガシガシと。

神々しい阿弥陀様のシルエット。

歩くのは疲れたがガシガシは別腹。

山頂を目前に。 岩の隙間に咲く花に癒される。

ラスボスに相応しい岩具合。 この急斜面、雪の阿弥陀の下り、よく降りれたなぁ。

着いた〜。 山頂では阿弥陀様がいつも待っていてくれる。

今年の二月。 顔の辺りまで埋まっていた阿弥陀様。 ここまでの無事に感謝の合掌。

ラスボスを登り切ったところで。。

今日の歩いてきた稜線を振り返る。 右の西岳から左のギボシへ。

ギボシ、権現から旭、キレット。。

キレットから赤岳。

赤岳から中岳を経て今ここ。 阿弥陀岳。

帰りは御小屋尾根で駐車場まで。。 あの真ん中、二つの尾根の始まり辺りかなぁ。 遠いなぁ。

時間は推してるが 少し休憩していると。

最後にガスが晴れ再び富士山見えた。 もう明るいうちに帰れそうもないのでヘッデン装備して。 さあ帰ろうか。

摩利支天辺りの岩場。 カックイイ。

越えて振り返る。 さらば、阿弥陀様。

やっと御小屋山。 まだまだあるよ。

舟山十字路駐車場到着。 ヘロヘロになりながらも無事、 明るいうちにたどり着けた。 お疲れ様。