5月の高尾山(6号路→1号路→天狗焼き)

2022.05.23(月) 日帰り

活動データ

タイム

03:35

距離

7.9km

上り

672m

下り

682m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 35
休憩時間
1 時間 9
距離
7.9 km
上り / 下り
672 / 682 m
14
1 2
6
4
12
5
5
11

活動詳細

すべて見る

さわやかな天気だったので、月一パトロール的に高尾へ。 6号路で、山頂を巻いて細田屋。 脊髄反射できのこ汁頼んじゃったけど、夏はお蕎麦とかところてんもいいなあ。 おにぎりは麓の蕎麦屋で買ったもの。 蕎麦屋のならびにおいなりさん(食べる方のね)もあって、それは朝ごはんとしていただきました。 帰りは3号路か4号路と思っていたけど、天狗焼きを食べたい衝動が強すぎて、最短距離の1号路へ。平日で人も少ないし、許す。 こないだ鎌倉でみんなと天狗焼きの話をしていて、それ以来ずーっと、食べたかったのです。 - 行きの6号路でのできごと。 登山道を歩いていたら、消防の服を着た人がたくさん行き来していて、なんだろうこんなとこまでバイデン関連の警備?と思っていたら、ものすごい音でヘリが飛んできた。 大山橋の手前あたりで「少し下がってください」って行く手を阻まれた。 E.T.のお迎えみたいに(イメージ)、森の中を強い風が吹いて枝や葉っぱがバサバサ落ちてきて、私たちには見えなかったけど、ヘリが降りてきたのがわかった。 そして15分くらいして、去っていった。 ああ無事にE.T.はおうちに帰っていったんだなと思った。 「今のうちに通ってください」 と消防の人に言われて通ると、途中担架に乗せられて横たわっている人がいた。 「痛いのは腰だけですか?」 など聞かれていたので、E.T.とさよならしたエリオットではなく、怪我人だとわかった。たくさんの消防の人に囲まれていた。 私たちが通り過ぎると、またヘリが近づいてきた音がした。そして、わたしが何チームもの遠足行列とすれ違って沢の中ほどにたどり着くまでずっと、ヘリの音がしていた。 詳しいことは全くわからないけど、2人連れで2人とも怪我をしてしまったとかかな? だとしたら、とても物々しい救助作業だった。 「いつもの6号路」だけど、油断は禁物!明日は我が身!と思いました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。