ほろ苦裏切りサイダーの味2022-05-21

2022.05.21(土) 日帰り

活動データ

タイム

02:10

距離

8.6km

上り

283m

下り

266m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 10
休憩時間
22
距離
8.6 km
上り / 下り
283 / 266 m
1 20
48

活動詳細

すべて見る

母と関ヶ原へ行きました。 楽しすぎました。。。山に入って 武将の陣めぐり 義を貫く武将達 友情のために戦った大谷義継 書きたい事は山のようにありますので 写真を見ながら……ゆっくりと日記を書きました。 歴史色強めですので、苦手な方はスルーして下さい💦 関ヶ原古戦場記念館、迫力があって楽しかったです。入館料500円!安! 義を重んじる石田三成 しっかりとした考えを持っているので、頭が堅いとか言われてるかもしれませんが、戦いが始まる前に、関ヶ原の住民に避難するようにおふれを出したり、太閤検地の際には、役人が農民に偉そうな態度をしてはいけないとか、平等になるように検知側の約束を決めたりしました。 佐和山統治の時代には農民が三成に直談判できるようにしていた為、民に慕われておりました。 それに関ヶ原では 命をかけて一緒に戦ってくれる友人がいました… 三成自身、やはり優しい方だったと思います。 戦いは得意ではありませんでしたが、 戦国武将で誰がすき?と聞かれたら… 石田三成!とこたえます 媚びることのない三成語録がとてもおもしろい。 関ヶ原、古戦場めぐり 楽しい一日となりました。

松尾山・城山 ココ、500円で面白すぎました
ココ、500円で面白すぎました
松尾山・城山 大好き❣️大一大万大吉❣️
一人はみんなの為に、みんなは一人の為に

こんな素敵な旗印なら、ワタシなら誰かの為に頑張ろう!って思いますね
大好き❣️大一大万大吉❣️ 一人はみんなの為に、みんなは一人の為に こんな素敵な旗印なら、ワタシなら誰かの為に頑張ろう!って思いますね
松尾山・城山 旗印って意味があったり、デザイン的にもとても面白い、この時代にセンスあるデザイン✨✨
旗印って意味があったり、デザイン的にもとても面白い、この時代にセンスあるデザイン✨✨
松尾山・城山 義深く、優しく、頭の良い三成が好きなので、今回は西軍の陣地ばかり巡りました
義深く、優しく、頭の良い三成が好きなので、今回は西軍の陣地ばかり巡りました
松尾山・城山 決戦地と、三成の陣
島左近が守るように前で構えます
決戦地と、三成の陣 島左近が守るように前で構えます
松尾山・城山 陣跡回る前に、レストランで腹ごしらえ、、
ここのカレー美味しかったです!
陣跡回る前に、レストランで腹ごしらえ、、 ここのカレー美味しかったです!
松尾山・城山 西軍海老フライ✨カレー
エビもプリプリ✨
西軍海老フライ✨カレー エビもプリプリ✨
松尾山・城山 東軍カツカレー勝ったからカツは東軍なのかな?
でも海老フライカレーの旗たててしまいました。

東軍好きな方いらっしゃったらごめんなさい
徳川の旗印も撮らない私💦
東軍カツカレー勝ったからカツは東軍なのかな? でも海老フライカレーの旗たててしまいました。 東軍好きな方いらっしゃったらごめんなさい 徳川の旗印も撮らない私💦
松尾山・城山 関ヶ原の古戦場跡へ
関ヶ原の古戦場跡へ
松尾山・城山 コレを見る限りでも…
義を貫いた武将達に心打たれます。
コレを見る限りでも… 義を貫いた武将達に心打たれます。
松尾山・城山 島左近の陣、馬が入れない砦になっています!
島左近の陣、馬が入れない砦になっています!
松尾山・城山 三成に過ぎたるものと称される島左近

戦いに長けていて、三成の陣のふもとに構えます。
旗が反対むいちゃった💦
三成に過ぎたるものと称される島左近 戦いに長けていて、三成の陣のふもとに構えます。 旗が反対むいちゃった💦
松尾山・城山 イキナリここへ来られた方にもわかるように
関ヶ原の説明が
イキナリここへ来られた方にもわかるように 関ヶ原の説明が
松尾山・城山 島左近
島左近
松尾山・城山 実際に戦っていたのが石田、宇喜多、小西、大谷だけとは……
三成は何度も戦いの合図しますが…

動けずなのか、動かずなのか、裏切りの武将達は山の上から戦況をどう見ていたのかなぁ
実際に戦っていたのが石田、宇喜多、小西、大谷だけとは…… 三成は何度も戦いの合図しますが… 動けずなのか、動かずなのか、裏切りの武将達は山の上から戦況をどう見ていたのかなぁ
松尾山・城山 島左近も敵の射撃に倒れてしまいます
島左近も敵の射撃に倒れてしまいます
松尾山・城山 秀吉が生きていた頃の事ですが、、
三成に四万石の禄を与えた時に三成に
兵は何人もっておる?と聞きます

三成は「ひとりですよ」

秀吉も驚いて、誰を家来にしたのか尋ねます
島左近です
島左近は実力のある猛将だったので、いくらで家来にしたのか?と尋ねると
「頂いた四万石の半分のニ万石でございます」

主臣が同じ禄高とは聞いたことがないぞと笑ってしまいます  ホントに🤣欲がないとゆうか…
三成おもしろいですよね…
秀吉が生きていた頃の事ですが、、 三成に四万石の禄を与えた時に三成に 兵は何人もっておる?と聞きます 三成は「ひとりですよ」 秀吉も驚いて、誰を家来にしたのか尋ねます 島左近です 島左近は実力のある猛将だったので、いくらで家来にしたのか?と尋ねると 「頂いた四万石の半分のニ万石でございます」 主臣が同じ禄高とは聞いたことがないぞと笑ってしまいます  ホントに🤣欲がないとゆうか… 三成おもしろいですよね…
松尾山・城山 山に入ります
山に入ります
松尾山・城山 少し登ります
少し登ります
松尾山・城山 三成の陣まで登りました
三成の陣まで登りました
松尾山・城山 青い爽やかな紅葉が綺麗な場所でした
青い爽やかな紅葉が綺麗な場所でした
松尾山・城山 ここから関ヶ原が見渡せます
ここから関ヶ原が見渡せます
松尾山・城山 前の山が家康の陣があるお山かなぁ
家康は、最終的には、関ヶ原古戦記念館の上にある公園のあたりに陣を構えたそうです
近くまで来ていたんですね
前の山が家康の陣があるお山かなぁ 家康は、最終的には、関ヶ原古戦記念館の上にある公園のあたりに陣を構えたそうです 近くまで来ていたんですね
松尾山・城山 笠尾山のあざみ
笠尾山のあざみ
松尾山・城山 下りてきて、もう一度島左近の陣を
下りてきて、もう一度島左近の陣を
松尾山・城山 自転車でしばらく走っていると、関ヶ原の戦いで、全くの動かずだった島津義弘の陣跡

戦いを静かに傍観して…
島津は島津のやり方で戦う!と
動かず………
最後は
敵に背は見せぬ!と敵に向かって敗走〜〜

ワタシ…一番わかりません
自転車でしばらく走っていると、関ヶ原の戦いで、全くの動かずだった島津義弘の陣跡 戦いを静かに傍観して… 島津は島津のやり方で戦う!と 動かず……… 最後は 敵に背は見せぬ!と敵に向かって敗走〜〜 ワタシ…一番わかりません
松尾山・城山 動かず
動かず
松尾山・城山 動かず
動かず
松尾山・城山 ここで動かず
ここで動かず
松尾山・城山 次は小西さん
次は小西さん
松尾山・城山 宇喜多さんもこの近くかな😊
宇喜多さんもこの近くかな😊
松尾山・城山 小西行長が戦った場所
小西行長が戦った場所
松尾山・城山 キリシタンの小西行長
文治派です
豊臣政権の中、武闘派の加藤清正とは朝鮮での悪行を小西行長が秀吉に告げ口をした事で対立する事になります。
キリシタンの小西行長 文治派です 豊臣政権の中、武闘派の加藤清正とは朝鮮での悪行を小西行長が秀吉に告げ口をした事で対立する事になります。
松尾山・城山 小西行長の旗印
小西行長の旗印
松尾山・城山 徳川の軍が全て見渡せます
徳川の軍が全て見渡せます
松尾山・城山 昔はどんな景色だったのかなぁ
昔はどんな景色だったのかなぁ
松尾山・城山 宇喜多秀家の兜!の旗印
宇喜多秀家の兜!の旗印
松尾山・城山 森の林を抜けて、宇喜多秀家の陣跡へ
森の林を抜けて、宇喜多秀家の陣跡へ
松尾山・城山 西軍で一番多い兵で敵と戦った宇喜多秀家
西軍で一番多い兵で敵と戦った宇喜多秀家
松尾山・城山 ここも静かな場所でした
ここも静かな場所でした
松尾山・城山 大きな木が守っていました
大きな木が守っていました
松尾山・城山 宇喜多秀家の陣跡

宇喜多秀家は関ヶ原の合戦後は
八丈島に島流しにされています
宇喜多秀家の陣跡 宇喜多秀家は関ヶ原の合戦後は 八丈島に島流しにされています
松尾山・城山 八丈島へ島流しになった宇喜多さんは、後に大名に戻れるチャンスも与えられましたが、徳川に寝返ることはなく、豊臣家への義に反すると断っています。
今でも子孫の方々が八丈島にいらっしゃるそうですよ😊
八丈島へ島流しになった宇喜多さんは、後に大名に戻れるチャンスも与えられましたが、徳川に寝返ることはなく、豊臣家への義に反すると断っています。 今でも子孫の方々が八丈島にいらっしゃるそうですよ😊
松尾山・城山 自転車と林
自転車と林
松尾山・城山 ここの雰囲気、戦った兵達がまだ守っているような
ここの雰囲気、戦った兵達がまだ守っているような
松尾山・城山 新芽が光っています
新芽が光っています
松尾山・城山 しばらく走ると…次は大谷刑部!
自販機にも💕
しばらく走ると…次は大谷刑部! 自販機にも💕
松尾山・城山 大谷吉継は、最初、徳川側についていました
大谷吉継は、最初、徳川側についていました
松尾山・城山 三成から徳川を討つと聞かされ、、、
三成から徳川を討つと聞かされ、、、
松尾山・城山 徳川を討つなどと無謀だと
説得します
徳川を討つなどと無謀だと 説得します
松尾山・城山 麓は電車が走っています
この電車が向かっているのは関ヶ原駅😊
麓は電車が走っています この電車が向かっているのは関ヶ原駅😊
松尾山・城山 大谷吉継は説得しますが、三成の意志は強く、吉継は友の為、西軍につくことになります。
大谷吉継は説得しますが、三成の意志は強く、吉継は友の為、西軍につくことになります。
松尾山・城山 ハンセン病だった大谷吉継
病を抱えながらも戦いの指揮をとります
ハンセン病だった大谷吉継 病を抱えながらも戦いの指揮をとります
松尾山・城山 陣は山の中
陣は山の中
松尾山・城山 緑が綺麗
緑が綺麗
松尾山・城山 吉継と三成は有名なエピソードがあります
吉継と三成は有名なエピソードがあります
松尾山・城山 ある茶会で、皆で回し飲みをしていた時、病気の大谷吉継の番になった時に…
顔の膿が茶碗に落ちたとか…
誰もが気味悪がって吉継から茶碗を受け取ろうとしなかったそうです
助け船を出したのが三成でした
ある茶会で、皆で回し飲みをしていた時、病気の大谷吉継の番になった時に… 顔の膿が茶碗に落ちたとか… 誰もが気味悪がって吉継から茶碗を受け取ろうとしなかったそうです 助け船を出したのが三成でした
松尾山・城山 喉が渇いた!早く茶を回してくれ!と吉継から茶碗を受けてると飲み干してしまいました。

写真は山を頑張って登る母です✨がんばれがんばれ
喉が渇いた!早く茶を回してくれ!と吉継から茶碗を受けてると飲み干してしまいました。 写真は山を頑張って登る母です✨がんばれがんばれ
松尾山・城山 このお茶会の出来事で、三成の優しさと気遣いに…この男についてゆくと決心したとされています。
このお茶会の出来事で、三成の優しさと気遣いに…この男についてゆくと決心したとされています。
松尾山・城山 ふぅ〜〜〜〜〜
一歩一歩山道を母は頑張って登りましたが
ふぅ〜〜〜〜〜 一歩一歩山道を母は頑張って登りましたが
松尾山・城山 ここまで登って限界が
ここまで登って限界が
松尾山・城山 お母さん、ちょっと大谷刑部さんに手をあわせてくるから少し、休憩してて
すぐに戻るから〜〜〜〜〜〜
お母さん、ちょっと大谷刑部さんに手をあわせてくるから少し、休憩してて すぐに戻るから〜〜〜〜〜〜
松尾山・城山 山道を少し登ったり、下りたりを350メートル
山道を少し登ったり、下りたりを350メートル
松尾山・城山 走り抜けます
走り抜けます
松尾山・城山 奥に見えてる
奥に見えてる
松尾山・城山 母が待ってるからすぐ戻らないと
母が待ってるからすぐ戻らないと
松尾山・城山 大谷吉継はハンセン病を患っていたので、顔を頭巾で隠しておりました。自刃の際、部下に顔を敵に晒すなと命じます
大谷吉継はハンセン病を患っていたので、顔を頭巾で隠しておりました。自刃の際、部下に顔を敵に晒すなと命じます
松尾山・城山 部下は大谷吉継の首を持って逃げますが捕まってしまいます
部下は大谷吉継の首を持って逃げますが捕まってしまいます
松尾山・城山 捕まった部下は敵に吉継さまの顔は隠してくれと頼んで自分の首を差し出します。

なので、お墓はありますが、吉継の首は見つからないままだそうです。
捕まった部下は敵に吉継さまの顔は隠してくれと頼んで自分の首を差し出します。 なので、お墓はありますが、吉継の首は見つからないままだそうです。
松尾山・城山 往復で700メートルダッシュしたので汗だくの顔を入れて撮らせていただきました
往復で700メートルダッシュしたので汗だくの顔を入れて撮らせていただきました
松尾山・城山 奥の山のちょうど真ん中に黄色い旗が立っていました。小早川秀秋の陣です
あそこで、関ヶ原での戦いを動かずで傍観したあと……正午になって寝返って、大谷軍と戦うのです。
奥の山のちょうど真ん中に黄色い旗が立っていました。小早川秀秋の陣です あそこで、関ヶ原での戦いを動かずで傍観したあと……正午になって寝返って、大谷軍と戦うのです。
松尾山・城山 大谷吉継の家臣
平塚為広の陣
大谷吉継の家臣 平塚為広の陣
松尾山・城山 変わった旗印
変わった旗印
松尾山・城山 病気の吉継の代わりに指揮をとられていたのですね
病気の吉継の代わりに指揮をとられていたのですね
松尾山・城山 さて、小早川の陣は山の上なので、母と一緒なのでこれ以上進めず
小早川の陣は諦め
戻ってユキマス

関ヶ原、川が流れていて自然豊かな場所でした
さて、小早川の陣は山の上なので、母と一緒なのでこれ以上進めず 小早川の陣は諦め 戻ってユキマス 関ヶ原、川が流れていて自然豊かな場所でした
松尾山・城山 立ち寄った関ヶ原ウォーランド
弟がおもしろいでと🤣いうので
立ち寄った関ヶ原ウォーランド 弟がおもしろいでと🤣いうので
松尾山・城山 おもしろいとは真逆の弟の皮肉だったみたいです。

ちょっと廃れていて、少し残念なウォーランドでした。
おもしろいとは真逆の弟の皮肉だったみたいです。 ちょっと廃れていて、少し残念なウォーランドでした。
松尾山・城山 裏切り大名の末路
小早川秀秋は19歳の若さでしたね
罪の意識か、2年後に発狂死されています
裏切り大名の末路 小早川秀秋は19歳の若さでしたね 罪の意識か、2年後に発狂死されています
松尾山・城山 捕まった三成を見物しに来た小早川秀秋に三成が言います。

お前が裏切るとは思えなかったのは私が馬鹿だった
しかし、道理を捨てて人を騙して裏切った事は武将として恥だ、後世に笑われてしまえ
捕まった三成を見物しに来た小早川秀秋に三成が言います。 お前が裏切るとは思えなかったのは私が馬鹿だった しかし、道理を捨てて人を騙して裏切った事は武将として恥だ、後世に笑われてしまえ
松尾山・城山 大志を持つ者は最期まで命を惜しむ

三成らしい最後の言葉でした。
大志を持つ者は最期まで命を惜しむ 三成らしい最後の言葉でした。
松尾山・城山 大一大万大吉のどら焼き💕
みんなのために買ったけど、一人で食べちゃう最低なwakameでした。
小早川秀秋の裏切りサイダーと一緒にペロリでした。

関ヶ原の旅でした。
大一大万大吉のどら焼き💕 みんなのために買ったけど、一人で食べちゃう最低なwakameでした。 小早川秀秋の裏切りサイダーと一緒にペロリでした。 関ヶ原の旅でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。