北アルプス、涸沢~北穂高岳 ピークハント

2022.05.03(火) 3 DAYS

5/3(火) 上高地バスターミナル(11:15)・・・明神(12:15)・・・ 横尾(14:00)・・・ 本谷橋(15:10)・・・涸沢ヒュッテ(17:30)。 涸沢テント場で幕営。 5/4(水) 涸沢発(07:30)・・・ 北穂高岳(11:30)・・・ 北穂小屋(12:00)・・・ 涸沢戻り (14:40)。涸沢テント場に泊まり。 5/5(木) 涸沢発(08:00)・・・ 本谷橋(09:00)・・・ 横尾(10:15)・・・ 徳沢 (11:20)、のんびり昼食後出発 ・・・ 小梨平キャンプ場(1345)、のんびり入浴(700円) ・・・ 上高地バスターミナルからバスで松本駅へ(14:40)。  GWの前半は天気も良かったので、穂高に登ってきた。天気図を見ても快晴。松本駅から松電、バスを乗り継ぎ、上高地バスターミナル。河童橋で吊り尾根が美しい。いつものように横尾までの長い林道を歩く。徳沢~横尾間は梓川の工事で、道が変わっていた。新村橋のかけ替えとか。いまの新村橋のフォルムは素晴らしいので、かなり残念だ。14時ギリギリに横尾に到着。涸沢への横尾大橋には長野県警の警察官が関所をつくっていた。ギリギリ間に合ったので通してもらう。もう少し遅れていたら追い返されていたいたのだろう。このあたりは残雪無し。  屏風岩を眺めつつ樹林帯を歩く、本谷橋で休憩。このあたりから雪が残っている。今年は雪が少ないのか、本谷橋付近は川が現れていた。その後、夏道に沿って道があり、高度を上げる。1時間ほどで穂高の岩峰、涸沢ヒュッテのある台地が見えてきた。感動。ここまで来ると心が躍る。雪山の世界になるが、トレースもしっかりあり、雪質も良い。アイゼン無しで歩いて行った。夏時間で涸沢ヒュッテに到着。  涸沢テント村は相変わらずたくさんのテントが張ってある。天気はやや悪い。稜線がガスで見えない。テントを設営し、晩ごはん。夜はこれまで経験したことない風だった。テントが潰されそうな風。3千mの稜線上かと思うくらい。やはり涸沢カールをなめてはならない。積雪もあり。ただ風は 25時頃に止み、テントを出て夜空を見上げると素晴らしい星空。やっぱり涸沢カールすごい。こんな星空はもう都会では見られない。  目が覚めると稜線上はガス。どうしようかと考えたが、まあ北穂高までは登ろうとのんびり出発。ただ登っている人は多い。北穂高までの下半分は雪質も安定して、アイゼン無し。途中から雪崩が多数発生。とても怖かった。気温が高いのと、昨夜の積雪のために表層雪崩が起きている。特に夏の北穂のテント場の台地を源に雪崩が発生。私の登っていた地点の2m前くらいで止まった。真面目に怖かった。下山しようかと迷ったが、様子見をしばらく見て、登ることを決断。上のほうも相当悪い。急傾斜の部分で転落している人が何人かいた。  騙し騙し登り、北穂高岳のピークへ。なんだかんだで夏時間で登れた。北穂のピークからは槍ヶ岳まで眺められた。「感動」のひとこと。やっぱり雪山は素晴らしい。北穂小屋で昼食を取り、さっさと下山。午後に気温が登ると雪崩が怖い。涸沢岳~穂高岳山荘~ザイテングラート経由で涸沢ヒュッテを計画していたが、この雪崩では怖すぎる。そのまま涸沢カールに戻ることにした。  頂上から少し下の急傾斜の部分は本当に悪い。ただ大人数のパーテイーが下りたあとだったので、しっかりとステップができていた。ていねいにアイゼンを効かせて下りる。あとはひたすら下山。トレースがきっちり付いているのでそれをなぞってていねいに下りる。その繰り返し。約2時間で涸沢テント場。ほっと一安心。  のんびり涸沢カールに屹立する岩峰を眺めながらウイスキー。本当に素晴らしい。涸沢カールへは30年くらい通っているが、何度来ても飽きない。夜は風も少なく、星空も満喫。降るような星空だった。  3日目は下山だけ。テントを片付けてのんびり下山。穂高神社の奥宮にも参拝。いつもは上高地インフォメーションセンターでシャワーだが、シャワーの営業を停止しているので、小梨平キャンプ場で湯につかる。最高だった。700円。  やはり穂高は最高。岩と雪の世界が素晴らしい。また夏にも涸沢カールでテントを張りたいものだ。

上高地インフォメーションセンターに到着して、準備、出発。

上高地インフォメーションセンターに到着して、準備、出発。

上高地インフォメーションセンターに到着して、準備、出発。

河童橋。吊り尾根が美しい。

河童橋。吊り尾根が美しい。

河童橋。吊り尾根が美しい。

明神通過。

明神通過。

明神通過。

横尾大橋通過。長野県警の警察官が関所をしていた。

横尾大橋通過。長野県警の警察官が関所をしていた。

横尾大橋通過。長野県警の警察官が関所をしていた。

屏風岩の偉容。素晴らしい。

屏風岩の偉容。素晴らしい。

屏風岩の偉容。素晴らしい。

本谷橋。雪が出てきた。

本谷橋。雪が出てきた。

本谷橋。雪が出てきた。

本谷橋を渡り、雪道を登りはじめる。

本谷橋を渡り、雪道を登りはじめる。

本谷橋を渡り、雪道を登りはじめる。

すっかり雪山。トレースはしっかりある。

すっかり雪山。トレースはしっかりある。

すっかり雪山。トレースはしっかりある。

岩峰が見えてきた。

岩峰が見えてきた。

岩峰が見えてきた。

涸沢カールの全容が見えてきた。涸沢ヒュッテのある台地も見えてきた。

涸沢カールの全容が見えてきた。涸沢ヒュッテのある台地も見えてきた。

涸沢カールの全容が見えてきた。涸沢ヒュッテのある台地も見えてきた。

涸沢到着。

涸沢到着。

涸沢到着。

涸沢テント場の到着。ほっと一息。

涸沢テント場の到着。ほっと一息。

涸沢テント場の到着。ほっと一息。

夕暮れの涸沢カール。素晴らしい。しかし、夜は猛烈な風に見舞われた。

夕暮れの涸沢カール。素晴らしい。しかし、夜は猛烈な風に見舞われた。

夕暮れの涸沢カール。素晴らしい。しかし、夜は猛烈な風に見舞われた。

一夜明けて涸沢テント場。いっぱいはってある。しかし天気が悪い。

一夜明けて涸沢テント場。いっぱいはってある。しかし天気が悪い。

一夜明けて涸沢テント場。いっぱいはってある。しかし天気が悪い。

稜線上はガスの中。どうしようか迷うが、取りあえず登ろう。

稜線上はガスの中。どうしようか迷うが、取りあえず登ろう。

稜線上はガスの中。どうしようか迷うが、取りあえず登ろう。

登りはじめると晴れてきた。正解だった。

登りはじめると晴れてきた。正解だった。

登りはじめると晴れてきた。正解だった。

今日も人が多い。

今日も人が多い。

今日も人が多い。

涸沢テント村が小さく見える。

涸沢テント村が小さく見える。

涸沢テント村が小さく見える。

前穂高の岩峰が勇気づけてくれる。

前穂高の岩峰が勇気づけてくれる。

前穂高の岩峰が勇気づけてくれる。

ひたすら登る。途中、雪崩多発。

ひたすら登る。途中、雪崩多発。

ひたすら登る。途中、雪崩多発。

雪崩のあと。怖い。2mくらい目の前で止まる。

雪崩のあと。怖い。2mくらい目の前で止まる。

雪崩のあと。怖い。2mくらい目の前で止まる。

ほぼ垂直に近い。

ほぼ垂直に近い。

ほぼ垂直に近い。

北穂高岳のピーク!

北穂高岳のピーク!

北穂高岳のピーク!

北穂高岳のピークから槍ヶ岳。もう絶景、言葉は必要ない。素晴らしい。

北穂高岳のピークから槍ヶ岳。もう絶景、言葉は必要ない。素晴らしい。

北穂高岳のピークから槍ヶ岳。もう絶景、言葉は必要ない。素晴らしい。

北穂小屋で昼食。雪崩が怖いので速やかに下山しよう。涸沢岳方面は断念する。

北穂小屋で昼食。雪崩が怖いので速やかに下山しよう。涸沢岳方面は断念する。

北穂小屋で昼食。雪崩が怖いので速やかに下山しよう。涸沢岳方面は断念する。

気温が上がり、足もとが悪くならないうちに下山。

気温が上がり、足もとが悪くならないうちに下山。

気温が上がり、足もとが悪くならないうちに下山。

この付近では行きも帰りも人が落ちていた。怖い。

この付近では行きも帰りも人が落ちていた。怖い。

この付近では行きも帰りも人が落ちていた。怖い。

難所は通過。あとは確実に下山。

難所は通過。あとは確実に下山。

難所は通過。あとは確実に下山。

涸沢テント村が近づいてきた。

涸沢テント村が近づいてきた。

涸沢テント村が近づいてきた。

涸沢テント村に戻ってきた。一安心。しかし、雪質が悪かった。

涸沢テント村に戻ってきた。一安心。しかし、雪質が悪かった。

涸沢テント村に戻ってきた。一安心。しかし、雪質が悪かった。

早めの晩ごはん。ラーメンに野菜ましまし。

早めの晩ごはん。ラーメンに野菜ましまし。

早めの晩ごはん。ラーメンに野菜ましまし。

涸沢カールで食べるラーメン、最高。

涸沢カールで食べるラーメン、最高。

涸沢カールで食べるラーメン、最高。

涸沢カールの夕暮れ、最高。

涸沢カールの夕暮れ、最高。

涸沢カールの夕暮れ、最高。

涸沢ヒュッテのテラスでウイスキー。何度見ていてもこの景色は飽きない。

涸沢ヒュッテのテラスでウイスキー。何度見ていてもこの景色は飽きない。

涸沢ヒュッテのテラスでウイスキー。何度見ていてもこの景色は飽きない。

こどもの日の涸沢カール。朝ごはんをのんびり食べて下山へ。

こどもの日の涸沢カール。朝ごはんをのんびり食べて下山へ。

こどもの日の涸沢カール。朝ごはんをのんびり食べて下山へ。

名残惜しいが、また来ます。さらば涸沢カール。

名残惜しいが、また来ます。さらば涸沢カール。

名残惜しいが、また来ます。さらば涸沢カール。

本谷橋へ下山。

本谷橋へ下山。

本谷橋へ下山。

本谷橋まで1時間。

本谷橋まで1時間。

本谷橋まで1時間。

横尾大橋まで下りてきた。これから先も長い。

横尾大橋まで下りてきた。これから先も長い。

横尾大橋まで下りてきた。これから先も長い。

徳沢園の芝生で山靴を脱いでのんびり昼食。

徳沢園の芝生で山靴を脱いでのんびり昼食。

徳沢園の芝生で山靴を脱いでのんびり昼食。

明神の穂高神社の奥宮に参拝。

明神の穂高神社の奥宮に参拝。

明神の穂高神社の奥宮に参拝。

上高地に到着。小梨平キャンプ場で湯につかる。お疲れ様。

上高地に到着。小梨平キャンプ場で湯につかる。お疲れ様。

上高地に到着。小梨平キャンプ場で湯につかる。お疲れ様。

河童橋から。さらば穂高。また夏に来ます。

河童橋から。さらば穂高。また夏に来ます。

河童橋から。さらば穂高。また夏に来ます。

新島々で松本電鉄に乗り換え。

新島々で松本電鉄に乗り換え。

新島々で松本電鉄に乗り換え。

松本駅に到着。お疲れ様でした。無事下山。

松本駅に到着。お疲れ様でした。無事下山。

松本駅に到着。お疲れ様でした。無事下山。

上高地インフォメーションセンターに到着して、準備、出発。

河童橋。吊り尾根が美しい。

明神通過。

横尾大橋通過。長野県警の警察官が関所をしていた。

屏風岩の偉容。素晴らしい。

本谷橋。雪が出てきた。

本谷橋を渡り、雪道を登りはじめる。

すっかり雪山。トレースはしっかりある。

岩峰が見えてきた。

涸沢カールの全容が見えてきた。涸沢ヒュッテのある台地も見えてきた。

涸沢到着。

涸沢テント場の到着。ほっと一息。

夕暮れの涸沢カール。素晴らしい。しかし、夜は猛烈な風に見舞われた。

一夜明けて涸沢テント場。いっぱいはってある。しかし天気が悪い。

稜線上はガスの中。どうしようか迷うが、取りあえず登ろう。

登りはじめると晴れてきた。正解だった。

今日も人が多い。

涸沢テント村が小さく見える。

前穂高の岩峰が勇気づけてくれる。

ひたすら登る。途中、雪崩多発。

雪崩のあと。怖い。2mくらい目の前で止まる。

ほぼ垂直に近い。

北穂高岳のピーク!

北穂高岳のピークから槍ヶ岳。もう絶景、言葉は必要ない。素晴らしい。

北穂小屋で昼食。雪崩が怖いので速やかに下山しよう。涸沢岳方面は断念する。

気温が上がり、足もとが悪くならないうちに下山。

この付近では行きも帰りも人が落ちていた。怖い。

難所は通過。あとは確実に下山。

涸沢テント村が近づいてきた。

涸沢テント村に戻ってきた。一安心。しかし、雪質が悪かった。

早めの晩ごはん。ラーメンに野菜ましまし。

涸沢カールで食べるラーメン、最高。

涸沢カールの夕暮れ、最高。

涸沢ヒュッテのテラスでウイスキー。何度見ていてもこの景色は飽きない。

こどもの日の涸沢カール。朝ごはんをのんびり食べて下山へ。

名残惜しいが、また来ます。さらば涸沢カール。

本谷橋へ下山。

本谷橋まで1時間。

横尾大橋まで下りてきた。これから先も長い。

徳沢園の芝生で山靴を脱いでのんびり昼食。

明神の穂高神社の奥宮に参拝。

上高地に到着。小梨平キャンプ場で湯につかる。お疲れ様。

河童橋から。さらば穂高。また夏に来ます。

新島々で松本電鉄に乗り換え。

松本駅に到着。お疲れ様でした。無事下山。